吹き替え【クワイエット・プレイス】キャストと見どころ感想 父泣き映画でもある

映画
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved. 引用元:http://paramount.nbcuni.co.jp/quietplace/

吹き替え【クワイエット・プレイス】キャストと見どころ感想 父泣き映画でもある

映画『クワイエット・プレイス』すっごくシンプルだけど怖かった~!

戦う家族!お父さ~~~~ん!!!

では、映画『クワイエット・プレイス』を振り返ってみましょう♪

映画『クワイエット・プレイス』はU-NEXTで配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

映画 クワイエット・プレイス ネタバレあらすじ

映画『クワイエット・プレイス』
2018年 アメリカ作品

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
引用元:http://paramount.nbcuni.co.jp/quietplace/

 

「……!」

音に反応して襲撃してくる得体のしれない生物によって人類は滅亡の危機にさらされているようです。リー・アボット(ジョン・クラシンスキー)と妻のエヴリン(エミリー・ブラント)は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びてきました。会話は全て手話、足音も立てないよう裸足で歩いています。静寂を保ちながら暮らしていたアボット家を襲う悲劇。そしてエヴリンの胎内には新しい命が宿っていて…。

映画 クワイエット・プレイス キャスト・吹き替えキャスト と見どころ

映画 クワイエット・プレイス キャストと吹き替えキャスト

イヴリン・アボット:エミリー・ブラント

エミリー・ブラントは『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でトム・クルーズ演じる主役が死に戻りのループに入る前に実は死に戻りを経験していたという最強戦士のリタ・ヴラタスキを演じたことで、体を張ったアクションものの出演が増えましたね。『クワイエット・プレイスPART2』では文字通り戦うお母さんです!期待しちゃう!

吹き替えキャスト:園崎未恵

『マイ・インターン』でアン・ハサウェイの声を担当された声優さんですね。落ち着いた大人の女性の役が似合います。アニメ『僕のヒーローアカデミア』でオールマイトの師匠である志村菜奈の役もされている人。エミリー・ブラントがこの声で話しているのかと錯覚していました。

リー・アボット:ジョン・クラシンスキー

このお父さんの活躍は、同じ父親として涙なしでは語れない!演じるのはジョン・クラシンスキー。なんと、この「クワイエット・プレイス」の監督・脚本・製作総指揮を務めている人じゃないですか!ちなみにPART2も。

吹き替えキャスト:星野貴紀

星野貴紀さんは、低いイケメンボイス。アニメ『宇宙兄弟』では一見チャラそうに見えた新田零次訳を、アニメ『モブサイコ100 II』では頼りない雰囲気だけど超能力は強い芹沢の役をしています。『モブサイコ100』の最新OVAでは芹沢が「霊とか相談所」に雇われたので出番が増えましたね。

リーガン・アボット:ミリセント・シモンズ

耳が聞こえない役ではなく、ミリセント・シモンズ本人が聴覚障害があり聞こえないそうです。手話の啓蒙活動にも熱心なんだとか。エミリー・ブラントにも絶賛された演技。『PART2』も期待が高まりますね。(参照:https://www.vogue.co.jp/celebrity/risingstar/2018-10-02/millicent-simmonds)

マーカス・アボット:ノア・ジュープ

ノア・ジュープは『フォードVSフェラーリ』でクリスチャン・ベール演じるケン・マイルズの息子を演じた子です。出ている作品がビックで役どころも演技を重視されるものなので注目もあつまるでしょう。今後の活躍が楽しみですね。

吹き替えキャスト:宇山玲加

舞台女優さんなのでしょうか?声優さんとしては特に洋画の吹き替えや海外ドラマの吹き替えが多いようですね。

映画 クワイエット・プレイス の見どころ

クワイエット・プレイスの見どころ① 音をたてると即死

冒頭からモンスターの姿かたちは映されないのですが、そのモンスターの容赦のなさは思いっきり描かれます。おかげで全編を激しい緊張感が貫いています。かなりかなりか~な~り!厳しい状況。こんな世界で生きるなんて…精神も強くないと無理!

クワイエット・プレイスの見どころ② 手話と表情と息づかいの演技

まさに映画ならではと言えるかもしれません。セリフがほとんどない。正確には声を発するセリフがほとんどないんですね。メインキャストでさえ手話でやり取りしますから。その代わり表情、全身を使った表現、そして息遣い。それらすべての演技が見どころ。それで感情を表現するわけですから。

映画 クワイエット・プレイス の感想と評価

映画 クワイエット・プレイスの感想

クワイエット・プレイスの感想① 90分の使い方がとてもうまい

90分程度の尺です。でもとても長かったようにも感じるしかといってダレるシーンはありません。
つまりテンポよく話が進み奥行きがある物語になっているので観客はたったの90分で大冒険を味わうはめになるわけです。

クワイエット・プレイスの感想② 怖さも迫力も一級品

とにかく最初の容赦のない行為で観客の救いを奪います。希望を奪われます。ほんっと~に!容赦ない。だから、この先のアボット家の行く末が一時も気を抜けないわけです。確かに実態はあるのになかなか姿を見せない敵の演出も上手いですね。要するに素早いわけです。声を出したら即死なわけですからかなり早い。迷ったりもしない。だから緊張感も迫力あるし怖さも迫力あるんですよね。

クワイエット・プレイスの感想③ それでも

それでもこの家族には生き残って欲しい!って思ってしまい手に汗握りました。お父さんの行動ももう仕方ない。なんとか生き残って欲しい!生き残りますともハイ。だから続編があるでしょ?そこは安心してください。
でも、この作品の冒頭から貫かれている演出を観れば「PART2」でも生き残れる保証はまったくできませんけどね!

映画 クワイエット・プレイスのみんなの評価

映画ファンでこの作品を評価している人はみんな臨場感を感じているようですね♪Twitterから少しだけピックアップしてみます。

映画 クワイエット・プレイス キャストと見どころ感想まとめ

『クワイエット・プレイス』は「音を立てたら即死」という設定で90分見せる映画です。めちゃめちゃシンプルなアイディアですが、そこに家族のドラマがあり終始緊張感を演出しつつダレさせずに最後まで観客を連れて行くのは作り手に腕があるからこそです。今、瞬の女優エミリー・ブラントの体当たり演技もカッコイイ!コロナでどんどん延期される続編の公開ですが、早くみせておくれ~!!延期されているうちに1をもう一回チェックしておいてもいいかも!

 

全ての物語のために

映画『クワイエット・プレイス』はU-NEXTで配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました