声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選

映画
©Warner Bros. Entertainment Inc. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. ©2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED. ©GH Pictures (China) Limited

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選

藤原啓治さんのいろいろな吹き替え作品も知りたい

藤原啓治さんのいろいろな演技を楽しみたいです♪

この記事は、先月(2020年4月)に亡くなられた声優の藤原啓治さんの洋画吹き替え作品を紹介する特集の6回目です。

今回で一応終了。

これまではアイアンマンが活躍する映画、シャーロック・ホームズシリーズ、その他のロバート・ダウニー・Jr.作品と全てロバート・ダウニー・Jr.の吹き替えを紹介してきました。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」まではなんとしても演じ切る…そういう覚悟でのぞんでいたようですからやはりロバート・ダウニー・Jr.は藤原啓治さんの近年のイチバンの代表作と言っていいでしょう。

最後の吹き替えも公開間近の「ドクター・ドリトル」でロバート・ダウニー・Jr.主演ですからね。

でも、声優としてはもっともっと幅広く活躍されていました。

今回はその断片を垣間見えるバラエティ豊かな作品を3作品紹介します。

同じ俳優の吹き替えではないし、役どころもバラバラなので藤原啓治さんの演技の幅広さをより感じてもらえるはずです。

役柄を知るだけで、もう面白いですよ~

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選リスト

 

©Warner Bros. Entertainment Inc. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.
©2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.
©GH Pictures (China) Limited

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選

・ダークナイト ジョーカー役(ヒース・レジャー)
・ラッシュ/プライドと友情 ニキ・ラウダ役(ダニエル・ブリュール)
・ゴージャス アルバート役(トニー・レオン)

( )内は演じている役者です

ちょっと映画に詳しい人にはもうお分かりですよね。

・ダークナイト
この映画があったから2019年の「ジョーカー」がカリスマ的な人気を得たと言ってもいいでしょう。

・ラッシュ/プライドと友情
劇場公開時と最初のソフト版ではダニエル・ブリュールとクリス・ヘムズワースの吹替が物議をかもしました。

・ゴージャス
これは映画好きでも知らない人多いかも。でもトニー・レオンの名前は知ってますよね。

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選

 

映画 ダークナイト ジョーカー役

2008年 アメリカ

©Warner Bros. Entertainment Inc. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

映画 ダークナイト あらすじ

治安の悪いゴッサム・シティー。しかし犯罪者たちはバットマンの登場によって窮屈な思いをしていました。そんな街に現れた悪の伝説…ジョーカー。ジム警部補やハービー・デント地方検事の協力のもとで、バットマンは街で起こる犯罪撲滅に確実に貢献していたのですが、ジョーカーが犯罪者たちをけしかけて混乱と狂気をまきちらします。
正義感あふれるハービーは捜査で深入りをしてしまい、ジョーカーに捕らわれ残酷な目にあいます。これまでとは違う最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていきます。

映画 ダークナイト の見どころ

クリストファー・ノーラン監督でそれまでのバットマンシリーズとは一線を期すリアルな描写と計算されたストーリーで手に汗握るリアルヒーローアクションとなった「バットマン ビギンズ」の続編です。ですが、世間では「ダークナイトシリーズ」と呼ばれています。伝説の作品ですよね。バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカー、演じるのはヒース・レジャー。彼はこの作品の撮影後に亡くなりました。そして死後この作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。作品のレベルも間違いなく「バットマン」史上最高傑作。そしてヒース・レジャーによるジョーカーの怪演とダブルで伝説です。2時間半強の作品ですがもっと長く感じます。退屈で長く感じるのではないですよ。退屈なんてしている暇はありません。とにかくジョーカーにバットマンもわたしたち観客も振り回されます。内容ギッシリ。終わったかと思ったら「ウワッ!本当のクライマックスはここから!?」みたいな感じでした。とにかくジョーカーが怖い。イカレ具合がハンパないわけですよ。で、このヒース・レジャーの伝説の怪演によるジョーカーの日本語吹き替えを担当しているのが藤原啓治さんなんです!
2019年にヒットしたホアキン・フェニックス主演の「JOKER」は間違いなくこの「ダークナイト」のヒース・レジャーのジョーカーのインパクトに後押しされています。ホアキン・フェニックスもよかったし吹き替えの平田広明さんもよかったですけどね。やっぱりヒース・レジャー=藤原啓治さんの怖さはハンパないです!

映画「ダークナイト」は無料見放題配信中です。
※U-NEXTは31日間無料キャンペーン中です。無料期間でやめることもできます。
映画「ダークナイト」を無料で観る>>
※配信情報は2020年5月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

映画 ラッシュ/プライドと友情 ニキ・ラウダ役

2013年 アメリカ

©2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED. 引用元:http://rush.gaga.ne.jp/vod/

映画 ラッシュ/プライドと友情 あらすじ

緻密な計算と理論によりレースを制するスタイルのレーサーニキ・ラウダ。野性的なテクニックで首位を取ってきたジェームス・ハント。ラウダは私生活でも終始実直…というか迷惑なほどレースに全てをささげているような男でジョークも通じない感じ。ハントは無類の女好きでいつも陽気。性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントはお互いに意識し合いながらF1まで上り詰め競っていました。1976年。2人の激しい首位争いに注目が集まる中、ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故にあいます。全身に火傷をおいレースどころか命さえ危ぶまれたラウダ。しかし彼は6週間でレースに復帰し世界中を驚かせます。そして彼が挑むシーズン最後のレースは日本の富士スピードウェイで…

映画 ラッシュ/プライドと友情 の見どころ

これもある意味で「怖い」映画でした。実話を映画化しているわけですから迫る迫力がフィクションとはまた違う次元です。監督はロン・ハワード。F1レーサー、ニキ・ラウダを演じるのはダニエル・ブリュール。ライバルのジェームス・ハントをクリス・ヘムズワースが演じます。ライバル関係もスリリングなのにレースシーンもスリリングですし本当に起きた事故とそこからの復活劇まで生々しく魅せますから…怖くないわけがないでしょ。そんな演技を日本語吹き替えで“魅せる”これは荷の重い仕事だと思ってほしいわけですよね映画ファンとしては。ところがこの作品の吹き替えは物議をかもしました。劇場公開と最初に発売されたDVD・Blu-ray。ニキ・ラウダを堂本剛さん、ジェームズ・ハントを堂本光一さんが演じたのです。物議をかもすのわかると思います。わたしの個人的な感想としては、お2人とも声優をやるのは悪くないと思います。他のタレントさんが吹き替えるのと同様、初めは違和感がありましたが聞いていると(演じている方も?)慣れてくるのか声だけの演技もなかなか自然で味がある。でもね…ダニエル・ブリュールとクリス・ヘムズワースが演じるラウダとハントのこの役には声が若すぎます。あまりにアンマッチ。
映画ファン、吹き替えファンからのあまりの不評にけっこう素早く対応したんですね。スペシャル・エディションとして発売されるときはラウダとハントの声だけ追加録音されて2バージョン収録となりました。その追加録音版のニキ・ラウダ役が藤原啓治さんです。ちなみにジェームズ・ハントは東地宏樹さん。ばっちりです!
そこまでするか!?というニキ・ラウダの生き様、ジョーカーとはまったく違う狂気…人生に全てをぶつける狂気が見事に表現されていますよ。物議をかもした吹き替えの後の追加録音版だからこそわかるプロの仕事。映画本編の見応えを120%で引き出す底力、ゾクゾクしながらご堪能あれ!※ごめんねKinKi Kids!スペシャルエディションにはKinKi Kids版の音声も、特典の舞台挨拶映像もちゃんと入っているのでファンも喜べるようになってますから!

映画「ラッシュ/プライドと友情」は無料見放題配信中です。
※U-NEXTは31日間無料キャンペーン中です。無料期間でやめることもできます。
映画「ラッシュ/プライドと友情」を無料で観る>>
※配信情報は2020年5月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

映画 ゴージャス アルバート役

1999年 香港

©GH Pictures (China) Limited

映画 ゴージャス あらすじ

台湾の漁村にクラス少女プウは、ある日海岸に流れ着いた瓶を拾い、中に入っていた愛のメッセージに導かれて香港へやってきます。早速、メッセージの主を訪ねると中から出てきたのはイケメンのアルバート(トニー・レオン)部屋に招かれてうっとりアルバートを見つめているとアルバートが困って告白します……残念なことに彼は『オネエ』でした。…オカマさん。女性には興味がない男性だったのです。
そんなアルバートはトップレベルのメイクアップアーティスト。翌日アルバートの仕事について行き海洋でヨットの上での撮影を見学していたプウ。すると近くに豪華なヨットが停まっているのに気づきます。双眼鏡で様子をうかがうとお金持ちそうな男女カップル…とそれを付け狙う怪しげな複数の黒づくめの男たち…
「なんだなんだ?」と思って観ているとカップルの男性の方が黒ずくめの男たちをバッタバッタと蹴散らしていきます。その様子をワクワクしながら見ていたプウ。やがてカップルの男だけが銛のついた水中銃で狙われ海に転落。プウはモーターボートを拝借し彼を救出するのでした…
プウが救出した男の正体は香港の大富豪で事業化のC.N.チェン。C.N.チェンは幼いころから彼をライバル視するロウによっていつも嫌がらせを受けていたのです。プウは穏やかで大人のC.N.チェンに恋をして…

映画 ゴージャス の見どころ

プウ視点で物語が進んでいきますが、実はジャッキー・チェン主演のラブロマンスアクションです。ジャッキー映画としては珍しいジャンル。プウを演じるのはスー・チー。そしてこちらも珍しいオカマのメイクアップアーティスト、アルバートを演じるのがトニー・レオンです。この人たちの映画は本当にお見事で、音を消していても楽しいですよ。動きもそうですが表情一つでなんだかわかっちゃう。高速バスで小学2年生の息子と2人旅をしたときにバスの中で流れたDVDがこの映画。最初、運転手さんが操作をわからず広東語音声で流れていました。息子にはわけがわからないはずなのですが、画面にくぎ付けでケラケラ笑っていました。わたしが運転手に声をかけてDVDデッキを操作して日本語吹替版に設定しなおしましたけどね!そんな、映画「ゴージャス」の日本語吹き替え版も2種類存在します。わたしが息子と高速バスで観たDVDはパイオニアから初めてソフト化されたバージョン。トニー・レオン演じるアルバートを演じているのは山路和弘さんです。「インファナル・アフェア」でもトニー・レオンは山路和弘さんでした。わたしの中ではトニー・レオンとヒュー・ジャックマンとラッセル・クロウは山路和弘でなきゃ!って思っています。で、香港映画は扱いが雑で原版の保存問題やら版権問題でいろいろ複雑になっていくのですが、その後、ポニーキャニオンから再発売されたDVD・Blu-rayでは吹き替え版も新録音で収録。ジャッキー・チェンは当然、石丸博也さんですがトニー・レオンが藤原啓治さんになっていたんですね~。「いやヨ、触らないでヨン♪」みたいなのをやるわけですね~。山路和弘さんもそれをやったわけですけど、ウルヴァリンの声でオカマですからね、それはそれで面白いけどアイアンマンの声でオカマも面白いでしょ。
この映画「ゴージャス」の吹き替えはどちらもマッチしていて素晴らしい吹き替えクオリティです。ちなみにC.N.チェンのライバルのロウを演じるのは香港の歌手エミール・チョウですが、旧ソフト版の吹き替えは大塚芳忠さん、新ソフト版では安原義人さんです。どちらも素晴らしいですよ。声優に詳しい人ならわかるはず。「どっちも欲しい!」って思いますよねぇ(わたしはどっちも持ってますけど♪)

映画「ゴージャス」は無料見放題配信中です。
※U-NEXTは31日間無料キャンペーン中です。無料期間でやめることもできます。
映画「ゴージャス」を無料で観る>>
※配信情報は2020年5月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選まとめ

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 様々な洋画吹き替え集3選

・ダークナイト ジョーカー役(ヒース・レジャー)
・ラッシュ/プライドと友情 ニキ・ラウダ役(ダニエル・ブリュール)
・ゴージャス アルバート役(トニー・レオン)

( )内は演じている役者

 

イカレた狂気のカリスマ犯罪者ジョーカーのイカレ具合を見事に演じた「ダークナイト」
実在のレーサー、ニキ・ラウダの生き様を狂気とその中に潜む温かさで表現した「ラッシュ/プライドと友情」
イケメンのオカマちゃんを演じるトニー・レオンの演技をさらに面白く魅せた「ゴージャス」

ま~ったく違うジャンルのバラエティ豊かな役どころだったでしょ?

今までの記事の中で、1番観たくなった!なんて人もいるかも(笑)

声優さんには七色の声を使い分けて「本当に同じ人?」と信じられないほど違う声を出されるタイプの人と、いつも同じ声だけども演じ方で違いを感じさせるタイプの人がいます。

沢城みゆき(鬼太郎、峰不二子など)さんや梶裕貴(エレン・イエーガー、車谷空など)さんは前者でしょう。

藤原啓治さんは後者です。「JOKER」でホアキン・フェニックスを吹き替えた平田広明さん(サンジ、南波六太など)も同じタイプですね。

藤原啓治さんはロバート・ダウニー・Jr.と同じ声で「クレヨンしんちゃん」のパパ、野原ひろしもやっていたわけですからその演技の幅広さはご存じの方も多いでしょう。

ジョーカーもニキ・ラウダもアルバートも字幕版では味わえないような雰囲気を醸し出して映画本編が100%の面白さだとしたらそれを120%に引き上げている…

英語や広東語やその言語圏の風習や文化から醸し出される特有のニュアンス、そして役者の演技の仕方が出るニュアンスなどはその国で暮らしてみないとわからないものも多いですよね。そういうものを時に日本語で伝える、あるいは時に日本の文化や風習に置き換えて日本人に伝わるように変換する。

そういう部分も含まれるのが洋画の日本語吹き替え演技です。

今回6回にわたって抜粋してお送りしてきた藤原啓治さんの洋画吹き替え版特集。

藤原啓治さんのキャリアの中ではほんの一握りの作品しか紹介できていません。
他にも吹き替えのみならず、アニメでもたくさんいい演技を残されています。

これを機に少しでも、吹き替えやアニメ、そして藤原啓治さんや紹介した作品群に興味を持っていただけるととても嬉しいです♪

 

全ての物語のために

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 3作全てU-NEXTで無料見放題配信中です

 

この記事で紹介した映画は3作品ともU-NEXTで藤原啓治さんの吹き替えバージョンで無料見放題作品です。

U-NEXTでは31日間無料観放題キャンペーン中。
またキャンペーンに無料登録するだけで600円分のポイントがもらえるので有料作品も無料で観れます。
かなりお得なキャンペーンなのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年5月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

U-NEXTの配信状況を今すぐ確認する

 

声優 藤原啓治特集 彼こそが役者 3作品を無料でDVD・Blu-rayレンタルするなら

動画配信はスマホでもパソコンで簡単に観れるのでとてもおススメです。
でも、なんだか難しそうとか、慣れないから抵抗があるという方のためにDVD・Blu-rayで観れるのにレンタル店へ足を運ばずに済む方法もお伝えしておきます。

DVD・Blu-rayレンタルなら
>>TSUTAYA DISCAS の宅配レンタルがおススメ

※TSUTAYA DISCASでは30日間無料キャンペーン実施中です。

こちらも大手 TSUTAYA がやっているサービスですから安心ですよね。
DVD・Blu-rayが自宅まで宅配されてきます。返却も通勤や登下校の時にポストに投函するだけ。

こちらも30日間無料キャンペーン実施中です。

実はわたしも利用者のひとり。こちらは解約せずとも休止ができるので超便利。もちろん休止期間中は料金は発生しません。

TSUTAYAから宅配で借りつつ、いくつかの動画配信サービスを無料で試してみて、自分に合ったところを選んでもいいし、休止を利用して月ごとに利用サービスをチェンジするのも賢い使い方かもしれませんね。

TSUTAYA DISCAS でDVD・Blu-rayの宅配レンタルを無料で試してみる

 

タイトルとURLをコピーしました