アニメ 約束のネバーランド 11話 動画無料 土壇場でリーダーになる方法

アニメ
引用元:https://neverland-anime.com/

アニメ 約束のネバーランド 11話
土壇場でリーダーになる方法

引用元:https://neverland-anime.com/

 

追い込まれると怒りがわきます。

この怒りを上手に使えると土壇場でのリーダーシップが発揮されますよね。

 

アニメ「約束のネバーランド」
第11話「140146」

を観ました。

 

この記事は、アニメ「約束のネバーランド」第11話「140146」のあらすじや感想、見どころを紹介します。ストーリーセラピーでは、怒りをコントロールして土壇場でリーダーシップを発揮する方法を書きました。

 

あなたが「約束のネバーランド」のアニメや漫画に興味を持ったり、怒りに飲み込まれて人生を壊すより怒りを利用して自分も周囲も幸せにできる人間になるためのきっかけにでもなれたら嬉しいです。

「約束のネバーランド」のアニメ動画や漫画の無料情報も掲載していますので興味を持ったらぜひ楽しんでください。

 

アニメ 約束のネバーランド 10話 動画無料 親として愛するテクニック
アニメ 約束のネバーランド 10話 親として愛するテクニック 育児放棄? わが子を愛せない? 実際にいるようですね。 でもそういう親だと思って自分で自分を責めている人の中には、ただ戸惑っているだ...

 

※アニメ「約束のネバーランド」を無料で観る方法
U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。
アニメ「約束のネバーランド」は完全無料見放題。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2020年2月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

※漫画「約束のネバーランド」を無料試し読みする方法
漫画「約束のネバーランド」はまんが王国で無料試し読みできます。
漫画 約束のネバーランド を無料で試し読みしてみる>>
「約束のネバーランド」で検索するとすぐに読めます。
※U-NEXTでも漫画は読めます。動画と両方ならU-NEXTで十分かも。お好みで。

 

アニメ 約束のネバーランド 11話 ネタバレあらすじ

 

アニメ「約束のネバーランド」
EPISODE.11「140146」

 

諦めたふりをしながら、それぞれに脱獄の準備を進めていたエマレイ

 

レイは出荷前夜、用意していた道具で火事を起こし、その隙に逃げ出すことを提案します。

それは実はレイが1人でずっと考えてきた作戦でした。

6年越しの準備。

 

でもその計画はレイ自身が火に包まれることで完成する計画でした。

 

レイは勉強もそれほど好きではなかったけれど、自分の値を釣り上げて最高の商品になったところで自分をおいしく食べようと思っている奴ら、食べさせようと思っている奴らの目前から取り上げてやろうと考えていたのです。

 

そして、自分を犠牲にしてノーマンとエマを生かしたかったのです。

 

レイが12歳の誕生日を迎える午前0時。

 

エマの叫び声がハウスに響き渡ります。

 

イザベラは幼少の子たちの寝顔を確認した直後でした。

 

慌ててイザベラが駆け寄ると…講堂は火の海です。

 

エマは床にへたり込んで火の中を指さして「レイが!」と…気が動転しています。

 

「せめて脳だけでも!」

 

イザベラは消火に必死です。

 

「エマ!あなたも逃げなさい!」

 

そう言って振り返ると……そこにエマはおらず……

 

アニメ 約束のネバーランド 11話 感想と見どころ

 

アニメ 約束のネバーランド 11話 感想と見どころ① いつ逃げる?今でしょ!

 

いきなりのクライマックスです。

 

ラスト11話と12話、2話を使ってどう脱走するか?

みたいな感じ…だと予想していましたが完全に外れ。

 

冒頭からそれは始まりました。

逃げるのは明日じゃなくて…

 

今から!

 

1度観ているのに、この展開…完全に忘れていました。

 

イザベラだけではなくわたしたちも見事に虚を突かれます!

 

アニメ 約束のネバーランド 11話 感想と見どころ② 命の瀬戸際でみんな凶暴!

 

生きるか死ぬか…

その瀬戸際です。

 

それは子どもたちはもちろん、イザベラにしても同じ。

その瀬戸際で人は凶暴になります。

 

でも、その凶暴性を冷静に自分たちがコントロールしているのがエマ。

コントロールしつつも半分は自暴自棄になっているのがレイ。

そしてあえて凶暴性を自分の中から引き出して耐えようとするかのごとく顔を歪ませるのがイザベラ…です。

 

ラスト、12話に向けてみんなの感情と思惑が疾走します!

 

 

今すぐアニメ「約束のネバーランド」を無料視聴する>>
※配信情報は2020年2月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

今すぐ漫画「約束のネバーランド」を無料試し読みする>>
「約束のネバーランド」で検索するとすぐに読めます。
※U-NEXTでも漫画は読めます。動画と両方ならU-NEXTで十分かも。お好みで。

 

アニメ 約束のネバーランド 11話【考察ストセラ】土壇場でリーダーになる方法

 

【考察ストセラ】① 自己防衛本能=怒りは使いよう

 

自分が追い込まれて凶暴性が出てくることがあります。

怒りですね。

自己防衛本能。

 

怒りは第2感情ですから自己成長のためには第1感情と向き合った方がいい。

 

でも、「なにくそ!」という気迫が必要な時もある。

そのためには怒りは上手に利用すべきです。

 

怒りをコントロールするというのは怒りを否定するという意味ではありません。

 

【考察ストセラ】② 怒りと神の視点の間で

 

怒りはパワーになります。

しがみついて使い続けるとダークサイドにからめとられますが、使い方次第で幸せへ自分を押し上げます。

 

わたしは怒りに任せた言動で後悔をすることが多いので怒りを否定しがちですが、実は冷静に使っているときもあります。

 

1番多いのは仕事でクレーム対応をするとき。

 

明らかにこちら側に会社的にも社会的にも正しさがあって、先方が横暴な要求をしてくるとき。

正直、相手のキャラによっては怖いです。

怖いから逃げたくなります。

 

そんなときは相手のこれまでの接触記録や電話での録音があるときはそれも調べます。

出来れば触れたくないけどあえて触れます。

 

すると、相手の横暴さにムカムカします。

 

そこで、わたしはそのムカムカに飲み込まれるのではなく、その怒りをパワーに変えるようにイメージします。

 

具体的には方向性…この場合は相手と正面切って正しさを突きつけようという自分の姿勢へと向かう透明な管をイメージします。

そして怒りの炎がわき上がってくるのを赤い炎でイメージします。

 

その炎に飲み込まれたら自分が感情的になってしまう。

 

でも早い段階でその赤い炎に、特殊な装置を向ける自分を思い描きます。

ガトリングガンのように砲射台があって発射口がある装置。

 

最初は怒りの赤い炎に向けて構えています。

 

でもその怒りの炎が自分を飲み込もうとするよりも前にその装置のレバーをひねると装置の射出口に炎が吸い込まれるように集まってきます。

 

吸い込みはしないんです。中が炎で焼ききれたらいけないから。

 

ギリギリ射出口の直前にめがけて集まってきたところで…

それをクルッと45度回転させたると、さっきの透明の管があります。

 

クレーマーと正面切って正しさを突きつけようとする、あるべき姿という方向性の管。

 

クルッと回転した瞬間にその管に噴射。

すると、射出口めがけて飛んできた赤い炎が青い炎となって90度カーブして透明な管の中に流れていきます。

 

現実のわたしは、クレーマーが気分をさらに害しても、「正義は我にあり」という態度で感情的にならずに対応をするという少し冷酷で凶暴な勇気(青い炎)を胸に抱いてクレーマーに電話を架けます。

嫌な気分を選んでいるのはクレーマー自身だ。

感情は自分で選べる。

その事実を知らずに人を傷つけたいなら揺るがない相手を観てさらに気分を害しなさい。

 

そういう冷酷さ、ある種の冷淡な凶暴さ。

そんな気分を自分の中に作るんですね。

 

これをするには、自分を操る神の視点…鳥観図で自分を観ながら上手にコントロールするという意識が必要です。

 

わたしがこうすると決めたときは、やはり会社の稟議も通りやすくなります。

リーダーシップを発揮している状態。

そもそも会社に正義があるときですからね。

 

【考察ストセラ】③ アニメ 約束のネバーランドではエマがリーダー

 

アニメ「約束のネバーランド」では、エマとノーマンとレイが中心人物です。

でも、やっぱりエマが1番の主役なんですね。

 

全員で逃げようという理想論をぶち上げたエマにノーマンは従いました。

そして、今回、11話ではレイがひっぱたかれてエマに手を引っ張られるような感じ。

 

取り乱した男が女性に鼓舞される。

まさにそんな構図。

 

レイはずっとずっとひとりで大人たちの世界…大人を奴隷にしている鬼たちの世界に怒りをふつふつと燃やしてきたのでしょう。

 

そして冷静とは言え、友達のためとはいえ、自分を犠牲にするという自暴自棄的な作戦で終わりを迎えようとしました。

怒りを利用して自らの命を絶とうとしたんですね。

 

また、イザベラは燃えるハウスを前に何度か凶暴に顔を歪ませます。

血管まで浮かび上がらせて。

 

まさに

「なにくそ!」

「終わらせてたまるか!」

という使い方です。

 

燃え盛るハウスを前に呆然とした後にあえて狂ったように悪魔の笑みをたたえようとしたイザベラもまた怒りを利用しようとしています。

自分を凶暴な人間にしようと無理やり怒りを燃やしている。

 

このように、レイもイザベラも怒りを利用しているのですが、怒りにからめとられている状態です。

でもエマの怒りは違いました。

 

絶対にみんなを助ける。

その大義を軸としてしっかりと貫いている。

 

まず方向性があって、自分を鼓舞するために怒りを使っている。

だからレイをひっぱたいた時のエマに気迫が籠ります。

 

発散させないんです。籠らせる。

怒りは籠らせると圧縮されます。

 

圧縮した力に自分がやられない程度で正しい方向へ正しい強さで噴射する。

 

その冷静さを失わなければもう、その人がリーダーです。

 

掲げる大義が正しいから。

 

周りが付いてこなくても、自分自身をリードするリーダーシップを発揮できるようになります。

 

だから、この物語、「約束のネバーランド」の世界の中ではやっぱりエマがリーダーであり主役なんですよね。

 

全ての物語のために

 

アニメ 約束のネバーランド 動画&漫画 約束のネバーランド 無料情報

 

アニメ「約束のネバーランド」の動画を安全に無料で観る方法

U-NEXTでは31日間無料観放題受付中です。
アニメ「約束のネバーランド」の動画は完全無料見放題。
見逃しても心配ありません。かなりお得なのでぜひ試してみてください♪
今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>
※配信情報は2020年2月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

U-NEXTの配信状況を今すぐ確認する

 

漫画「約束のネバーランド」全巻を無料試し読みする方法

漫画「約束のネバーランド」は最新刊までまんが王国で無料試し読みできます。
売り切れなんてありません。
漫画 約束のネバーランド を最新刊まで無料試し読みしてみる>>
「約束のネバーランド」で検索するとすぐに読めます。

※U-NEXTでも漫画は読めます。動画と両方ならU-NEXTで十分かも。
わたしが両方使っているのは、漫画の読みやすさは圧倒的にまんが王国の方だから。
それに無料で何冊も読めるキャンペーンが多いので漫画はまんが王国をほぼ使っています。

まんが王国でいますぐ「約束のネバーランド」を検索する

 

タイトルとURLをコピーしました