高1息子が好きな「リゼロ」親父の感想5 行動を促す感情の湧かせ方【仮説】

アニメ
©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 引用元:http://re-zero-anime.jp/

アニメRe:ゼロから始める異世界生活 第5話 考察
行動を促す感情の湧かせ方【仮説】

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
引用元:http://re-zero-anime.jp/

 

人に対して反芻させたいこと…プレゼン、授業、リーピート客…

あるいは自分に対して反復練習や習慣化させたいこと…

そのヒントを探っています。

 

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版
第5話「約束した朝は遠く」

を観ました。

 

この記事は、高1の息子が観ていた「リゼロ」なるアニメのセリフが自分に向けられているような気がしてしまった親父の感想と考察の記録…5回目です。

「リゼロ」=「Re:ゼロから始める異世界生活」のあらすじや感想から、親世代も学べるものが拾えたらいいなと思いつつ感想と考察をしています。

 

若干、作品のネタバレもありますが楽しみを奪うほどのネタバレにはなっていません。

 

このアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」は手持ちのPCやスマホからすぐに全話無料で観れます。その方法も紹介していますので興味を持たれたら楽しんでみてください。

 

高1息子が好きな「リゼロ」親父の感想4 動画無料 努力の本質【考察】
アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」第4話 考察 高1息子が好きな「リゼロ」親父の感想4 努力の本質 努力という言葉のイメージ。 イメージとしての定義。 人それぞれだと思うんですけど。 本...

 

※アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版を無料で観る方法
U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版は完全無料見放題。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 5話 ネタバレあらすじ

 

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版
第5話「約束した朝は遠く」

 

ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバル

 

メイドのレムラムと共に日々仕事をこなして5日目。

 

ついにはエミリアとのデートの約束を取り付けます。

 

しかし翌朝、約束の日だと思ってスバルが目覚めると…

スバルは屋敷にやってきた最初の日に戻ってきていました。

 

死に戻り…ということは眠りについた後に死んだのか…!?

 

命を奪われるようなことなど何も起きていないはずなのに…

混乱するスバル。

 

廊下に出てベアトリスの部屋へやってきました。

どうやらベアトリスはスバルのことを覚えています。

 

ということは…?

 

つまりこの屋敷で2回目に目覚めたときにタイムリープしているんですね。

 

外に出ると、ラムとレムからスバルがいなくなったと聞いて敷地内を探し回っていたエミリアとばったり。

 

やっぱりキラキラとしている世界を確認して、絶対にエミリアとのデートの約束を果たそうと心にちかうのですが…

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 5話 感想と見どころ

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 5話 感想と見どころ① 思わず2度観してしまう

 

観終えた直後に思わず冒頭に戻って2度観しちゃいました。

 

面白いものですね。

 

絶対にわたしが興味を持つはずがないと思っていたアニメをここまで食い入るように見ようとするなんて。

 

単純に作品が面白かったからもう1回観ようと思ったわけではありません。

よくできたお話なのでしょうね。

 

2度観どころか前の話にまで戻って見返したりしちゃいました。

前の話は時系列や重要ポイントのセリフなどをチェックするために。

 

「え?あのとき、なんて言ってたっけ?あのときなにか伏線があったのかな?」

って気になって観ちゃうんですね。

 

わたしが映画やアニメを観ていてここまで行動することはほとんどないです。

 

それだけ気になって仕方がないストーリーになっているんですね。

 

お話の組立がとても上手く設計されているんだなと、そのパズル的なストーリー思考に感服しちゃいます。

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 5話 感想と見どころ② 残酷シーンの迫力

 

このアニメの残酷なシーン。

迫力があります。

真に迫るものがあります。

 

ゲーム世代向けの、ゲーム感覚っぽい題材のアニメ。

 

こういう作品には興味を持てない…

 

と思うとき、わたしは無意識にですが、映像作品としての描写や演出まであなどっている部分があるのでしょうね。

偏見。

 

この作品の残酷なシーンを見て…

 

「こんなジャンルの作品なのに、すげぇ!」

 

って……失礼な感想を抱いてしまいました。

 

このエピソードに限ったことではありません。

第1話で死に戻りするときからそうでした。

 

息子が食い入るように観ていた後半のクライマックス前も激しい描写でした…そういえば。

 

ただ残酷な絵を見せれば良いわけじゃないんですよね。

こういうのって。

 

痛さや恐怖、そういうイメージを喚起させる迫真の演出がないと感じられません。

 

感じる感じないはもちろん人それぞれでしょうが、少なくともわたしは息子のように「やべぇ…怖ぇ…」って釘付けになります。

 

ここは、小説とは違うところですね。

小説は読者の想像力によっていくらでも感じられますが、映像はひとつの表現が固定されてしまいますからね。

 

これを観れば、「ゲームのせいで」とか「アニメのせいで」とかいう理由で若者の想像力の欠如を指摘するのは的外れだと感じますね。

 

今すぐアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版を無料視聴する>>
※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活【考察ストセラ】 行動を促す感情の湧かせ方【仮説】

 

【考察ストセラ】① 感動しことを伝えるのと感情を湧かせる方法は別

 

感動したことを伝えるのは簡単ですよね。

 

「わたしこんなに感動しました!」

 

って興奮気味で言えば伝わります。

 

「ああ、あなたは感動したのね」

 

って、わかりますよね。

 

でも、同じような感動を味わってほしい、同じような感情を味わってほしい。

 

というときは方法が全く違います。

 

人は感情によって行動します。

感情を湧かせることができれば行動を促せるということですよね。

 

そこを理解した上で、行動を促す感情を湧かせる方法を模索してみたいと思います。

 

【考察ストセラ】② アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 第5話 行動に繋がった感情

 

え?ちょっとまって!

とつぶやいて、ラストまで見終えたアニメをもう1度、頭から再生。

 

 

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版 第5話「約束した朝は遠く」

このエピソードはわたしにそんな行動をとらせました。

 

この作品はタイムリープものですね。

主人公が死んだら時間がある地点まで戻っちゃう。

 

タイムスリップとはちょっと違います。

でも、時間を扱ったものや、そうではなくてもお話の構造上時間軸を前後させている作品は、前に戻って見返したくなることありますよね。

 

小説だと、実際にページを戻ることはよくあると思います。

 

わたしは、面倒くさがりなので映像作品で実際にそれをすることはほとんどありません。

 

気に入ったドラマやアニメでも、翌週までに2~3回楽しむことはあっても、終わった直後に2回目再生なんてここ10年は確実にしてないと思います。

 

でも、このエピソードはわたしにそれをさせました。

 

実験的に見始めた作品なのに!

 

しかも気になるところだけチェックじゃなくて、冒頭からラストまでキッチリ2巡しました。

 

2時間の映画でなくてよかった!

 

何がそんなに気になったのか?

 

……???

 

ちょっと考えてみようと思います。

 

【考察ストセラ】③ 行動を促す感情トリガー

 

先に断っておきます!

結論は出ないと思います。ってゆーか、わたしが教えて欲しい!

出来て仮説を立てることくらい。

 

だから、ヒントだけでも抽出できたらなぁ…と思いつつ考察します。

 

……

 

前話との繋がりで、ヒロインのエミリアと交わしたデートの約束。

しかし主人公のスバルがなぜか“死に戻って”しまったせいで、なかった事になったんですよね。

 

スバルは5日間の屋敷の人たちと過ごした様々な経験がリセットされたことでとてつもないショックを受けています。

 

確かに暴力的ですよね。

自分は覚えているのに、周囲は全部わすれてる。

 

中でもヒロインとのデートの約束は、そりゃあ惚れた男の子としては最重要事項。

 

このエピソードでの彼の重要ミッションは2つ。

 

もう1度、エミリアとの約束を取り付けること。

 

そして、グッスリ眠って気持ちよく起きたつもりが死に戻っていたわけですから、その夜なぜ自分が死んだのか?

それを突き止めること。

 

 

当然、わたしたち視聴者もそれらが気になっています。

 

で、このエピソードのラストは…ちょっとネタバレするとクリフハンガーで終わります。

「え?どうなるの!?」と気になるところで終わるということですね。

 

それと同時に、これまでのお話の中で、『そんなことになる』伏線があったか?

 

とも思わされるわけです。

 

30分なので見返しやすいというのはあるでしょう。

 

それでも今までにこんな行動はしたことなかったですね~

本当に反射的に即、冒頭から再度すべて試聴しちゃうなんて。

 

しかも、暇でもなかったし。

 

ここから仮設です。

 

思い当たる理由は2つ

1:注意していたはずなのに急に沸き上がった謎
2:真に迫る強烈なラストのクリフハンガーで2つの「気になる」

 

多分この2点

 

少し詳しく分析すると…

注意していたはずなのに急に沸き上がった謎

単に、急に謎が沸き上がっただけならわたしはそこまでしていなかったかもしれません。

でも、注意して観ていたんです。

なのに兆候に気づけなかった。

これが悔しさを呼び起こしています。

自己分解すると、注意を向けさせられていました。

前話で主人公が得た幸福。

苦労の末にやっと手にした幸福だったのに、約束が破棄になったのではなく、約束を交わした時間ごと無かったことにされます。

その理不尽さがいたたまれず、主人公と一緒になって「次こそは!」って注視していました。

それなのにラストで「え?なんで!?」と思っちゃった。

この『注意していたはずなのに』がまずあるのでしょう。

 

真に迫る強烈なラストのクリフハンガーで2つの「気になる」

真に迫る強烈なラスト…というのはこちらが冷静ではなくなってしまっています。

これは手品師や詐欺師も使う手法ですね。

悪用しないでくださいね。

その揺さぶられた感情と、もう1点の“2つの「気になる」”とのセットだということが重要なのかも。

つまり、気になることが2つもあって、1つは次回まで待つ必要があるけど1つはこれまで観てきた中にヒントがあったはずと思われる。

すぐに確認ができること、すぐに手が届くところにあること…だからせめて1つくらいは解消したい!

という欲求に繋がったのではないか…?

仮説をまとめると

・あるポイントを気にして観るように注目させる
・でも気づきにくい伏線にする
・強烈に引き込んでドキドキさせる
・未来を待つ必要があるヒントと戻ればわかるかもしれないヒントを示す

この条件がそろうと、戻れるところには戻ってヒントや答えを掴みたくなってしまう可能性がある

 

…ということですかね。

あくまで仮設ですが。

 

人に対して反芻させたいこと…プレゼン、授業、リーピート客…

あるいは自分に対して反復練習や習慣化させたいこと…

 

ここにヒント見つかりませんかね?

当てはまる人は試してみてください。

 

全ての物語のために

 

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活 の動画を全話 無料配信で見る方法

 

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の動画を安全に無料で観る方法

U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。
アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版の動画は完全無料見放題
トム・クルーズ主演、日本のライトノベルが原作の『死に戻り』ハリウッド大作
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」も無料で観れます!!
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>
※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

U-NEXTの配信状況を今すぐ確認する

 

タイトルとURLをコピーしました