アニメ 鬼滅の刃 2話 ネタバレ考察 使えない人と思われながらの革命

アニメ
引用元:https://kimetsu.com/anime/

アニメ 鬼滅の刃 2話 ネタバレ あらすじ 感想 見どころ 考察 動画 無料 使えない人と思われながらの革命

 

アニメ 鬼滅の刃 2話  育手・鱗滝左近次

引用元:https://kimetsu.com/anime/

 

使えない奴だと言われるとヘコみます。

わたしが新卒で入社したとき。

初日に言われました。

でも、自分で自分を使えない奴だなんて思う必要はないんですよ。

 

アニメ「鬼滅の刃」
第二話「育手・鱗滝左近次」

を観ました。

 

この記事は、アニメ「鬼滅の刃」第二話「育手・鱗滝左近次」のあらすじと感想、見どころを紹介します。
若干ネタバレありますが、始めてみる人の楽しみは奪わない程度のネタバレにとどめています。
また、ストーリーセラピーでは【考察ストセラ】の項で、仕事で自分のことを使えないと思っている人が自信を取り戻す方法について書いています。

 

あなたがアニメ「鬼滅の刃」に興味を持てたり、「鬼滅の刃」を観ることであなた自身が勇気をもらえるきっかけになれば嬉しいです。

 

アニメ「鬼滅の刃」はU-NEXTで無料で観れます>>
※U-NEXTでは31日間無料で観放題キャンペーン受付中です。
アニメ「鬼滅の刃」は全話を完全無料見放題。
他の無料見放題アニメやドラマや映画も日本一充実している動画配信サービスです。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2019年12月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

アニメ 鬼滅の刃 2話 ネタバレあらすじ

 

アニメ「鬼滅の刃」
第二話「育手・鱗滝左近次」

 

炭治郎冨岡義勇に言われたとおりに狭霧山を目指しました。

鬼になってしまった妹・禰豆子と一緒に。

 

夜の道中、炭治郎はお寺のお堂から血の匂いを嗅ぎつけます。

 

誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、お堂の中では今まさにが人を喰らっていました。

 

炭治郎が鬼である禰豆子を連れていたせいか、その鬼は「妙な気配のやつらだ」と一瞬迷います。

が、次の瞬間には相手が人間だと判断して炭治郎に襲いかかってきました。

 

炭治郎は、斧でなんとか応戦しますが、鬼の圧倒的な力に、あっという間に組み伏せられてしまいました。

 

鬼が炭治郎にとどめを刺そうとしたとき、助けに入ったのは…。

 

そして、いつの間にか天狗の面をかぶった男が炭治郎を観察していて…。

 

アニメ 鬼滅の刃 2話 感想と見どころ

 

このお話は、初めて見たときに怖かったし結構驚きました。

だからできるだけあらすじ詳細は伏せます。

 

ぜひ、ご自身で確認してみてください。

 

アニメ「鬼滅の刃」を続けて観るかどうか決めるためにまずはここまで観てほしいと思うのがこの第二話「育手・鱗滝左近次」です。

 

第一話を始めて観たときは、凄く力は入った作品だけど、退屈せずに見れるのかな?

なんて思っていました。

 

で、第二話を初めて観たときは凄すぎて笑ってしまいました。

 

炭治郎のピンチのときの助け方が…おわ!そうきたか!

みたいな…言いたいけど、まだ見ていない人はちゃんと作品の中で味わってください。

 

1話目はとにかくプロローグのプロローグ。

サブタイトル通り残酷な状況が描かれました。

 

炭治郎と禰豆子がどういう境遇にあるのか?

とにかくこの2人のキャラクターの地固めが目的。

 

それでも義勇という人物の登場でアクション…殺陣と言った方がいいのかな?

要するに戦いのシーンも手に汗握り、尚かつスカッとする部分もありました。

 

それは剣術や戦い方なんてまったく学んできていない炭治郎という少年の才能がわずかに垣間見える一瞬を描いたシーンでした。

 

この第二話「育手・鱗滝左近次」では炭治郎はもちろんですが禰豆子にもスポットが当たります。

 

第一話の残酷さをさらに補強するような鬼の登場シーン。

 

鬼に喰われた人間たちが横たわっている凄惨な画を見せられた上で戦い方を知らない炭治郎が早くも圧倒的に強い鬼に襲われる。

 

はっきり言って、怖かったです。

怖くて手に汗握る感じ。

 

でもその怖さの合間に一瞬その怖さをスカッと吹き飛ばす描写がある。

 

残酷なのに笑える。

視聴者も一緒に救われるシーンですね。

 

かなりエンターテインメントとしての圧力が込められた気合いの作品だと言うことと、さらにガチガチの重いだけの作品ではないんだなということもわかる第二話です。

 

第二話まで観て、一瞬たりともおもしろいとか、おもしろそうと思える瞬間が無かった人には無理には薦めません。

 

少しでも興味を持てる部分があるなら、続けてみてみるかを決めるために、この第二話までは観てほしいです。

 

U-NEXTでは無料で31日間制限なしで利用できるキャンペーンをやっています
しかも無料期間中での解約も簡単。
アニメ「鬼滅の刃」の動画は全話完全無料見放題です。
アニメ好きにもドラマ好きにも映画好きにも絶対おススメのキャンペーンです。

U-NEXTですぐに無料でアニメ「鬼滅の刃」を観る>>

※配信情報は2019年12月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

アニメ 鬼滅の刃 2話【考察ストセラ】使えない奴と思われながらの革命

 

使えない奴と思われながらの革命 ①使えない奴と言われるのは主役の条件

 

使えない奴と言われても、自分くらいは自分のことを信じてあげてください…なんて人事としていうのは簡単です。

 

でも、自信がない人がそんなことを言われても自信なんて簡単に持てないですよね。

 

アニメ「鬼滅の刃」第二話「育手・鱗滝左近次」では鬼の首を木に打ち付けて退治する炭治郎が、そこからどうするか?

…という選択を迫られるシーンがあります。

 

どう、とどめを刺すのか?

それを迫っているのが鱗滝左近次という老人です。

 

鱗滝さんは冨岡義勇のから手紙を受け取っていました。

見込みのある若者を鱗滝さんのもとに送ったという手紙です。

 

しかし、ただ首が胴体から離れるだけでは死なない鬼。

斧で木に張り付けられていますが首だけでぎゃあぎゃあわめく鬼を前に、炭治郎はどうすればいいのかわからずただ立ちすくんでしまうのです。

 

そんな炭治郎を観ながら鱗滝さんは思います。

「ああ、この子はダメだ」

と。

 

声はわたしが好きな大塚芳忠さん。

映画「グリーンブック」のヴィゴ・モーテンセンや「イップ・マン」のドニー・イェンがめっちゃハマっている大塚芳忠さんですね。

 

あの声で「この子はダメだ」と本気で落胆するんです。

心の声で炭治郎には聞こえていませんが、観ているわたしたちがヘコみます!

 

でも、炭治郎は主役なんですよ。

ダメなはずがない。

 

鱗滝さんはあの強い冨岡義勇の先輩か先生っぽいのできっとめちゃくちゃ見る目がある人ですよ。

そんな感じの人が「この子はダメだ」と本気で落胆する。

 

でも、主人公なんですよ!!

 

炭治郎は人よりも鼻が利きます。

鱗滝さんもそのことに気づきました。

 

で、結局自分の住む家に連れて行きます。

そして炭治郎を試すんですね。

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」の主人公、緑谷出久もそうですよね。

『個性』と呼ばれる特異能力を持たずに生まれてきました。

 

こういうことを紹介すると、自信のない人は「自分には炭治郎の鼻みたいな得意技はない」と逆に自信を無くすかもしれません。

でも、それは埋もれているだけです。

埋もれているモノを掘り起こすところから始めればいいだけ。

 

今回はその方法としてハッタリを紹介します。

頼りなく聞こえるかもしれませんが、きちんと掘り起こした上でのハッタリです。

心理学的にも理にかなっています。

 

最初に使えない奴、ダメな奴だとレッテルを張られるのは実は主人公の条件だったりします。
ストーリーテリングの基本といっても良い。

 

だからあなたも主人公の資格が十分にあるということです。安心して!

 

使えない奴と思われながらの革命 ②ハッタリも方便、ハッタリから出たまこと。

 

炭治郎に並々ならぬ臭覚があるようにわたしたちにもそれぞれ得意なことはあります。

別にプロフェッショナル級である必要はありません。

・さほど苦労なくできちゃうこと
・やってるだけで楽しく感じること
・教わらなくてもわかっていたこと
・自分ができるのに出来ない人を見るとイライラすること
・なんかちょっと興味がある・・・ということ
・よくほめられること
・これからでも出来るようになりたいと思っていること

こういったものの中に才能や才能のヒントは眠っているでしょう。

まずはリストアップしてみてください。

 

で、やってみる。

一流じゃなくても良いです。

実際に何度か試してみて、ある程度できるとか、出来そうだと思ったら…

 

出来ると言い切っちゃう

 

嘘じゃないでしょ?

でも本当は自信がない。

それを自信満々だったりさらりと余裕な態度で言ってしまうならその部分はちょっと本当のことは言い難い。

でも自信がないだけで一応できる。

できるけど自信がない。

この状態で

 

やれます!

 

って言ってしまうのがハッタリです。

 

最初はちょっと頑張らないといけないと思いますが、興味があったり出来ちゃうことを得意分野だと言い切ってしまう。

 

これは成長にとっては結構大事なことです。

実力よりも少し背伸びをする

 

背伸びをしてもいつしかそれが当たり前になります。

そうなったら実力がついたということ、そうしたらまた少し背伸びをする。

 

成長ってそうやって自分で作り上げていくものでしょ?

ハッタリから始まったことが真実になっていくわけです。

 

実力が伴ってくるのが自分でもわかりますから当然、本物の自信になっていくわけです。

 

使えない奴と思われながらの革命 ③まとめ

 

①まず、才能の種を見つける

②ハッタリで背伸びをする

 

これで、使えない奴だといわれている人が人知れず実力をつけていくことができます。

やる気の源はなんでもいいです。

 

「なにくそ!」と悔しさをバネにしてもいいし、淡々と少しの背伸びを積み上げることをゲームの経験値集めの感覚で楽しんでいってもいいと思います。

 

その辺は自分の性格に合わせていろいろ試してみてください。

着実に確実に成長してきますよ。

人知れず淡々と背伸びを続けていたらいつの間にか当たり前になります。

 

全ての物語のために

 

アニメ「鬼滅の刃」はU-NEXTで無料で観れます>>
※U-NEXTでは31日間無料で観放題キャンペーン受付中です。
アニメ「鬼滅の刃」は全話を完全無料見放題。
他の無料見放題アニメやドラマや映画も日本一充実している動画配信サービスです。
かなりお得なのでぜひ試してみてください♪

今すぐU-NEXTの31日間無料キャンペーンを試してみる>>

※配信情報は2019年12月のものです。最新情報はU-NEXTのページでご確認ください。

 

タイトルとURLをコピーしました