ドラマ仕事-JOB-愛-LOVE-人生-LIFE-

ここからが見どころ! ドラマ【TOKYO MER〜走る緊急救命室〜】7話 感想※ネタバレ注意

⒞TBS

ここからが見どころ! ドラマ【TOKYO MER〜走る緊急救命室〜】7話 感想※ネタバレ注意

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』7話を観ました!

キタ~!新たな展開!ミステリー要素と新たな障壁。緊張感が一気に上がりますね♪

では、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室』第7話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は見逃し配信しています。全話無料で観れる方法もありますよ♪

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 あらすじ

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
第7話

⒞TBS

夕方、人々が仕事を終えるころTOKYO MERに出動要請がかかります。

外国人労働者が原因不明の症状を訴え、集団食中毒が疑われるような報告…報告内容と時間帯を考えて事務所にいた喜多見(鈴木亮平)と冬木(小手伸也)、ミン(フォンチー)の3人で普通自動車タイプのMER車で向かいます。ところが道中に現場から送られてきた映像には、どういうわけか警察が多くまるで事件現場のような様相。喜多見が一瞬表情を曇らせます。

現場では指揮権も警察に握られていて傷病者の搬送を止められます。事態が読めない中、その場でできる処置を始める喜多見たち。警官たちは外国人労働者との接触すらやめろと言ってきますが一刻を争う症状。喜多見たちは無視して処置を続けます。

そこに現れたのは公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)。問答しているうちに後ろの建物が爆発するのでした…。警察官たちも数名負傷、喜多見たちは急いで処置します。ある外国人労働者の証言により爆発した建物内にはまだ15名の労働者が残されていることが判明。入り口は爆発で塞がれていました…。

そんな中、証言をした患者の身柄を拘束してしま公安警察…。

公安たちは喜多見のことをマルタイと呼び、別件でマークしていたようで…。

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 キャストと感想

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 キャストごとの感想

喜多見幸太:鈴木亮平

後述しますが、喜多見の深さがさらに垣間見えた回ですね。また鈴木亮平さんの英語力も披露!YouTubeでのインタビュー動画などでは観たこと有りましたが作中で観たのは初めてでした!

音羽尚:賀来賢人

現場での喜多見のフォローへの力強さがハンパなくなってきましたね。音羽や白金が喜多見の過去を探っていくのも今から波乱は訪れるでしょうが結局は吉と出そうな気もしてきました。

冬木治朗:小手伸也

6話を受けての冬木さんと喜多見チーフ2人のシーンから始まりました。家族の全面協力があればなおさら冬木さん強くなりますね!

白金眞理子:渡辺真起子

後述します。都知事と厚生労働大臣、表裏一体って感じしてきましたね。喜多見と音羽みたいな感じ。

久我山秋晴:鶴見辰吾

白金が変わっていくと久我山は民自党幹事長の天沼のほうについていくのか、それとも白金についていくのか、彼も今後が見ものですね。

駒場卓:橋本さとし

駒場さんが赤塚知事をどれだけ信頼しているかがわかったし、レスキュー隊もTOKYO MERへの信頼も強固になっているというのがわかる回でした。

赤塚梓:石田ゆり子

ホントに可愛らしい顔したタヌキおばちゃんです。相当覚悟が決まっているんでしょうね。ああいう立場に立たされることもあるだろうと想定済みだったんだろうなと…。

千住幹生:要潤

彼らレスキュー隊が到着したときの心強さよ。今回はピンチの時にやってくるヒーローの立ち位置を彼らが持って行きましたね。

蔵前夏梅:菜々緒

いやいやママ!爆発1分前ですよ!

弦巻比奈:中条あやみ

夏梅さんといい比奈さんといい、肝が据わりすぎですよ。無言の抵抗スゴ!

徳丸元一:佐野勇斗

起きていることを察知してMERカーをスタンバイさせたんでしょうね。残りのみんなも連れてこれるように。みんなカッコイイです。

ホアン・ラン・ミン:フォンチー

彼女の魂の声が警察官を動かします!

天沼夕源:桂文珍

政治の世界が本当にこんなにくだらない世界だったら…本当にくだらない。赤塚さんが希望だ。

月島しずか:稲森いずみ

政治には絶望をとっくに通り越して何も期待していない、見限っているという感じ。自分たちの限界も知っていて守れる範囲の人だけ守ろう…って感じなのかな?かってな憶測ですが。しかし、稲森いずみさんも強い役からほんわかした役までいろいろ演技の幅広いですね。

エリオット・椿役:城田優

でしょ!?消防隊院が「外国人労働者は搬送するなって警察に…」みたいなこと言ったときアレ?城田優じゃね?って思ったんですよね。いよいよ喜多見の空白の1年間に迫るわけですね~

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 感想

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 感想① 悪役たちの変化

感想①-1 新たな障壁、月島登場

これまでの敵は厚生労働大臣の白金でした。敵というか喜多見やTOKYO MERの障壁になる存在ということですね。ヒーローものとして捉えたときは敵です。第1話では千住隊長も敵でしたし音羽は敵か味方か?って感じ。第3話でしたっけ?SITの新井隊長も最初はそう。そこに新たに登場したのがこれまででもっともやっかいそうな“敵”、公安の月島です。稲森いずみさん。テロへの加担疑惑ということですから公安そのものが…ということになりますかね。後半の見応えを盛り上げるには十分な敵でしょう!果たしてラスボスになるのか?

感想①-2 喜多見を知るテロリストも!

ラスボス第一候補はコイツですかね!こちらも今回初登場、椿。城田優さん。
椿は明らかにテロリストのようなので最終的には公安もひっくるめて一丸となって椿をとめるのかな?それこそアベンジャーズよろしく新井隊長まで再登場したりするかもしれませんよね。月島ももちろんヒーロー側になって。やべぇ、わくわくしてきた~!

感想①-3 白金の変化

さて、当初のラスボス候補だった白金さんですよ。彼女の入れ知恵で文珍さん…じゃなかった…天沼が赤塚都知事に責任を擦り付けるための方法を思いつきました。天沼のずる~い責任のおっかぶせに対して正面から受けて立つ赤塚都知事。
「さすがの赤塚知事もお困りのようね」というしてやったりな白金に「ええ、とても混乱しています」などと言いながらも自分にとって不利な賭けをドンと受けて見せました。その時の白金の表情が良かったですね~。よくある安い嫉妬劇のような反応ではないんですよ。
「マジか…コイツすげぇな…もしかして、本物なんじゃねぇの?」みたいな。ちょっと見直しているのが感じられる表情だったんですよね。もしかしたら白金さん、アツいぞ!って期待しました。

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 感想② アベンジャーズな予感

感想②-1 喜多見の深み

喜多見の深み…戦場のなかでの医療行為というのは彼にとっては当たり前の世界だったんだろうなと思わせる人間的なスケールの大きさ。それが彼の魅力ですよね。
今回も公安警察のあの横暴な横やりに食って掛かったりするよりも自分のスタッフや患者にかける安心させる声や笑顔を選ぶような瞬間が何度かありました。
空白の1年間が明かされるのがめちゃくちゃ楽しみです。絶対彼のカッコよさだったり人間的な深みが際立つはずですから。

感想②-2 救急・消防大幅に拡大アッセンブル

消防隊、救急隊の車両がどんどんやってくるシーンは気持ち良かったですね!「西部警察」かよ!って震えました。次回の予告を観ると、一旦喜多見への信頼をぶち壊すためのバブルのような盛り上がりのようでもありますね。これだけ彼を中心に結束が固まったぞ!ってぶち上げておいて落とす…みたいな。
クライマックスに向けて、これは一波乱も二波乱もあるのでしょうか?もうめっちゃ楽しみだ~!!

感想②-3 そして白金の変化

で、ですよ。やっぱり気になるこの人、白金大臣。一件落着して赤塚知事が「よっしゃー!」と帰るときに彼女を呼び止めましたね。この時は白金は腹の探り合いではなくストレートに本心を知りたかったようです。赤塚知事がタヌキっぷりを発揮しちゃって白金さんは残念そうだったんですよね。でも、赤塚さんはその上を行くわけですが…「本当はアナタも青臭く熱い人なんでしょ?お見通しよ。ウフッ♥」みたな態度でしたもんね。
白金も実は医系技官だったことも明かされました。つまり医者の立場から医療制度をもっとよくしたいという音羽と同じような熱い思いを持ってその力を手に入れようとしているのだろう…という感じが垣間見えたわけですよね。
やっぱり白金さん、アツいぞ!ってなればコレ、最後はやっぱりアベンジャーズでしょ!?

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 みんなの感想

では、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第7話のみんなの感想を、Twitterの反応から観てみましょう♪

https://twitter.com/weloveyou3000ts/status/1426916541979709448

ドラマ TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 7話 感想まとめ

これだけ見ごたえあるドラマは近年めずらしいですね。『MIU404』もかなりおもしろかったですがこれはまた一味ちがう。アベンジャーズかエクスペンダブルズかというくらいに骨太感が回を追うごとに増し増しになってきました。

城田優さん大丈夫か?彼らを迎え撃つサノスとして君臨できるか!?ちょっと荷が重くないか?悪役のほうに心配がでてきちゃいました(笑)。城田優さんがラスボスと決まったわけじゃないのに。

 

全ての物語のために

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は見逃し配信しています。全話無料で観れる方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました