ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 見逃し配信 キャストと感想 感謝です!

ドラマ
©テレビ朝日 引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 見逃し配信 キャストと感想 感謝です!

BG身辺警護人(2020)シーズン2最終話
最後まで面白かった~!

ラストまで先の読めない展開でドキドキした!

BG身辺警護人(2020)に7話(最終回)を振り返ってみましょう♪

この記事は、ドラマ「BG身辺警護人(2020)」第7話(シーズン2最終話)のあらすじや感想を紹介しています。

若干のネタバレはありますが、これから観る人の楽しみを奪うようなネタバレにはなっていないはず。それでもネタバレが気になる人は、先にドラマ「BG身辺警護人(2020)」第7話を観られることをおススメします!

ドラマ「BG身辺警護人(2020)」はテレ朝動画、TVer、TELASAで無料で観れます。

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 ネタバレあらすじ

ドラマ「BG身辺警護人(2020)」
7話 最終回

©テレビ朝日
引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/

なぜ守るのか?なぜ用心棒なのか?

島崎章(木村拓哉)を付け回していた謎の男加藤一馬(中村織央)。元警護課の警察官でした。加藤が総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を再び襲い、大手警備会社「KICKSガード」を擁する「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)の指示でやったと発言したことから劉は警察に追われることになりました。
敵視していたはずの章に「護ってほしい」と依頼してきた劉。高梨雅也(斎藤工)は劉の警護を受けようとする章に猛反対し2人は決裂してしました。
劉と落ち合い経緯を聞いた章は、確実に危険な任務を一人で引き受ける覚悟を決めるのでした。
一方、菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)らKICKSガードの面々は警察に協力し劉を捜すことになります。桑田はKICKS身辺警護課長・小俣健三(勝村政信)に暗に劉の殺害を指示するのでした…!

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 キャストと見どころ

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 主要キャスト

島崎章:木村拓哉

男性のわたしが観ていても今シーズンの「BG身辺警護人(2020)」はため息が出るカッコよさでした。島崎章は高梨との相棒関係があり、笠松先生との関係もあり息子の瞬との関係もありました。それぞれが物語に深みと緊張感を醸し出し、木村拓哉さんの演技の深みも見事に対応していましたね!

高梨雅也:斎藤工

高梨のおかげで島崎のお茶目さや、島崎親子の良さが垣間見えることが多々ありました。高梨自身がお茶目な“子”でもありましたね。ガタイは島崎よりずっとガッチリしてるのに。瞬にまで笑われるお茶目さ。斎藤工さん、また高梨を演じてください!

劉光明:仲村トオル

ずりィィィ~よ!劉さん。ハンサムな悪役が改心するときほどカッコよく見えることはない!非を認めて公表した劉は信頼できると思いました。罪は償ってね。次は仲村トオルさん。また「空飛ぶタイヤ」や「ラストチャンス 再生請負人」みたいな必死な善良な人の役が観たいです!

沢口正太郎:間宮祥太朗

シーズン1のどこか緊張感の足りなかったワカモノからは脱皮して、さらに大人としての成長を続けている沢口。まだまだいろいろなことに納得いっていないけど…という微妙な若さを絶妙に演じてくださいましたね。間宮祥太朗さん。「ハケンの珍客」などへもゲスト出演している模様。

菅沼まゆ:菜々緒

最後まで菅沼は女性としての可愛らしさを保っていました。どちらかというと怖い役が多い菜々緒さん。怖い役はめちゃくちゃ怖くて、かわいい役は本当に可愛らしい。菅沼まゆのファンになりました。

笠松多佳子:市川実日子

進展しなくていい…か。でも、それでもとても愛を感じる男女の関係。男女の間に本当の友情は成り立つか?成り立たないか?って議論が良くありますが、成り立つとしたらこういう2人の関係性の先にあるんじゃないだろうか?と感じさせてもらえた素敵な役どころでした。

島崎瞬:田中奏生

最後の名台詞、かっこよすぎて生意気すぎて、可愛らしくて膝を叩いてしまいましたよ!息子と同じくらいの年頃。ウチの息子もわたしの中では少年のままですが本人はこんな風に成長してるんだろうな…。田中奏生さん、コレを機にこれからどんどん役が増えていくのかな?

小俣健三:勝村政信

んん?アナタのわだかまりは…?コレで本当に終わったのかな?一応演出上はワルい方向に行くのに歯止めをかけた…的に受け取れるような幕引きでしたね小俣さん。続編が作られるときに、この人の存在がどんな風に扱われるのか?実は一番気になる点が残っちゃった人です。

加藤一馬:中村織央

謎の男…改め加藤一馬。この人も、まだまだどう転ぶかわかりませんね。ねじ曲がった自分の感情をどう扱って良いのかわからない様子のまま終わりました。取り押さえたのが小俣さんでかつ、あのセリフを投げかけたのも小俣さんでよかった…って、なって欲しい。中村織央さん今まで意識したことなかったけど、「永遠の0」や「グラスホッパー」にも出てるのか…改めて意識して観たいと思います。

桑田宗司:小木茂光

今回は劉社長の引き立て役でしたね桑田さん。でも劉社長に「友人として」言葉をかけられたんだから、この人も自分を見つめる日が来ればいいね。小木茂光さんはこういう役多いけど、すごく誠実な役も似合う人ですよね。「鈴木先生」で生徒の親として出てきたときは先生との面談だけのシーンでしたけど今思い出してもシビれます。小木茂光さんの「折に触れ…で良いんじゃないでしょうか」という強く優しい言葉は自分の人生にも大きく影響しています。

中島小次郎:道枝駿祐

軽~い!!。天使の羽のランドセルか!って言うくらい軽かったですね。飄々とした現代の若者。最後まで物語には直接関係しない、息抜きキャラでしたね!
まあ、緊張感の高い作品には必要です。

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 見どころは?

BG身辺警護人 7話 最終回 見どころ① ゲストなし!レギュラーの本気

1話目からこのドラマが本気だということがわかったのはゲストがシーズン1のような「ザ・スター」という華やか人たちではなく、実力派の役者さんたちばかりだったから。でも今回は最終話。ゲストは出ません!レギュラー陣だけで繰り広げられるサスペンスアクション。こういうクライマックスが観たかった!というレギュラー陣の本気の演技が見応えありましたね。

BG身辺警護人 7話 最終回 見どころ② 最後まで緊張感

本気の演技で見せる本気のアクションドラマ。お話の展開も最後まで先が読めなくて緊張感の連続でした。視聴者が楽しもうと割り切って楽しむのではなく、自然と視聴者を作品世界に引きずりこんでいく作りかたを最後まで貫いて頂けたおかげで、最後に「面白かった~!」って思える。全編みどころでしたね。

ドラマ「BG身辺警護人(2020)」はテレ朝動画、TVer、TELASAで無料で観れます。

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 感想と考察

※結末に関する重要なネタバレがあります

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 感想

BG身辺警護人 7話 最終回 感想① 見応え充分以上!

このコロナ情勢下、厳しい制約の中でスタッフ&キャストが全力以上を出して作っているというのが本当に伝わってくる緊張感。脚本が良くても映像や演技が良くなければこんなに面白くはならないですよね。シーズン3がもしできるとしたら、自らハードルを上げたことになりますが、このクオリティー以上のモノを見せてくれるのかな…。

BG身辺警護人 7話 最終回 感想② さすが井上由美子さん

用心棒を主人公にしたアクションサスペンスドラマ…というと、男くさい骨太ドラマを自然とイメージしちゃいます。もしこの作品がそういう部分を無くしてドラマにばかり焦点を当てていたらこんなに面白くなっていなかったでしょう。でも男くさい骨太アクションばかりになっていてもこんなに面白くなっていなかったですよね。その辺の塩梅が絶妙でした。ドラマがちゃんとサスペンスアクション部分に生きていて必然性のある緊張感充分のアクションが展開される。魅力的な登場人物の人物像を感じられているからこそのハラハラドキドキ感が味わえて視聴者冥利に尽きるドラマでした。ありがとうございました!

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 考察

BG身辺警護人 7話 最終回 考察① 綺麗事だけど

「嫌な奴だから信じられなくて、良い人だったら信じられるのか?」この問いかけはズシ~ン!と来ましたね。きれいごとだって切り捨てるのは簡単で、きれいごとこそ貫くのが難しい厳しい道だったりするんですよね。建前できれいごと言って、本音は違うってのは大嫌いですけど。現実なかなかきれいに生きられないけどきれいごとににじり寄ろうと一生懸命な不器用な人たちは大好きです。

BG身辺警護人 7話 最終回 考察② 信じるって難しいけど

信じるって難しいけど、こんな自分でも信じてくれる人がいるなら…その人たちには信じてもらいたい…。劉の「信じてもらいたいと思える人たちができたから」という心変わりは心をもって生まれた人として、納得できる言葉でした。信じるって難しいけど、自分が信じることで相手がそう感じてくれる日が来るのなら、やっぱり信じたいって思えますよね。まずは家族からそれを始めましょう!

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 みんなの反応

ほかのみんなはどんな気分で「BG身辺警護人(2020)」7話を見届けたのでしょうか?少しだけ覗いてみます。

 

ドラマ BG身辺警護人(2020)7話 最終回 キャスト見どころまとめ

1話~6話まで、毎回メインとなるゲストが実力派ばかりでドラマに深く入り込むことができました。この7話はメイン…つまり警護対象がレギュラーで出ていた劉社長、仲村トオルさんです。レギュラー陣だけで繰り広げられるドラマ。これまで作品を支えてきたみんなでラストを飾るんだという意気込みが感じられる出来だったと思います。改めて思うのが、木村拓哉さんが『アイドル木村拓哉』ではなく『役者 木村拓哉』という貫禄を今まで以上にバシバシ醸し出していたということです。昔から木村拓哉さんが出るドラマは好きなものが多いのですが、この「BG身辺警護人(2020)」他の役者やスタッフの方とのグルーブ感が視聴者にも伝わってきていたと思います。きっと現場はいいチームワークだったのではないでしょうか。シーズン1のラストではあまり思わなかった「続編が観たい!」という感覚がこんなに強く生まれるとは!「コロナで大変な中、改めて、力のこもったステキな作品を届けてくださり本当にありがとうございました!」と感謝せずにはいられません。

 

全ての物語のために

ドラマ「BG身辺警護人(2020)」はテレ朝動画、TVer、TELASAで無料で観れます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました