ネタバレ注意 映画【凪待ち】キャスト紹介 見どころと感想 救いは愛

映画
©2018「凪待ち」フィルムパートナーズ 引用元:https://twitter.com/nagi_machi

ネタバレ注意 映画【凪待ち】キャスト紹介 見どころと感想 大きな愛

映画『凪待ち』を観ました

香取慎吾さん、実力派俳優って感じで凄かったね

では、映画『凪待ち』を振り返ってみましょう♪

映画『凪待ち』は動画配信サービスで配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

映画 凪待ち あらすじ

映画『凪待ち』
2019年 日本

ギャンブル依存症の木野本郁男(香取慎吾)。恋人である亜弓(西田尚美)の故郷、石巻へ一緒に帰ることになりました。亜弓の父・勝美(吉澤健)が末期のがんで余命わずかとなったからです。
郁男はギャンブルは一切やめると亜弓と約束をして…
亜弓には娘、美波(恒松祐里)がいて大人の都合で引っ越しを余儀なくされることに不服を抱いていますが、郁男にはなついていました。
石巻では近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話をしていました。人当たりのいい世話焼きの小野寺は郁男の就職先も世話してやったのです。
新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだしました。会社の同僚たちが競輪の話題をしているところに思わず入ってしまったことからまたギャンブルを始めてしまう郁男。
そんな中、美波の帰りが遅く心配する亜弓と郁男が夜の街を探しに出ることになり、2人は口論になります。口論の末、郁男は亜弓を車から降ろし、別々に美波を探すことに…。
ところが郁男が美波を見つけ亜弓に連絡をさせると出たのは警察でした。亜弓は郁男の車を降りた後、何者かに殺害されたのです。
亜弓は自分を責め、郁男もどんどんギャンブルにのめりこみ自暴自棄になっていく中で…

映画 凪待ち キャストと見どころ

映画 凪待ちの主要キャスト

※重要なネタバレがあります

木野本郁男:香取慎吾

主人公です。彼のダメさが違っていただけでもっといろいろ上手くいっただろうことがよく分かる。本当にダメな男です。でも、どこか当たり前の正義も持っているんですね。だから嫌いになれない。このダメな男の役を演じるのが香取慎吾さんです。アイドルの顔は微塵も感じさせません。ダメな郁男にしか見えない。これは評価されますよ!

昆野美波:恒松祐里

亜弓の娘です。3.11の傷が人々に残している爪痕を体現する役のひとりでもありますね。郁男は彼女にとっての救いでもあったようです。郁男にとっても美波は救いになるのか?見どころですね。

昆野亜弓:西田尚美

郁男の恋人です。里では人気者だったようです。この映画では郁男のダメさが中心の映画です。その郁男のダメなところもちゃんと知っていて、それでも愛してくれている。大切にしないといけない人ですね。でも、不幸な展開になるんですね…。

昆野勝美:吉澤健

亜弓の父親です。物語の鍵になる人です。最初は郁男が話しかけてもまったく答えません。ただ黙って早朝(ほとんど深夜)に病気の体を無視して寮に出ちゃう。家族の心配も無視です。でも…なんですよ。

村上竜次:音尾琢真

「きちがいかアンタァ!」という郁男に向けたセリフに共感しちゃいました。最初は嫌味な感じで登場しますが彼の立場からすれば戻ってきた元妻に言ってやりたいことも有ったのでしょう。郁男がイチバン苦しいときに彼のために声をかけると郁男の八つ当たりの的になっちゃって…マジでそこは同情しました。

小野寺修司:リリー・フランキー

昆野家の面倒をよく見てくれる近所の人。亜弓の幼馴染ということになるんですかね。村上も幼馴染だそうです。田舎の狭い町ですね。小野寺は製氷工場で働いています。本当によくしてくれるんですよ。郁男のことも…

映画 凪待ち 見どころ

※重要なネタバレがあります

映画『凪待ち』の見どころ① 最後まで観るべき

まず、この映画は最後の最後まで観るべき映画ですね。全体的には暗く重いテーマですし雰囲気もかなりツライです。登場人物たちの苦しみや誘惑に負ける郁男に観ているこちらも感情をかき乱されます。でも、どん底のどん底で人の救いになるものは何なのか?それを描いている作品で、それは本当に最後にしか示されません。しかも途中の辛いシーンで味わう感情をすっ飛ばしちゃうと意味がなくなる。だからちゃんと腰を据えて最後まで味わう映画ですね。精神的に余裕があるときに観た方が良いかもしれません。

映画『凪待ち』の見どころ② 香取慎吾…演技派俳優化

香取慎吾さんと言えば映画は『NIN NIN 忍者ハットリくん』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とか、テレビドラマも『西遊記』など、実在しないキャラクターの実写版を演じていた印象が強いですよね。普通のドラマでわたしが好きだったものに『恋はあせらず』という織田裕二さんとダブル主演のものがありましたが、当時はまだ若者でした。若いアイドルがドラマに出ているというイメージ。
『凪待ち』はそんな香取慎吾さんがSMAP解散&ジャニーズ退所後の俳優復活作品でもあるようですね。アイドル的な雰囲気は一切出さず、ニンニンも言わず、ひたすらダメダメ~な人間臭い中年を演じ切っています。
公開時にも評判になっていましたが、コレは見事に演技派俳優への転身を成功させた代表作と言えるでしょうね。

映画『凪待ち』の見どころ③ ダメ人間は何で変われるのか

郁男は本当にダメ人間なんです。人として当たり前優しさや正義は持っているのですがギャンブル依存症であることを自覚しつつそこから抜け出せない。自分でもクズだと思っているんですね。だから自分でもどんどん自分をダメな方ダメな方へ導いていっちゃいます。普通なら見捨てられてもしかたがない。観ている観客もしんどくなるダメ具合です。でも凄いですね~。彼が変われるのか変われないのかはわかりませんが最後の最後でちゃんと救いがある。とてもリアルなヒューマンドラマですよ。その中で最後の救いは強烈に響きました。本当の意味での愛をリアルに見せつけられます。

映画 凪待ち の感想と評価

映画 凪待ち の感想

※重要なネタバレがあります

映画『凪待ち』の感想① 最後まで観てよかった

見どころのところでも書きましたが、これは絶対に途中で止めていい映画ではないです。日本映画らしい映画ですね。娯楽エンターテインメントとはまったく別種類のヒューマンドラマ。紹介文では確かヒューマンサスペンスとなっていましたね。人が死に犯人が誰かわからない…。とはいえ謎解きミステリーではないんです。意外な犯人も明かされますが、描かれるのはそこじゃないんですよね。自分を責めながら生きる人たちがそれでも支え合って生きていく様を3.11後の被災地を舞台に見せている。そういう作品なんだと思います。
自分を責めているのは郁男だけではありませんからね。本当に途中で止めたくなるくらい重いシーンが続きましたが、最後まで観てよかったです。

映画『凪待ち』の感想② 自分さらけ出すことで

色々考えちゃいました、観終えた後。まだ何日か引きずりそうです。かなり重かったので。郁男は本当にダメ人間です。コッソリ恋人のへそくりをくすねてギャンブルに使っちゃいます。でも、そのダメな自分が周囲にもダダ漏れなんですね。コソコソしててもバレちゃう。で、バレている自分ごと「自分はこんなもんだ」と開き直ってもいるんですね。バレてまでウソついたりはしない。やらないと約束したのにやっちゃうという意味では嘘つきですが、やったことをやってないとは言わないという意味では正直。ダメな奴ならダメなヤツでその自分のまま人と接しているというある意味の正直さがあるからそんな郁男ごと受け止めてくれる人もいるんだろうなとも思いました。自分で自分を偽ってはいないということですかね。これはこれで非情に難しいことだと思います。

映画 凪待ち みんなの感想・評価

※重要なネタバレがあります

では、映画『凪待ち』を他のみんなはどのように評価しているのでしょうか?Twitterの反応から一部ですが垣間見てみましょう♪

映画 凪待ち 感想まとめ

※重要なネタバレがあります

まずは主演の香取慎吾さんの役者としての新しい魅力がやっぱり光りますよね。大切な人が死んでもギャンブル依存から抜け出せず、何重にも自分を責め続ける郁男。そして、自分のせいで母が死んだと自分を責める美波。勝美もまた、震災の津波のときに妻と一緒にいてやれなかったせいで妻が津波にのまれたと自分を責め続けていました。あの犯人は、なぜ亜弓を殺したのか?動機はわかりません。なんとなく感じるしかない。いやなんとなくわかるようにできています。とにかく自分を責めていきている3人の物語。
これ…救いあるのかな~。ツラすぎるな~と感情を突き落とされて、どん底でもそれがあったか…と、郁男と一緒に泣いちゃいました。

 

全ての物語のために

映画『凪待ち』は動画配信サービスで配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました