SNS殺人への提言 ドラマ【アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~】1話 感想と評価

ドラマ
⒞「アノニマス」製作委員会 引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/

SNS殺人への提言 ドラマ【アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~】1話 感想と評価

ドラマ『アノニマス』1話観ました。なんか静かに熱くなった。

香取慎吾さん、貫禄あるね~

では、ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』第1話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』は見逃し動画配信もしています。全話お得に観る方法もありますよ♪

ドラマ アノニマス 1話 あらすじ

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』
第1話

 

「指殺人対策室」=指対(ゆびたい)…。警視庁がSNS等の誹謗中傷の撲滅を目指して設立した新設の部門です。市民からの相談にのる専門部署。そのメンバーに選ばれたのは万丞渉(香取慎吾)を始め、どこかクセのありそうなメンバーたち。新人刑事の碓氷咲良(関水渚)はみんなに自己紹介しますが万丞の人を寄せ付けない態度から早速ギスギスしている新設の指対。そこへ最初の依頼人がやってきます。誹謗中傷を苦に自殺したモデル・真田梢(八木莉可子)の両親(松平健・床嶋佳子)。なぜ娘があんな誹謗中傷で死ななければならなかったのか?涙ながらに訴える真田夫婦に咲良は「絶対に犯人を逮捕してみせます!」と約束してしまい…。

ドラマ アノニマス 1話 キャストと見どころ

ドラマ アノニマス 1話のキャスト

メインキャスト

万丞 渉(ばんじょう わたる):香取慎吾

元捜査一課で鋭い洞察力を発揮して活躍していましたがある事件をきっかけに第一線から外され、この部署に異動してきたようです。その傷が彼のキャラクターに深みを与えているようです。ふと見せる熱さも。香取慎吾さん、貫禄出てきましたね~。

碓氷咲良(うすい さくら):関水渚

新人刑事です。初々しくはつらつとやってきましたが万丞と組まされて出鼻をくじかれます。でも勝気ですね。1話目で「大っ嫌い!」って本人に言ってましたから(笑)。物語上は視聴者の目線に近い役割を担ってくれるヒロインということになりそうです。関水渚さんの出演作品はまだ拝見したことありませんでした。これからの人って感じなんですね。

菅沼凛々子(すがぬま りりこ):MEGUMI

『極主夫道』の町内会長役から一転して一応エリートという感じでしょうか、役の違いのせいかスラっと若返ったようにすら見えます。さすが。公式サイトでは「鬼女」とか「勝気な女性」と書かれていますが、第1話では万丞に打ちのめされる碓氷のクッション役として優しい先輩でした。

四宮純一(しのみや じゅんいち):清水尋也

公式サイトによるとホワイトハッカーだそうです。つまりコンピューターを使っていろいろ調査するのが得意な人なのでしょう。今後、彼がどう生きてくるのか?

越谷真二郎(こしがや しんじろう):勝村政信

指対のメンバーを束ねるリーダー。室長ですね。穏やかな人柄のようですが、適材適所を演出するタヌキ親父てきな面も持っている様子。万丞と碓氷を組ませたのも考えがあってのことの様ですからね。人の上に立つべくして立っている人のようです。そういうのちょっと期待しちゃう。

倉木セナ(くらきせな):シム・ウンギョン

回想シーンで出てきただけです。どうやらこの人の死が万丞の闇に繋がっている模様…

羽鳥賢三(はとり けんぞう):山本耕史

出ました山本耕史さん。香取慎吾さんの大親友…というか山本耕史さんが香取慎吾さんのこと大好きですよねたしか。NHK大河ドラマ「新選組!」での意気投合が大きいのかな?羽鳥は捜査一課の刑事で、彼も万丞の過去を知る1人のようですが水が合わないのかやけにつっかってくるようです。今後、鍵になってきそうですね。

ゲスト

真田光洋:松平健

梢の父です。松平健さんが一般いそうな普通のオッサンを演じているのが非常に新鮮でした。しかもめっちゃ説得力がある。

真田麻衣子:床嶋佳子

梢の母ですね。この人の訴えが心を打つのですが、途中でもう捜査しなくていいと言い出すときも胸が痛みます。

真田梢:八木莉可子

冒頭で自殺してしまう被害者のモデルの卵。死んじゃダメ!でも、疲れていて生活が乱れているとそういう当たり前の思考が回らずこんな気持ちになっちゃうから気を付けて!

古賀有希:中田青渚

梢のモデル仲間。中田青渚さん『ここは今から倫理です』にも出てますよね。まだ喋ってないけどこれから出番でてくるのかな。

岩永伸介:山中崇

『バイプレイヤーズ』に出てくれてもいいくらい重要な役者さんです!

ドラマ アノニマス 1話 の見どころ

ドラマ アノニマス 1話の見どころ① 復活の香取慎吾

香取慎吾さんのドラマ復活作品ですね。映画では2019年に『凪待ち』という作品で復活しています。実力派俳優としての復活で作品もその演技も話題になっていましたね。わたし未見なんですけどね。ドラマ『アノニマス』はテレビドラマへの復活ですよ。映画『踊る大捜査線THE FINAL』でも迫力のある悪役でしたが、万丞役はさらに貫禄がついて渋さが増していました。

ドラマ アノニマス 1話の見どころ② 作り手の意気込み

物語や演出から作り手の意気込みを感じちゃいますね。同じ時間帯の全シーズンのドラマが『共演NG』でした。あのドラマのクライマックスで日本のドラマのレベルが海外作品に比べて劣っていることへの悔しさが語られましたよね。ああいう思いを持っている作り手が集まってるんだろうなというのを感じました。指殺人なんて犯人を突き止めて解決という話にするのは難しいでしょ?でもそこにちゃんと挑もうとしています。

ドラマ アノニマス 1話 感想と評価

ドラマ アノニマス 1話の感想

ドラマ アノニマス 1話の感想① 今シーズン1・2位を争う見応え?

今シーズンのドラマはちゃんとチェックしていなかったせいかかなり出遅れちゃいました。『青のSP』なんて3話まとめて観ちゃいました。でも、TwitterやTVerのおかげで遅れてもなんとかついていける。ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』もTwitterで今シーズン1番見応えあるというつぶやきから興味を持ってTVerでチェックしました。2話目からは録画予約してます。実は『青のSP』も結構見ごたえあって、宮藤官九郎脚本の『俺の家の話』も良くて、その3作品でわたしの中の今シーズン見応えNo1を競っています。作品が内包している圧力としてはやっぱり『アノニマス』がイチバンかな~。

ドラマ アノニマス 1話の感想② ふつふつと熱い

『西遊記』とか『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とか『忍者ハットリくん』とか現実離れしたキャラを演じることが多かった香取慎吾さんがぐ~っとこらえる寡黙な役です。どこかシラケているようにも見える。でも、クライマックスで万丞の熱さが出てくるんですね。それもワーキャー叫んだりするわけじゃないんです。あくまでトーンは抑えたまま。でも力強く熱を伝えてくる。内に秘めた熱。1話はお話も結構緻密に丁寧に作られていたように感じますが万丞の熱の表現にもグッときました。

ドラマ アノニマスのみんなの評価

※重要なネタバレがあります

では、ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室』第1話のみんなの評価をTwitterでの反応からほんの一部ですが拾ってみましょう。

ドラマ アノニマス 感想と評価まとめ

海外ドラマを彷彿とする映像感を感じている人もいるようですね。実際撮影にも力入れているのは感じます。決して派手なドラマではないですがエンタメながらズシリと重量感もあってかなり誠実につくっている気がします。Twitterを観ていると番組のプロデューサーさんなのかな?作り手側の人の手ごたえとして2話目3話目の手ごたえもかなりいいみたいですね。期待させていただきましょう!

 

全ての物語のために

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』は見逃し動画配信もしています。全話お得に観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました