ネタバレ ドラマ【天国と地獄~サイコな2人~】10話(最終回) あらすじ キャスト毎の見どころと感想・考察 最後までおもしろい!

アニメ
⒞TBS 引用元:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

ネタバレ ドラマ【天国と地獄~サイコな2人~】10話(最終回)
あらすじ キャスト毎の見どころと感想・考察 最後までおもしろい!

ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』10話(最終回)観ました!

最後の最後までどうなるの?って観行っちゃった!感動しながら!

では、ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』10話(最終回)を振り返ってみましょう♪

ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話 ネタバレあらすじ

ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』
第10話(最終回)

⒞TBS
引用元:https://twitter.com/tengoku_tbs

日高(高橋一生)と共に逮捕される彩子(綾瀬はるか)。彩子は自分がなぜあそこにいるのか?強気で上手く説明し処分は始末書提出だけとなりました。(迫田孝也)が死亡したことにより、日高が殺人を犯していない事を証明する術が無くなってしましました。警察は捜査に3ヶ月もかけて被疑者死亡では警察の威信にかかわる事、それと日高本人の自供により、日高主犯として動き始めています。日高には「絶対に助ける」と言っていた彩子でしたが、何もできないまま河原(北村一輝)による日高の取調べが始まります。警察が来た時、(柄本祐)は日高に「後を頼みます」と託されており、警察に事情を聞かれる中、彩子のことを心配しながらも自分がどう行動すべきか葛藤します。彩子は日高に濡れ衣を着させないために走り回り…

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話 キャストと見どころ

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話 キャスト

主演

望月彩子(&日高陽斗):綾瀬はるか&高橋一生

自ら濡れ衣を着ようとする日高を止めるべく奔走する彩子。もう2人が入れ替わっていたことを忘れるくらい前のめりで観ちゃいましたよ。だって日高の取り調べどんどん進んでいっちゃうんだもん!

日高陽斗(&望月彩子):高橋一生&綾瀬はるか

地獄に行くのは1人でいい…そんなことを言って自分だけが犯人になり、兄の汚名も彩子の容疑も晴らそうとする日高。こんな風に一度覚悟決めちゃうと人って頑固になれちゃうんですよね~。あの意思を溶かすのって難しいぞ~って、これまた前のめりになっちゃう要素ですよね。

天国と地獄 10話 主要キャスト

渡辺 陸:柄本 佑

最後の最後までなんというか、一番カッコよかったんじゃないかと思います。かっこよすぎですよね。いい人過ぎ。でも彩子が「日高、日高」言うのを聞いているときの陸の寂しそうな顔も観ていて心痛かったもんな~。

八巻英雄:溝端淳平

彩子に振り回されてばかりだった八巻…最後まで振り回され続けて、辞令を受け取るときに首をかしげているのは爆笑しました。カワイイ役。

河原三雄:北村一輝

最後の最後でかっこよかったですね。「誰かさんが覚悟を決めればいいんちゃんかい!?」って。入れ替わりまでは気づいていなくても本質は感じているって感じ。取り調べの最後の最後で彩子に譲ったのもかっこよかったです。

新田将吾:林 泰文

警察が東ではなく日高主犯説で動こうとしているのを面白くなさそうにしていたのはそういうことですか。いい仕事しますね~。

五十嵐公平:野間口 徹

八巻を制して、黙って観てろという五十嵐さんかっこよかったですね。久しぶりに見応えあるシーンでした。

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話の見どころ

※重要なネタバレがあります

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の見どころ① 入れ替わりの件は?

彩子と日高の入れ替わりの件を、八巻が五十嵐たちに言っちゃったのかな?って9話のラストで思ったんですがさすがにそんな証明しようのない非現実的な話はしなかったんですね。2人が入れ替わっていた間のことについてどう決着つけられるのか?そこをドキドキして観てました。

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の見どころ② 頑なな日高

ネットでは最終回が放送されるまでの間に考察記事とかで出てましたね。実は日高が真実を語っていなくて最後に本物のサイコパスぶりを発揮するんじゃないかと。とはいえ、脚本・森下佳子さん、演出・平川雄一朗さんというチームを観れば、ミステリーのどんでん返しよりも最後は感動を期待します。その期待は正しく、やはり最終話の最も高い障壁は日高自身の頑ななまでの自己犠牲の決意そのものでしたね。

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の見どころ③ ラストシーン

ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』ファンとしては、9話からは入れ替わりが解けて彩子と日高が自分たちの体に戻っていましたから、入れ替わりの演技の面白さがないのは少し物足りなく感じていました。ラストシーンはファンサービスですね♪

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話の感想・考察とみんなの評価

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話の感想・考察

※重要なネタバレがあります

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の感想・考察① 守ると決めた人の頑固さ

最後の最後まで視聴者を掴んで離さないストーリー展開でしたね~♪
そう来たか、というくらい…いや、予想した通り、期待した通りでもあったのですが、最強の敵…というか障壁でしたね。最終回にふさわしいお話だったと思います。人を守ると決めた人間の頑固さ、強固な意志。多かれ少なかれみんな心の中に似た感覚を持っているのではないでしょうか?
わたしも家庭を持つ身ですから、家族を守ることに関してはヘタクソなりに頑固です。だから日高の決意を感じた時に「あちゃ~!これは強敵だぞ!」って思っちゃいました。だからこそクライマックスで彩子と対峙したときに意志が変わる日高に涙誘われるんですけどね。

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の感想・考察② 孤高の男、陸

わたしは陸の選択が一番切なかったです。誰よりも彩子を愛しているのに、愛しているからこそ彼女の中に自分がそれほど大切な存在として存在していない事を感じて黙って去る。実際、「陸はそれっきり戻らなかった」とナレーション入りますが、去るもの追わずという感じの様でした。それがまた寂しい。最後に抱きしめたのが何よりの愛情表現だったんだけどね。切ね~!

天国と地獄~サイコな2人~ 10話の感想・考察③ 2人の入れ替わりと愛

陸が、彩子の中には日高がいるということがわかったというのが伏線でもあるのでしょう。もともと本編でも彩子が日高のことを知りたくなったとも伝えているんですよね。でも、当の2人はお互いに恋愛感情は抱いていない。でもお互いの人生を強烈に大切にし合った事実があります。
2人が入れ替わっていた期間の記録や会話を何も知らない警察関係者は「愛のメッセージ」として受け取ったようですね。河原も五十嵐も。でも、やっぱり当の本人たちが一番鈍感です。陸もわざわざ身を引いたのに。だったら…ということでしょう。2人がお互いの気持ちに気づくまで関係を途切れさせないために、また日高のお母さんの仕業なんでしょうかね?あのラストシーンは!そう考えるとロマンチックですよね。

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話みんなの評価

では、他のみなさんはドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』第10話(最終回)をどのように評価しているのか?Twitterの反応から垣間見てみましょう♪

ドラマ 天国と地獄~サイコな2人~ 10話 ネタバレ感想まとめ

2021年1月期のドラマの中ではトップレベルで盛り上がったんではないでしょうか?ほかにも良作はありましたが、ミステリーとして先が気になってしょうがないというジャンルは少なかったように感じます。わたしもまたいつか、一気に観返したいなと思います。
と同時に、ラストシーンの続きが気になりますよね?(笑)、お約束だけど上手な終わらせ方だなと思いました。「とりあえず今どちらにお務めですか?」という彩子姿の日高の声で締めくくる。つまり、多分ですがため息交じりにまたもや一旦は彩子としての生活を守らねばと思ったんでしょうね。となると…翌日、警察学校に出勤して八巻には面倒なので説明するでしょうきっと「また~」って。八巻の翌朝の反応だけでも観たくなりますよね。
そうやって、このドラマの世界がわたしたちの中で続いていくわけですから本当に楽しいエンターテインメントをありがとうございました!という気持ちです。

 

全ての物語のために

ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました