思い込みって怖い! ドラマ【イチケイのカラス】8話 見どころと感想※ネタバレ注意

ドラマ
© Fuji Television Network, Inc.

思い込みって怖い! ドラマ【イチケイのカラス】8話 見どころと感想※ネタバレ注意

ドラマ『イチケイのカラス』第8話を観ました!

先入観って怖い…

では、ドラマ『イチケイのカラス』第8話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信しています。無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ イチケイのカラス 8話 あらすじ

ドラマ『イチケイのカラス』
第8話

© Fuji Television Network, Inc.

イチケイに書記官になるための研修として2人の事務官がやってきます。前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)。
そのタイミングで部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるからと2人にも立ち会うように言いました。
裁判官は入間(竹野内豊)です。

案件は傷害事件。その起訴状を見た千鶴(黒木華)と浜谷(桜井ユキ)が「あ!」と反応します。被告人の潮川恵子(真凛)は、千鶴が裁判長で浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人でもあったのです。

万引きの前科があった恵子は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まりました。恵子が万引きしたのを観ていた山寺史絵(朝加真由美)が店側に知らせたことで発覚し恵子は史絵に危害を加えてけがをさせた…ということでした。

千鶴と浜谷は、恵子の境遇を聴いて逃亡の恐れはないから在宅からの審理でよいのではと判断した後の事だったため動揺します。
恵子には6歳の娘がいて商社マンの夫は海外単身赴任中。恵子は、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬もしていました。

窃盗事件と傷害事件が併合される形で第2回公判が始まります。
実は被害者の史絵は恵子の小学校時代の恩師でした。4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでおらず史絵にケガをさせてしまった経緯も、なんと史絵が万引きをしたところを恵子が目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだ…と証言したのです。
恵子は取り調べの段階からそう主張したそうですが、虚偽の発言と判断されて取り上げてもらえなかったようです。
公判から担当についた検察の井出(山崎育三郎)は、史絵が万引きをしたという証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員をしている夫の信吾(大谷亮介)に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めているという情報を明かします。

今回は裁判所側も検察側も弁護後側も、再調査の必要性を感じたようで…

ドラマ イチケイのカラス 8話 見どころと感想

ドラマ イチケイのカラス 8話 見どころ

※人によってはネタバレと思うかもです

イチケイのカラス 8話の見どころ① 川添さんの視点

今回は主任書記官の川添博司(中村梅雀)の視点で物語が語られます。実は物語の冒頭で川添さんが捕まっちゃうんですね。痴漢と間違われて。証拠不十分ですぐに釈放されて翌日には仕事をしているのですが、そこへ研修の事務官2人がやってきて、「このイチケイ大丈夫か?」と感じちゃうところから始まる…というスタイル。

イチケイのカラス 8話の見どころ② 研修生の視点

その2人の研修生、前橋と磯崎の視点も想像しながら観れるつくりになっているのも物語の構造として面白いですね。わたしはちょっとツッコミ入れたりしましたが、人によってもっと手厳しいツッコミを入れたり、あるいは逆に感動したり、観る人の意見も分かれそうな視点の描かれ方でしたね。

イチケイのカラス 8話の見どころ③ 思い込みの怖さ

今回はいくつかの「思い込み」により物語が進んでいきます。一番は通報者である被害者の夫。いろいろな登場人物や物語に誘導されて自分が思い込みをもっていないか?など考えながら観れる面白い構造ですね。

ドラマ イチケイのカラス 8話 感想

※ネタバレに近い表現があるかも

イチケイのカラス 8話の感想① 思い込みは自覚したい

被害者の夫が市会議員であることから、被害者も思い込みを持っていました。被告人も自分が襲われるという思い込みから被害者に反撃しています。被害者の夫も完全に被告人が悪いと思い込んでいます。さらに、職権が発動され操作が進むにつれてわたしたちの視点は被害者の夫が嘘をついているんじゃないか?という思い込みに誘導されていきます。劇中では研修生の2人がその思い込みを口にします。まあそれはあくまで「可能性」として口にするわけですが…。でも視聴者はまんまと「そうだ!」って思わされるわけですよね。
クライマックスでああ、思い込まされてた!と気づくわけですが、ちょっと怖くなりました。自分で出した結論に対して「本当にそうか?」と自分を客観的に観ていく癖は、どんどん強化したいですね。

イチケイのカラス 8話の感想② クライマックスになるの?

クライマックスと言えば、そろそろシリーズクライマックスへの前フリ的なお話になるのかなと思ったんですが、フツーに1話完結のお話でしたね。のこり何話あるんでしょうねぇ。次の月9は6月から始まるようなので多くてもあと2話~3話なのでしょうが。最後の盛り上がりってあるのかな…。

ドラマ イチケイのカラス 8話 みんなの評価

では、ドラマ『イチケイのカラス』第8話を他のみんなはどのように評価しているのでしょうか?Twitterの反応からピックアップしてみましょう♪

※ダイレクトなネタバレあります

ドラマ イチケイのカラス 8話 見どころと感想 まとめ

お話自体は恨みつらみではなく、愛のあるお話でしたね。「私、大丈夫じゃない。助けて」のところは涙出ました。

ストーリーはそれぞれの思い込みと、精神的な病から起こる悲劇。イチケイの案件になって本当によかったねと思えました。それは全話そうか。ただ1話完結で平和に終わったので、最終回に向けての盛り上がりがあるのかな?ってちょっと不安になりました。
全10話なら次回辺りはもうクライマックススタートですよね…。

皆さんの感想を読んでいて気づきましたが…そうか!検事の2人が今回戻ってきたので、クライマックスで戦うイチケイ組をちゃんと揃える準備会だったんだ…とも受け取れますね。

次回は裁判員制度が取り上げられるようなので、待ってました!って感じの人多いのでは!?

 

全ての物語のために

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信しています。無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました