映画 Fukushima 50 ネタバレ感想 全世代に観て欲しい映画

映画
引用元:https://www.fukushima50.jp/

映画 Fukushima 50 考察 感想
全世代に観て欲しい映画

チラシ

 

話題の最新映画「Fukushima50フクシマフィフティ」5月6まではU-NEXTでWEB公開中>>

 

忘れちゃいけない事、知っておかなきゃいけないこと。

たぶんそのホンの断片なんだと思います。

その場に居たわけじゃないので、全てを知ることは当然できません。

でも、この映画の内容は知ることができて良かったです。

 

映画「Fukushima 50(フクシマフィフティー)」

を観てきました。

 

この記事は、映画「Fukushima 50(フクシマフィフティー)」のあらすじや感想、見どころを紹介します。ストーリーセラピーは大人たちの役割、若者たちの役割についての考察を感想と一緒に書いています。

あなたが映画「Fukushima 50(フクシマフィフティー)」に興味を観たくなってくれたら嬉しいです。

 

ネタバレしている部分もありますが文章によるネタバレで作品のインパクトが薄れることはないと思います。

 

話題の最新映画「Fukushima50フクシマフィフティ」5月6まではU-NEXTでWEB公開中>>
※U-NEXTでは31日間無料キャンペーン中です。
映画「Fukushima50 フクシマフィフティ」は、1900円でオンライン公開中です。
31日間無料キャンペーンで申し込むと600円分のポイントがも貰えるのでお得に観れます。
その他、観放題作品も充実し過ぎていてマヒする快適さですよ。
簡単でお得なのでぜひ試してみてください♪

※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

映画 Fukushima 50 ネタバレあらすじ

 

映画「Fukushima 50(フクシマフィフティー)」

 

マグニチュード9.0。

最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲います。

 

浸水により全電源を喪失したイチエフ。

 

原子炉を冷やす術を失います。

 

原子炉はどんどん高温化していき、このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらすことになる…。

 

1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走します。

 

全体の指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらねぎらいます。

 

同時に状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示は現場に混乱をもたらしたり作業をストップさせたり…

 

そんな本店や官邸の怒りをあらわにする吉田。

 

現場の奮闘むなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされていきます。

 

官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。

 

それは東日本の壊滅を意味していました。

 

残された方法は“ベント”。

 

いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業です。

 

外部と遮断され何の情報もない中、ついに始まる作戦。

 

皆、家族がどうなっているのか?心配な中、決死隊となり放射能の中に突入していきます…

 

映画 Fukushima 50 見どころ

 

3.11から数日。

 

わたしは家族と、そして仕事中は職場の同僚たちとテレビに釘付けでした。

当時まだ小学1年生だった息子は「夢に出そう…」とつぶやきました。

 

あのテレビで何度も観た福島原発の映像。

 

あの中で起きていたことを描いている映画です。

 

映画 Fukushima 50 見どころ① 恐怖

 

「見どころ」なんて書いていいのかすら迷いました。

まるでエンターテインメントを楽しんだような感想は不謹慎だと思うから。

 

「楽しい」「面白い」なんて表現しちゃっていい出来事ではありません。

 

でも、

見応えがあるかないか?…という問題は

この題材の場合は、恐怖や苦渋の思いが観客にちゃんと伝わるかどうか?

…を意味することに、必然的になるはずです。

 

だから、ならなおさら見応えというのは説得力として、重要なポイントだと思います。

 

…で、その見応え…

 

冒頭の震災から津波のシーン、そして原発の爆発や放射能のなかに突入していく人たちの演技全てにおいてありました。

 

恐怖としてそこにありました。

エンターテインメントの見応えや恐怖とは違う怖さ。

 

そここそがこの映画の見どころ、感じどころのスタートだろうと思い、いつものように「見どころ」として紹介したいと思います。

 

本当に怖かったです。

 

劇場で鑑賞した翌日にネットで出演者たちのインタビューを観ました。

 

試写会は福島から始めたそうですね。

出演者の方々も、福島の方の反応がどうなるのか?

そこが1番気になっていたようです。

 

実際、冒頭から震えたり涙が出たりしたのだそうです。

 

福島のアナウンサーの方は当時高校生で、映画を見始めてすぐに震えが来て、観るのをやめようと思われたそうです。

それでもちゃんと観なきゃと思い最後まで観たのだとか…

 

つまり、あのときあの場にいた人たちもリアルに思い出してしまう説得力がある。

その上で観てよかったと思える強いモノがちゃんと込められている。

 

と言うことなのでしょう。

 

本物の恐怖ってこんなもんじゃないでしょう。

映画館で映画を見てわかった気になんて到底なれるものではありません。

 

それでも、爆発が起こるたびにビクビクしたし、現場で戦っている人たちの思いを考えて何度も涙が出ました。

 

あれから9年、改めて知って置くべきことをちゃんと描いてくれた作品だと思います。

 

映画 Fukushima 50 見どころ② 脚本:前川洋一

 

この作品のチラシを劇場で観たときからコレは絶対に劇場で観ると決めていました。

 

これは絶対に「見応え」のある胸に迫る映画になっているはず。

 

と確信に近い期待がありました。

 

その確信の根拠になったのがスタッフやキャスト。

 

その礎のひとりが…

 

脚本の前川洋一さんです。

 

今も「麒麟がくる」に参加されているようですが「軍師官兵衛」は作・前川洋一とクレジットされるほど1人で脚本を担当されていました。

 

最近もWOWOWの連続ドラマWで「頭取 野崎修平」が放送されていましたね。

 

わたしが前川洋一さんが脚本で携わった作品を初めて意識したのはWOWOWの「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」を観たときです。

どちらも原作の池井戸潤さんの小説ありきなのは当然です。

 

それで脚本というのは重要なポジションです。

映像作品として観客にうったえるための設計図ですからね。

 

その後、高村薫さん原作の「マークスの山」「レディ・ジョーカー」というシリーズ作品も観て確信に変わりました。

 

この人が書くと見応えのある骨太のドラマになる…と。

 

わたしは「軍師官兵衛」で初めて戦国時代の歴史が頭にはいってきたりもしました。

後半は、毎回ドキドキしていましたね。

 

だからこの人の名前があったら、そりゃあもう信頼感が一気に増すわけです。

 

「見応えの人」なんです。

 

※前川洋一さん脚本作品を動画無料配信で観る方法

U-NEXTでは前川洋一さんの代表作が無料見放題で見れます。
わたしのイチバンのおススメは、仲村トオルさん主演の「空飛ぶタイヤ」
「前川洋一」で検索するといろいろ出てきます。

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年3月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

映画 Fukushima 50 見どころ③ 監督:若松節朗

 

脚本という設計図は映画の骨組みですからもちろん超重要。

 

でも、それをどう映像に焼き付け、どう映像作品としてまとめ上げていくのか?

 

というのはやっぱり監督にかかっているわけですよね。

 

前川洋一さんの脚本の骨太感をちゃんと表現できる監督さんでなきゃ。

と当然チラシの中でもわたしは目が行きます。

 

で、「あ、もう絶対観よう!」と思えたお名前がありました。

 

監督は若松節朗さん。

 

もともと、テレビドラマで骨太作品を作っていた人です。

わたしが好きだったのは織田裕二さん石黒賢さんが出られている病院モノ

「振り返れば奴がいる」
「真夜中の雨」

です。

 

特に「真夜中の雨」は何度も何度も観ました。

今でも棚のライブラリーには大事にとってあります。

 

前川洋一さんと同じくドラマでは最近もWOWOWの連続ドラマWも手掛けているんですね。

 

「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」

は大好きです。

「石つぶて」は観ていないのでこれを機に観ちゃおうかな?

 

若松さんの劇場映画監督作を初めてみたのはこれまた織田裕二さん主演の「ホワイトアウト」でした。

こちらは、もともと原作小説がとんでもない迫力だったので、わたしはさすがに初見はがっかりしました。

小説を読んでいるときの脳内映画と比べちゃうとね…

 

でも、数年経って小説も忘れた頃に映画を見返すと、なかなか見応えのある作品になっていることに気づきました。

 

だからDVDも買っちゃった♪

 

で、なんと行っても昨年劇場で観たスペクタクル作品。

 

「空母いぶき」

ですよ。

もう、邦画で空母や戦闘機であんな骨太作品作られたら信頼するしかないでしょ。

間違いなく若松節郎監督もまた「見応えの人」ですよ。

 

U-NEXTで調べたら

先日テレビで放送されていたスペシャルドラマ

「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」

も若松節朗さんだったんですね。

 

これも観たい!

 

前川洋一×若松節朗

見応えの脚本×見応えの監督

 

淡々と起きていることを積み上げながらもそれらがギュッギュッと観る者の胸に積み重なっていく確かなものの見応え感。

 

そんな描き方をするお2人を柱として、まだ記憶に新しい事実を1本の劇場用映画として完成させた。

…そんな作品が胸に迫らないわけがないんです。

 

だからわたしは確信を持って腹をくくって鑑賞しました。

 

映画好きとしては、今度はエンターテインメントとして楽しめる作品でも組んで頂きたい。

 

でもまずはその前に、この2人だから、多くの人が観れるカタチで、多くの人の胸に迫る表現力で、あの時の出来事をこうやって届けてくれたんだと思います。

 

子どもたちにも是非観て欲しい。

 

そういう映画になっています。

 

※若松節朗さん監督作品を動画無料配信で観る方法

U-NEXTでは若松節朗さんの代表作が無料見放題で見れます。
イチバンのおススメは、昨年公開の「空母いぶき」
有料ポイント作品ですが無料キャンペーンでは
600円分のポイントがもらえるので実質無料で観れます♪

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年3月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

映画 Fukushima 50 感想と考察

 

話題の最新映画「Fukushima50フクシマフィフティ」5月6まではU-NEXTでWEB公開中>>

 

映画 Fukushima 50 感想と考察① 戦争の他にも

 

わたしは1975年生まれです。

当然、戦争は知りません。

 

それでも、戦争のことや長崎・広島の原爆のことなどは幼少期にいろいろな媒体を通じて学ばされました。

 

そういうものはわたしの子らの世代にもしっかり伝えていかなければならないな…

 

というのは親として常に持っている思いです。

 

それと同じように、戦争ではない現代に起きたこととして、伝えていかないといけないことってあるなと改めて感じました。

 

この映画は大人の役割というものについてもとても強く考えさせられます。

 

映画 Fukushima 50 感想と考察② 大人と子どものちがい

 

大人と子どもの違い。

子どもと書きましたが、もっと広く言いますと、この映画が訴えているのはベテランと若者の違いとして描かれています。

 

立場上、明確に違うモノがありますよね。

 

コレまで担ってきた時代を手渡すほうか…受け取り担っていくほうか…

 

「Fukushima 50」

 

というのは福島原発に残って日本の汚染をなんとかくい止めようと戦った人たちに海外のメディアがつけた呼称なんだそうですね。

 

完全にメルトダウンして放射能が漏れると東日本全体が壊滅することがわかっている…

でも、原子炉の温度は冷やされないのでどんどん上昇して爆発…メルトダウンに迫っていきます。

 

刻一刻と。

 

電源がないので放射能の中に人間が入っていって手動で“ベント”をしなければならない。

 

ベントも放射能は外に漏れます。

それでも最小限にくい止めるにはそれしかないわけです。

 

被爆しに向かっていくわけですよね。

みんな家族もいるのに…

 

普通のサラリーマンですよ。

 

じゃあ、誰が行くか?

 

Fukushima 50の面々は、絶対に若者を行かせようとしないんです。

 

なぜならこの後の復興や未来を担わないといけない人材だから。

だからベテランたちが行くことになる。

 

「自分に行かせてください」という責任感の強い若者もいますが、ベテランたちは断固として譲らない。

 

いよいよ、いつ大爆発が起きてもおかしくない…

となり関係企業の人や直接の作業に関係のない人たちは避難させられますが、そのときもそうです。

 

誰が残り誰が避難するか?

 

誰が未来を担うのか?

というはっきりとした基準がそこにはある。

 

ここはしっかりと、子どもたち若者たちにわかって欲しいところですね。

 

願いです。

 

未来を頼むぞ!という…

 

映画 Fukushima 50 感想と考察③ わたしも大人になれている気がする

 

未来を頼むぞ…という願いを込めて命を懸けるFukushima 50のベテランたち。

この人たちの姿を通して、大人の責任を実感させられました。

 

わたしは15、16歳くらいの中高生の頃から内面的には何も変わってないな~

みたいなノンキな部分もあります。

 

でも、それは息子が生まれてからどんどん薄れている実感も実はかなり強力に感じています。

息子の未来が、命が危険にさらされる。

 

それがこんなに凶暴に津波や、原子力発電所の爆発によって…などという目の前のリアルな危機となって表出したら…

 

逃げたくても逃げられない。

それが真実だと思います。

 

「逃げたいなんて思わない!」なんて綺麗事は言いません。

正直わからないもの。経験していないから。

 

でも、わが子のいない世界で生きる勇気なんてもっとない。

 

そういう思いからも、やっぱり逃げられないと思います。

 

ヘタレだろうとなんだろうと、やっぱり本能としても自分が先にこの世を去り次の世代へ託すのが当たり前なんだとどこかで思っている。

 

Fukushima 50 には、心の底から感謝はもちろんですが、その決断に共感をできた自分にも「ちゃんと大人になれている部分もあるじゃない」って言ってやりたくなりました。

 

改めて、大人ってこうあるもんだぞって確認させてくれた映画です。

 

それでも、現実にはおかげさまで平和に生きています。

 

恥ずかしいことにその平和に甘えている部分も多い。

 

なら、やっぱり彼らの覚悟の何分の1かでも、今の自分の中に取り入れて「今」を生きてみないか?

…と自分に問いかけながら、映画館からの岐路につきました。

 

全ての物語のために

 

話題の最新映画「Fukushima50フクシマフィフティ」5月6まではU-NEXTでWEB公開中>>

 

映画「Fukushima 50」の見応えを支えている2人の作品を無料で楽しむ方法!

 

前川洋一 脚本作品
若松節朗 監督作品

U-NEXTでそれぞれの名前で検索してみてください。
無料見放題作品もたくさん出てきます!

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年3月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

タイトルとURLをコピーしました