ドラマ dele(ディーリー)1話 動画無料 あと一歩の説得が…

ドラマ
©本多孝好・PAGE-TURNER / tv asahi 引用元:http://dele.life/

ドラマ dele(ディーリー)1話 考察
あと一歩の説得が…

引用元:http://dele.life/

情熱をこめて説得しているのに後一歩が伝わらない…

そういう悩みのヒントになるかもです。

行動を変えるには感情を変えてもらう必要があります。

先に結論を言うなら「物語」は伝えたか?…です。

別に長編小説を語れと言っているわけじゃないですよ!

 

再放送を待たなくても全話無料で観れます!
(2021年6月30日 23:59まで配信)

ドラマ「dele(ディーリー)」
第1話

を観ました。

 

この記事は、ドラマ「dele(ディーリー)」第1話のあらすじや感想、見どころを紹介します。
ストーリーセラピーでは、情熱を伝えた後に行動に変えてもらうためのひと押しについての考察です。

あなたがドラマ「dele(ディーリー)」を楽しんだり、情熱をもって伝えているのに後1歩が伝えきらないという人のヒントになれば幸いです。

 

若干ネタバレはしていますが、作品鑑賞の楽しみを奪うほどのネタバレはしていないはずです。

また、ドラマ「dele(ディーリー)」の動画を全話無料で楽しめる情報も紹介しています。
再放送を待ち望んでいる方、興味を持った方はすぐに楽しめます♪

 

※ドラマ「dele(ディーリー)」を無料で観る方法
U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。
ドラマ「dele(ディーリー)は完全無料見放題。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>
※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

ドラマ dele(ディーリー)1話 ネタバレあらすじ

 

ドラマ「dele(ディーリー)」
第1話

 

真柴祐太郎(菅田将暉)は警察に捕らえられます。

彼は何でも屋。

ある家族を救えるかもと思い母親に頼まれて父親のもとから子どもを連れ去ったのです。

警察もみんな、その子を守ろうとしている。

そのことをその子に感じてもらうことが目的…

祐太郎の目的は果たせていたのです。

 

被告人として出廷しいた祐太郎に興味を持ったのは弁護士・坂上舞(麻生久美子)。

すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介しました。

 

それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が営む「dele. LIFE」という会社をの手伝い。

 

圭司が単独で従事しているのは秘密裏の仕事です。

クライアントの依頼を受け、その人の死後に不都合なデジタル遺品をすべて“内密に”抹消すること。

 

そんな圭司のPC端末に入っているプログラム「モグラ」がある信号を感知します。

 

ゴシップ記者をしている依頼人・安岡春雄(本多章一)のデバイスが、まったく操作されなくなったのです。

 

死亡確認に向かわされたのが祐太郎。

彼は出向いた先で、安岡の妻と息子・(川口和空)に出会います。

 

そこで俊と安岡が交わした“約束”について知るのでした…

 

祐太郎が転落死したと思われる安岡の遺体を発見したため、圭司は即座にデジタル遺品を削除しようとします。

 

しかし発表されているように自殺だとは思えない祐太郎。

他殺の可能性を主張して証拠を見つけるためにも、デジタル遺品の中身を確認しようと言い出します。

 

祐太郎の思いに揺らいだ圭司はあるスケジュールアプリのファイルを見つけ、安岡が片山薫(江口のりこ)という城南署の人間と頻繁に会っていたことが判明。

 

祐太郎は事情を聴くため、薫のマンションを訪れ、中から出てきた謎の男・牧野(般若)に突如襲わるのでした…

 

一方、圭司はデジタル遺品の中に“とんでもない事実”を格納した隠しフォルダを発見し…。

 

ドラマ dele(ディーリー)1話 感想と見どころ

 

ドラマ dele(ディーリー)1話 感想と見どころ① 菅田将暉と山田孝之ダブル主演の痛快作!

 

放送当時、気にはなっていたんですよね。

作品を観れる時間て限られていますからね。

 

その当時は他の作品を観るので精一杯でした。

 

今回U-NEXTにどんな作品がランナップされているかいろいろと見ていた目につきました。

他にもたくさんあるんですよ観たいやつ!

 

その中で今回選んだのがコレ。

 

菅田将暉さんと山田孝之さんのダブル主演での深夜帯のドラマ。

 

実験的な意欲作が多い深夜帯のドラマで既に超売れっ子のこの2人が主演て…

力が入ってないわけがないですよね。

 

U-NEXTの『見どころ』から引用しますと…

『真夜中の五分前』の本多孝好や『CRISIS』の金城一紀など、毎回違う脚本家がオリジナルのストーリーを手掛ける1話完結型ドラマ。主演の2人に加え、豪華な共演陣にも注目。

とのこと…。

 

金城一紀さんが書く話もあるんだ!

 

とちょっと浮足立って飛びついちゃいました。

 

また、脚本家で作品を観ることが多いわたしにとっては

『毎回違う脚本家がオリジナルのストーリーを手掛ける1話完結型ドラマ』

という部分にもグッと惹かれました。

 

実験的だし、アクションエンタメ和製ドラマのニオイがプンプン。

 

金城一紀さんといえば「SP」とか「奥様は取扱注意」とか…
小説なら「GO」とか「フライ,ダディ,フライ」とか…

 

ですよね。

 

エンドクレジットを観ていたら、第1話の脚本は金城一紀さんではありませんでしたが…

なんと!アクション監督に金城一紀さんの名前が!

 

カリでしょ。

 

「SP」とか「CRISIS」のあの格闘術ですよね。

 

超実験的ですね。

 

ドラマ dele(ディーリー)1話 感想と見どころ② スピーディでアップテンポな謎解きに…

 

基本的には探偵ものの変形型。

よくある設定構造ですよね。

 

名探偵ホームズとワタソン。

 

菅田将暉×桐山 漣の「仮面ライダーW」もそうでした。

菅田将暉の役どころが入れ替わっているのも面白い。

そういえばテレビ朝日つながりでもありますね。

 

スピーディーに展開するサスペンスミステリーにアクションアドベンチャー的なわくわくも盛り込んで軽快なスリル感で楽しませてもらいました。

 

そして、それだけじゃないんですよね。

 

祐太郎のキャラクター設定が良いんです。

やっぱり売れるドラマはこうじゃなきゃねって設定。

 

…完全にわたしの好みですが…

 

祐太郎の人柄を説明するときに麻生久美子さん演じる舞が言います。

 

「少しだけ人を優しい気持ちにさせるヤツ」

…みたいな感じのこと。

 

クールな圭司がそんな祐太郎と出会ったというバディものの面白さも堪能できそうです。

 

今すぐドラマ「dele(ディーリー)」を無料視聴する>>
※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

ドラマ dele(ディーリー)1話【考察ストセラ】人を動かす物語

 

【考察ストセラ】① 感情が人を動かす

 

人は感情の生き物だという言葉が嫌いです。

人は精神の生き物だと思っているので。

 

とは言え、人間の行動は感情によって決まる。

これは事実ですよね。

 

行動をコントロールしたければ感情をコントロールすればいい。

人を動かそうと思えばその人の感情を動かすのが1番ですよね。

 

そのために有効なのが物語です。

 

【考察ストセラ】②ドラマ dele(ディーリー)1話 圭司を動かす祐太郎

 

ドラマ「dele(ディーリー)」を観るかどうか?

全話無料で観れるというのはとてもありがたいのですが、時間は有限です。

だから、ひとまず1話目だけ観て決めようと思いました。

 

舞が圭司に祐太郎を紹介するときに言った

 

…少しだけ人を優しくさせる…

 

その言い方と、実際の圭司の変化。

 

それがわたしにこの作品を見続けることを決めさせました。

試してみるにはイイ第1話。

 

本来、圭司が営む「dele.LIFE」はクライアントが指定したファイルをデリートする。

その際、ファイルの中身は見ない…そうやって運営されてきたようです。

 

しかし、祐太郎がやってきたことでそのルールが崩れる。

 

圭司の気持ちが変わったんですね。

 

始め、圭司はファイルを無表情に消そうとします。

 

しかし祐太郎がその手を止めます。

一生懸命に圭司を説得しようとする祐太郎。

 

祐太郎は俊の思いを知っています。

だから、このまま他殺かもしれない俊の父の死を自殺として片づけさせたくないのです。

 

最後に圭司の気持ちが動いたのは、祐太郎が伝えた安岡と息子・俊のシンプルな物語によるものでした。

 

【考察ストセラ】③ どんな感情を抱いて欲しい?

 

わたしがドラマ「dele(ディーリー)」を見続けようと決めたのは第1話という物語がわたしの感情を動かしたから。

 

ドラマの中で、一見非常に見える圭司が祐太郎の要望を叶えたのは祐太郎が語った安岡父子の物語に感情が動いたから。

 

このように感情は人を動かします。

 

マーケティングのプロはそのへんのことをよく理解していますよね。

 

だから物語を巧みに使って人の警戒心を解き、「欲しい」という感情を増大させる。

 

そんな物語の力を悪用するのが詐欺師ですよね。

心配や焦る気持ちをあおったり、嘘の夢をみさせてお金をだまし取る。

そういう悪用はしてほしくないです。

 

ドラマ「dele(ディーリー)」第1話でわかるように、物語によって人は優しくもなれる。

 

わたしがこのドラマを見続けようと思った理由のように、

「物語を伝える」

と言っても、小説やら絵本のような長いお話を話してみて…なんてことを言うつもりはないんです。

 

あくまで『物語性』が感じられるか?

ということ。

 

祐太郎は安岡と息子の関係性を伝えただけです。

 

今、安岡の息子の俊がどんな思いで父を待っているか?

もしも祐太郎の願いが圭司に届かなければ俊の心がどうなってしまうのか?

 

そういうエピソード(物語性)を圭司に感じさせることができたんですよね。

俊の気持ちに感情移入させることができた。

 

だから、圭司が祐太郎の願いを聞き入れたのではないでしょうか?

 

圭司が感情移入したということは、親子間の愛情みたいなものの一部が圭司の中にもその瞬間芽生えたということですよね?

 

情熱は伝えたのにもう1歩が上手くいかない…

 

自分の情熱だけ伝えていないか?

誰がどう困っているのか?

それが叶えばどんな人がどんなふうに幸せになれるのか?

 

その感情の一部でも説得したい人に感じてもらうには、どんな物語を伝えればいいでしょうか?

ぜひとも、考えてみてください。

 

わたしも勉強になりました。

 

全ての物語のために

 

ドラマ dele(ディーリー) の動画を全話 無料配信で見る方法

 

ドラマ「dele(ディーリー)」の動画を安全に無料で観る方法

U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。
ドラマ「dele(ディーリー)」の動画は完全無料見放題
再放送を待つ必要なんてありません。見逃していても心配ありません。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今のところ配信期間は2021年6月30日 23:59までの予定

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年4月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

U-NEXTの配信状況を今すぐ確認する

 

タイトルとURLをコピーしました