寂しさを乗り越える方法 ドラマ【シェフは名探偵】5話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ
©「シェフは名探偵」製作委員会

寂しさを乗り越える方法 ドラマ【シェフは名探偵】5話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ『シェフは名探偵』5話を観ました!

ゲストの話はいい話。金子さんに胸を痛めました

では、ドラマ『シェフは名探偵』第5話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『シェフは名探偵』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ『シェフは名探偵』5話 あらすじ

ドラマ『シェフは名探偵』
第5話

仕事前か仕事終わりか、金子ゆき(石井杏奈)と三舟(西島秀俊)が訳ありふうに向かい合って座ります。「お店を辞めさせてほしい」という金子。困った様子を隠し切れないまま「なんで?」と聞く三舟。金子は恋人が福岡に転勤することになり一緒についていきたいのだと打ち明けました。そういうことなら仕方ないと金子の辞職を承諾する三舟。

1週間後、何も知らされないまま金子が店を去ったことや三舟が金子を止めなかったことで憤慨する高築(濱田岳)。高築は、三舟にとって従業員は簡単に雇ったり辞めさせたりできる存在なのだと勘違いするのでした。

金子を欠いた『パ・マル』は三舟と志村(神尾佑)と高築だけで切り盛りし全員ヘトヘトになっていくのでした…。そんな様子を見かねて手を挙げたのはオーナーの小倉(佐藤寛太)が手伝うことに…。しかし、小倉も張り切ってやってくれるのはいいが接客をやったことが無いのかミスがおおく高築の仕事が増え余計に疲労困憊に…

そんな中、元常連の館野(占部房子)が来店します。久しぶりの来店に喜ぶ三舟と志村に再婚するという舘野、今度は息子の誕生日にくると言います。
また2日連続で来店した脇田(利重剛)は妻の由美子(洞口依子)が家出して落ち込んでいました。
困窮した店の中でも三舟は二組の客の問題の謎を解き明かしていきます…。

ドラマ シェフは名探偵 5話 キャストと感想

ドラマ シェフは名探偵 5話 キャストごとの感想

三舟忍:西島秀俊

ちょっと観察力に優れている…いや、ちょっとじゃないか。かなり優れているのですが、スーパーマンってわけじゃないんですよね。金子がいなくなって3人でへとへとになっているときの三舟さん可愛かったです。

高築智行:濱田岳

高築くんちょっと、落ち着きましょう。性格もあるのかもですが早とちりして損するタイプ?オーナーに対してちゃんと先輩として教育しようとするのもやりにくそうだけどいい。

志村洋二:神尾佑

金子がいなくなった分、高築と一緒に接客もやってくれるんですね。いい人だ。でも同じくへとへと。

金子ゆき:石井杏奈

今回は辛かったですね。やっぱりあなたがいなきゃ「パ・マル」は寂しいよ。

小倉大輔:佐藤寛太

オーナー!経営と現場の接客はやっぱり違いますな~!でも、先に返っちゃわなければもっと早く仕事覚えられるんだけどね。

脇田:利重剛

わ!もう、なんか人事じゃなかったですよ。男ってこげんありますと。いや開き直らんですよ。もちろん反省しちょります!

脇田由美子:洞口依子

うちの奥さんもああやって許しちゃくれんもんですかねぇ…

ドラマ シェフは名探偵 5話 感想

シェフは名探偵 5話の感想① 演技が絶妙

本質的な部分とコメディ部分のバランスが大好きです。

木村組(木村ひさし監督が中心となっているチーム)は作品に合わせてそのバランスも変えられているのもいいですよね。(この第5話は向井澄さんの初監督作品だそうです)
一つの作品の中でのしっかりとシリアスに視聴者に感じさせたい時にはそういう演出ができる。当然役者さんたちもその演出に応えられる。

今回は、まずオープニングの三舟と金子の2人のシーンです。思いつめた金子の「辞めさせてください」に大げさでなく微妙に困った顔をする三舟の反応があって視聴者もグッときてしまう。
金子がいなくなって店を切り盛りしていた3人の疲れ果てた表情も良かったですね~。

シェフは名探偵 5話の感想② 高築さん、それは寂しさだね

この前は三舟シェフには誇りがないのか?って怒っていた高築くん。今回は「また三舟シェフのことがわからなくなった…」なんて言い出しました。金子さんを簡単にやめさせたと思っちゃったんですね。自分を雇ったのもそんな簡単な感覚だったのかな?なんて思ってショックを受けています。
わたしたちは冒頭の三舟シェフの表情から決してそんなことはないとわかるのですが高築はまったく聞かされてなくていきなり金子がいなくなったりもしてますからWの悲劇です。

でも…こんな分析をされるのは余計なお世話かもですが…

その憤慨は第2感情で第1感情は「寂しい」ですよね。金子がいなくなって寂しい…。自分が辞めると言ったら引き止められずもせず簡単にやめれちゃうんだろうなと思うと寂しい…。別に特別必要な存在というわけじゃないんだ…と思って寂しい。

第1感情を客観的に気づけたら今度は、さらに客観的に観て、「そもそも寂しいって感じてしまうのは大事にされていないって解釈しているからだよな…でもそれってオレの思い込みかもしれないよな」とどんどん冷静に考えられるようになります。

動じない、簡単に試みだされない大人になる人って、期待をしないとか感情がないということではなくそういうふうに自分を落ち着けるすべをしっているってことなんですよね。

シェフは名探偵 5話の感想③ 秘密の共有と秘密が無くなるとき

なんだっけ?

秘密を共有することで距離が近くなって、秘密がなくなったときに本当の家族になれる…

でしたっけ?

今回もいいエピソードでしたね。とは言え、家族にだって言えない秘密のひとつやふたつ誰にでもある。だから秘密があることに無用な罪悪感を持つ必要もないと思いますけどね。どうどうと秘密を持ってどうどうと愛せばいい。

ドラマ シェフは名探偵 5話 みんなの感想

では、ドラマ『シェフは名探偵』第5話への他のみんなの感想をTwitterの反応から観てみましょう♪

※ラストに関する完全ネタバレがあります!

ドラマ シェフは名探偵 5話 感想まとめ

6話くらいで最終回しちゃうのかな?って勝手に思っていましたがどうやら次週もまだ最終回ではない様子!たぶん!新たな予想は全8話!根拠はありません!
しいて言うなら公式ホームページのあらすじのページの下のほうの各話の並びが4話ずつの2列になるんじゃなかろうか?というところから希望を持ちたいから。
今回のお話もステキなエピソードでしたもん。
もっと観たいもん。シリーズ化して欲しいもん!映画化されたら観に行くもん!

 

全ての物語のために

ドラマ『シェフは名探偵』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました