ドラマ仕事-JOB-愛-LOVE-人生-LIFE-

TOKYO MERアッセンブル! ドラマ【TOKYO MER〜走る緊急救命室〜】6話 感想※ネタバレ注意

⒞TBS

TOKYO MERアッセンブル! ドラマ【TOKYO MER〜走る緊急救命室〜】6話 感想※ネタバレ注意

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』6話を観ました!

力抜けたときに泣くよね

では、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第6話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 あらすじ

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
第6話

⒞TBS

厚生労働大臣の白金(渡辺真起子)は病院エレベーター火災の一件から、MERは喜多見(鈴木亮平)がいるから成り立っていると結論付けました。バラバラにすればメンバー各々は何もできないと。そこで音羽(賀来賢人)にチームをバラバラにさせることを命じます。

そんな時、18人の小学生が山中で突如失踪するという事件が発生。MERが現場に向かいました。喜多見は、子供たちを捜索し治療するためにメンバーを分散する指示を出します。これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバー達は戸惑い、白金の思惑を知っている音羽は喜多見の意見に反対。しかし、「大丈夫です」と喜多見は強行するのでした。

喜多見班、音羽班や弦巻(中条あやみ)班の3つに分かれて捜索と治療が始まります。数名ずつ見つける音羽班、弦巻班。しかし喜多見はまとまって倒れている子どもたちを発見。必要な薬剤が足りなくなり…!そんな中、まだ見つからない子の名簿をみた冬木は動揺するのでした…!

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 キャストと感想

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 キャストごとの感想

※ネタバレに近い表現があります

喜多見幸太:鈴木亮平

医師の分散。それは喜多見にとっても大きな痛手でした。喜多見もみんなの助けの中でこそあれだけのことがやれているのがよくわかります。

音羽尚:賀来賢人

まだ厚生労働大臣の命令に従っているのか…と思っていたら、あからさまに命令と逆のことを喜多見に進言しましたね。やっぱり変わってきている!

冬木治朗:小手伸也

今回は冬木回でした!息子にとってのヒーローでありたい。その気持ちよ~くわかります!

喜多見涼香:佐藤栞里

音羽と涼香の関係性を邪推した前回。しかし、その邪推を超えてまだまだツライことがこの2人の間に起こるのか?

白金眞理子:渡辺真起子

純粋に人を助けるのは楽しいでしょうね…。白金もきっと音羽のようにこの国のみんなを助けられる力を手に入れるために上を目指している人なのでしょうね。

久我山秋晴:鶴見辰吾

久我山もそうですね。何話だったか、音羽に「腹をくくれ」と言っていました。あれは自分が汚いことをしているという自覚があるのと同時にそれなりの芯をもっていることの表れでもあるように感じました。

駒場卓:橋本さとし

なるほど。駒場さんも、喜多見の凄さはわかってきていたけど、他のみんなの力量までは理解できていなかったんですね。

赤塚梓:石田ゆり子

おっと~。。。コレからもっと過酷なことが起きるはずだと言った直後になんだ?彼女自身の体が??

千住幹生:要潤

もう、森の中でこの人の声が聞こえただけで安心しちゃいますよ。デカいなこの人の存在も。

蔵前夏梅:菜々緒

この人が凄いのはもう十分わかっております。

弦巻比奈:中条あやみ

もう、覚悟決まってますね比奈先生。この人、MERのメンバーになったおかげで明らかに他の研修医より速いスピードで成長しているはず。

徳丸元一:佐野勇斗

「徳丸く~ん!」という喜多見のセリフに全てが詰まっていましたね!

ホアン・ラン・ミン:フォンチー

いやいや、マジで「わたしは大丈夫です」じゃないって…怖かった~。一緒にいるのが音羽先生でよかったよ!

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 感想

※ネタバレに近い表現があります

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 感想① ヒーロー…アッセンブル!

感想①-1 音羽はMERの味方

白金の命令を受ける音羽から始まって、チームがバラバラになる展開。わかりやすくてテンポいいですね~。で、さっそく音羽が喜多見に進言。完全にMERを解体させたくないのがわかる意見を言います。

今回は冬木回ではあるのですが見方を変えると、音羽が喜多見以外のみんなのことも信頼できるようんなる物語でもありましたね。

感想①-2 ミン駆ける

そんな音羽班として補助についたのがミンさん。レスキュー隊員の叫び声を聞いて駆け抜けた先で遭遇する災難…。あれはマジでヤバイ!
『僕のヒーローアカデミア』の主人公、緑谷出久がアニメの第2話でライバルで幼馴染みの爆豪少年を助けたくて駆けだしてしまった姿を思い出しました。ヒーローは考えるより先に体が動いているんですよね!

感想①-3 徳丸く~ん!

みんな喜多見と一緒にテレビの前で叫んじゃったでしょう?(笑)せーの♪「徳丸く~ん!」
医者だけが命を助けているわけじゃない!移植用の臓器をバイクで運んだ時も、銃撃の中にMERカーで突っ込んだ時もカッコよかったけど、「自分の仕事をする」と言ってリュックから取り出したアレであんなことした今回の徳丸くん。マジで喜多見先生が「救われた~」ってなってましたよ!

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 感想② 息子のヒーロー 息子がヒーロー

感想②-1 冬木回!

プロローグ音羽が新たな命令を受ける厚生労働省のシーンと、MER側のシーンとありました。MER側は冬木の円満な家庭をみんながうらやましがるシーン。そう!今回は冬木回なのだ!とここで身構えました。

感想②-2 嘘つき冬木

円満な家庭なんかじゃない…。でもそれをみんなには言えませんでしたね。当然です。あの場は人生相談の場ではないですしね。そして、彼は息子に対してある嘘をついていました。なんか、オヤジ父親として、冬木先生のお父さんとしての立場すごくわかっちゃって一番共感しちゃったかも。

感想②-3 息子のヒーロー 息子がヒーロー

冬木先生は息子に凄い言われたのが嬉しくて調子に乗って嘘ついちゃいましたね。でもぜんぜん悪い嘘だとは思いませんでした。喜多見先生も優しい笑顔でその話を聞いていましたね。
でも、息子に会えた冬木は息子に言いました。「お前はパパのヒーローだ」と。これもよくわかります。わたしも息子の優しさを知るとそんな思いになります。
お父さんは息子にカッコつけたいけど、息子ってお父さんにとって自慢なんですよ。
これはいくら言葉で説明しても、自慢の息子をもつお父さんにしか共感してもらえないかもな…

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 みんなの感想

では、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第6話の他のみんなの感想を、Twitterの反応から観てみましょう♪

※ダイレクトなネタバレがあります

Twitter / ?

Twitter / ?

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 6話 感想まとめ

冬木先生の回でありながら、音羽の気持ちが喜多見への信頼からMER全員への信頼へと広がる回でもあり、他のメンバーがそれぞれヒーローであることを見せてくれる回でもありました。
バラバラに散らばったことによりそれぞれの能力がわかる…。半面、喜多見も凄いんだけどやっぱりみんながいないと手が足りずツライ…
そこに喜多見にとってのヒーローであるMERのメンバーが駆けつける。
TOKYO MER アッセンブル!って感じをやってくれましたね。

…で、次回から後半戦ですか?さらなる過酷な状況がTOKYO MERを襲い始めるようですね。しかも、都知事の健康問題も…。来週も待ち遠しい!!

 

全ての物語のために

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は見逃し配信しています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました