映画のように丁寧 ドラマ【イチケイのカラス】1話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ
© Fuji Television Network, Inc.

映画のように丁寧 ドラマ【イチケイのカラス】1話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ『イチケイのカラス』1話を観ました♪

『HERO』の興奮再び!?かなり丁寧に作られた1話目でしたね!

では、ドラマ『イチケイのカラス』第1話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ イチケイのカラス 1話 あらすじ

ドラマ『イチケイのカラス』
第1話

© Fuji Television Network, Inc.

東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>、そこに新たに赴任してきたのは坂間千鶴(黒木華)。若くして特例判事補になったエリート、カタブツを絵にかいたような女性とい噂をイチケイの面々がしているところにちょうどやってきました。裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強く自負しているようです。
そんな千鶴には早速、社会科見学の中学生への説明役が与えられました。カタブツに見えてイチケイの部長である裁判官の駒沢義男(小日向文世)におだてられると張り切って法衣を着るという可愛らしさもある様子。張り切ってカタブツ全開で中学生たちの質問に答える千鶴。しかし「裁判官ってモテますか?」という少年の質問に手厳しい返答をしたことで中学生たちの表情から興味が薄れていきました。しかし、傍聴席に座る生徒たちの間を歩きながら聞いていた引率の先生「ふう」の男性、入間みちお(竹野内豊)は「判決を下すときには基本、悩まない」と言い切る千鶴に反論します。
入間に「裁判官と言う仕事は、話を聴いて、悩んで悩んで悩みまくって、判決を下す仕事じゃないか」と言われ無礼だと学校にクレームを入れようとイチケイに戻ってきた千鶴。イチケイの机で物色している入間を見つけて取り押さえます。
元傍聴マニアでみちおのファンを公言している書記官の石倉文太(新田真剣佑)、お人好しな主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母である書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、新人事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)らに慌てて止められた千鶴は、入間が同じイチケイの裁判官だと知らされて面喰います。駒沢部長に、入間と仲良くやって欲しいと言われ、期待には応えられそうにないからと謝罪する千鶴なのでした…。

千鶴がイチケイに異動してきたのには目的がありました。事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだったのです。

そんな千鶴はイチケイがなぜ赤字なのか…早速その現実を目の当たりにすることになります。部長の指示でみちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件。それは、大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)を一方的に殴って全治1ヶ月のケガを負わせた傷害事件でした。自殺した誠の父は江波の秘書をしており、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に自殺したというのです。

早速迎える第1回公判。検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷。入間は改めて誠の言い分を聞こうとします。すると誠は江波の方から先に殴ってきたと証言、父は自殺ではないと主張し始めます。
「この事件は経緯が大事ですね…」と言い出し、捜査権を発動してしまいます。千鶴が前代未聞だと戸惑う中、イチケイの面々は「入間っちゃったか~」と現場検証の準備に入り…。

ドラマ イチケイのカラス 1話の見どころと感想

ドラマ イチケイのカラス 1話の見どころ

イチケイのカラス 1話の見どころ① 『HERO』の興奮再び

月9ドラマの新作ですね。内容は木村拓哉さんが型破りな検事、久利生公平を演じて大ヒットした『HERO』を彷彿とさせますね。共通点多いです。

・法定モノ
・検事や裁判官というあまり知られない仕事を描いている
・その世界の常識をぶち壊す異端児が主人公
・久利生公平は通販マニア、入間みちおはふるさと納税マニア
・2人ともじっくり話を聴いてフツーは使わない捜査権を行使して現場へ行く
・周囲は振り回される
・相棒のキャラがカタブツ

つまり、わくわくが詰まっているんですね。とはいえ、パクリや二番煎じとは違うことをも後で説明します。

イチケイのカラス 1話の見どころ② 竹野内豊さんの魅力

竹野内豊さん本当にいい俳優さんになってきましたよね~!昔はただのモデル上がりのイケメン俳優だと思っていました(ただのやっかみです)。でもどんどん演技力を磨いていかれ、映画やドラマに出るたびに深くなってきているイメージです。最近ではTBSの『義母と娘のブルース』の役と演技はホントに大好きでした。そんな竹野内豊さんの(声がまたいい!)優しさと強引さがいい具合のバランスの人物設定ですよね。

イチケイのカラス 1話の見どころ③ 映画のように丁寧な作り

2話目以降どうなっていくのかわかりませんが、この1話目は伏線も映画のように丁寧ですね。2回観てわかりました。伏線で気づいたところだけでもそう感じましたが、一つ一つの演出や演技プランも視聴者が気づかないところでかなり丁寧にやられているんじゃないでしょうか?後でまた何度も見たくなるタイプのお話でした。

ドラマ イチケイのカラス 1話の感想

イチケイのカラス 1話の感想① 二番煎じではない新しさ

さて、木村拓哉=久利生公平の『HERO』を思い出すようなお話ではありますね。常識的には捜査なんかしない立場の人が本来は持っている捜査権を行使して(常識を壊して)見えなかった本質を徹底的に暴いていく。検事が裁判官になっただけ、先に挙げたように設定も似ている部分多いですね。でも、新しいモノって過去の古いものを参考にして他の要素を足し算、引き算、かけ算して作っていくわけですよね。似てる部分と違っている部分でできている。ブルース・リーもジャッキー・チェンもカンフー映画でブレイクしました。カンフーで戦うのも何やら上半身裸になるのも同じ、でも圧倒的に強く見栄を切るブルースに対し殴ったら自分の拳を痛がるジャッキー…みたいなね。

じゃあ、『イチケイのカラス』の『HERO』との違いは?

・ドラマで裁判官が主役は初では?
・『HERO』は常識的な部署にひとりの破天荒な主人公がやってくる。
『イチケイのカラス』は破天荒慣れしている部署に常識的な人がやってくる。

そもそも、裁判官という時点で新しいわけですよ。で、個人的にここが一番ちがうし後々効いてくるだろうと期待している点が…

・相棒が同じ立場

ということです。

『HERO』は検事の久利生公平と事務官の雨宮(松たか子)のチームでしたよね。『イチケイのカラス』の入間と坂間千鶴は名前も似てるけど、同じ裁判官です。1話目は部長の指示で入間が裁判長を務めましたがこれは案件ごとに部長が指名できるようです。ということはこの先、千鶴の様子をみつつ部長が彼女に裁判長をさせる回も出てくると思うんですよね。ここは『イチケイのカラス』ならではの見どころではないでしょうか?わたしはそこに1番ワクワクしています

そもそも『HERO』っぽいもので面白い作品いくつもあるんですよね。例えばTBS『99.9刑事専門弁護士』シリーズは弁護士ですが、99.9%有罪と言われる刑事事件を刑を軽くする弁護をするくらいが常識な世界で冤罪を生まないために無罪にひっくり返すなんて非常識を、徹底的に現場検証する弁護士が主人公。彼も事務所のみんなをひっかきまわしました。そして何を隠そう、竹野内豊さん主演、『HERO』の脚本家、福田靖さん作のテレビ朝日のドラマ『グッドパートナー無敵の弁護士』も久利生公平のように徹底的に現場に行って捜査します。破天荒で周囲を振り回す。これも痛快な傑作でしたね。

でも『99.9』も『グッドパートナー』もそれぞれ新しいさがあって面白かったでしょ?

そもそも『イチケイのカラス』は、テイストはドラマとは少し違うようですが、漫画が原作。小説や漫画にまで広げれば破天荒な主人公が周囲を巻き込む痛快法定モノはまだまだ出てきそうです。

ドラマ イチケイのカラス 1話 みんなの評価

では、ドラマ『イチケイのカラス』第1話のみんなの評価が垣間見える感想をTwitterからいくつかピックアップしてみましょう♪

ドラマ イチケイのカラス 1話 感想と見どころ まとめ

フジテレビ月9、2021年春シーズンのドラマでは、個人的に1番期待してるかも!まだ『ドラゴン桜』を観ていませんが、『イチケイのカラス』はわたしが大好きな痛快ポイントはしっかり押さえています。それが『HERO』『99.9』『グッドパートナー』などとも共通している部分。
それでいて、テレビドラマシリーズとしては裁判官という新しい分野での破天荒な主人公を開拓しています。
これは絶対痛快作になるでしょう!1話は間違いなく感動もして痛快でした。

 

全ての物語のために

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました