正しい覚悟と間違った覚悟