改めて入間みちおの魅力 ドラマ【イチケイのカラス】6話 見どころと感想※ネタバレ注意

ドラマ
© Fuji Television Network, Inc.

改めて入間みちおの魅力 ドラマ【イチケイのカラス】6話 見どころと感想※ネタバレ注意

ドラマ『イチケイのカラス』6話を観ました!

原点回帰しつつ、いよいよ…はやくも?クライマックスに向けて動き出しましたね!

では、ドラマ『イチケイのカラス』第6話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ イチケイのカラス 6話 あらすじ

ドラマ『イチケイのカラス』
第6話

© Fuji Television Network, Inc.

草野球の試合の後、入間(竹野内豊)たちは井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家でもある『そば処いしくら』に集まって飲んでいました。そこに、女性裁判官の会に出席していた千鶴(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってきます。そばを食べたいという日高に千鶴も認める『そば処いしくら』を紹介したわけですね。すると…少し酔っている様子の入間は、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったことを日高に伝えます。志摩は、入間が弁護士をやめることになった裁判の時に証人尋問を求めたのですが日高が「必要なし」と認めなかった人物でした。
今回入間が裁判長を務める窃盗事件は、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長である志摩の家に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件です。
岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走。その時に新聞配達員の自転車とぶつかり顔を見られたことで自首してきた…とのことでした。
第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の説明に「それは正確ではない」と鋭く切り返します。岸田が言うには泥棒がいかに魅力的な仕事か、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分だからこそに努力をして自分を活かしているのだと力説するのでした。さらに岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるのだとも言います。
それを聞いた入間は、分析しつくしたことを理路整然と説明する岸田が逃走時のことだけ曖昧な表現になることや、前科6犯で一度も自首したことがないのになぜ今回だけ自首したのか?気になることを挙げて職権を発動するのでした…

ドラマ イチケイのカラス 6話 見どころと感想

ドラマ イチケイのカラス 6話 見どころ

イチケイのカラス 6話の見どころ① 日高に迫る緊張感

1話目から示唆されてきた草刈民代さん演じる日高との対決。いよいよその決着に向けて動き出しますよという緊張感…入間みちおが日高に迫っていく緊張感が全編にわたって感じられるエピソードですね。ちょうど後半戦スタートと言ったところでしょうか?原点回帰感もある入間の活躍でした。

イチケイのカラス 6話の見どころ② 酔っ払い入間と冷静な入間

入間が日高にせまる緊張感を出しながら、同時に入間みちおという人間の魅力にも改めて目を向けさせられるような演出でした。草野球から始まって、『そば処いしくら』ではみんなにヤイヤイ言われている入間。お酒も入って気持ちよくなっています。楽しげ。でもそこに日高がやってくる。で…入間ですから周囲の緊張感なんてお構いなしに、穏やかにではありますが鋭くストレートに日高に攻撃の刃を向けていく。酔っている入間の可愛らしさから、酔っていることでのハラハラ感に一瞬にして視聴者の気分が変わります。
また、第1話でとても印象的に魅せてくれた入間みちおの裁判官としての良さも今回改めて魅せてくれています。

イチケイのカラス 6話の見どころ③ バカリズムの才能

入間の裁判官としての魅力が改めて伝わるように今回のエピソードができているのはバカリズムの演技にも要因がありますね。彼が演じる岸田のリアクション。徹底的に分析する癖のある岸田が入間に衝撃を受けていく過程。バカリズムはドラマ『素敵な選TAXI』以降は脚本家としての才能もどんどん見せていますが、役者としてもちゃんと才能を見せてくれています。ドリフターズを筆頭にコントをする人たちって、あれは演劇と同じですもんね。変わらないところは変わらない、岸田らしく考えを改めていく過程がとても見どころだと思います。

イチケイのカラス 6話の見どころ④ 羽場裕一さんと升毅さん

これは超個人的な感覚かもしれません。羽場裕一さんと升毅さんがこういったドラマで一つの画面に出てくるってめちゃくちゃ珍しいと思うんです。役者さんとして結構おなじような役割を担っている人たち。いやなヤツ役もいっぱいしていますよね。そして時に凄くいい人の役もできる。プロフェッショナルって感じのカッコイイおじさまたち。
大人の男=仕事人としてわたしにとってのヒーロー2人。勝手にしびれていました。

ドラマ イチケイのカラス 6話 感想

イチケイのカラス 6話の感想① 改めて入間みちおにシビレる回

見どころでも書きましたが、わたしは改めて入間みちおというキャラクターに魅せられてしまいました。酔うと危うい?という魅せ方からやっぱり裁判官として正しく判決を出そうとする姿勢。個人的な感情に流されずにそこを全うしようとする在り方。そういうのは坂間千鶴がいて、わたしたち視聴者にもわかるような作りになっていますが、ただ裁判官として素晴らしいだけではなくひとりの人間としての弱さもにおわせつつの、「弱いから強さがわかる」みたいな絶妙なところをドラマ的にわかりやすく見せてくれたな~と。改めて入間みちおにシビレまくりながら楽しめました。

イチケイのカラス 6話の感想② 早くも後半戦突入!

ドラマ『ドラゴン桜』が3話、ドラマ『コントが始まる』が4話という週にひとつだけとびぬけて6話まで進んでいるドラマ『イチケイのカラス』ですよ!
1番好きなのに、1番ロス感のダメージが大きいだろうに、1番先に終わっちゃうのでしょうか??
寂しさばかりに捕らわれず、さあ!後半の盛り上がりを楽しむぞ~って、視点を変えなきゃ損しますね。

ドラマ イチケイのカラス 6話 みんなの評価

では、ドラマ『イチケイのカラス』第6話を他のみんなはどのように評価しているのでしょうか?Twitterの反応からピックアップしてみましょう♪

※ストレートなネタバレがあります

ドラマ イチケイのカラス 6話 見どころと感想 まとめ

今シーズンも4つ、一生懸命観ているドラマがあります。本当は観たかったけど時間の都合上観れていないあと2つのドラマも考えると、なかなか豊作のシーズンですよね。洋画や海外ドラマ好きの人の中には日本のドラマのレベルの低さをあげつらう人もいます。わたしも洋画が基準なのでその意見はわからなくもない。それでも日本のドラマの良さもやっぱりあるし好きなんですよね。
ドラマ『イチケイのカラス』はその中でもわたしの好きな種類のエンタメ感なのでやっぱり今シーズンいちワクワクします。
いよいよ日高との決着も近いようで、楽しみですね!そしてロスになるのがもう寂しい!

 

全ての物語のために

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました