ネタバレ 映画【ランボー ラスト・ブラッド】あらすじ感想 生きる男

映画
©2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC. 引用元:https://gaga.ne.jp/rambo/

ネタバレ 映画【ランボー ラスト・ブラッド】あらすじ感想 生きる男

映画『ランボー ラスト・ブラッド』
ホラー映画よりドキドキした。

悲しくて怒りが湧いて、最後はランボーと一緒に拳を握りしめちゃった。

では、映画『ランボー ラスト・ブラッド』を振り返ってみましょう♪

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の動画配信は無料で観る方法もありますよ♪

映画 ランボー ラスト・ブラッド ネタバレあらすじ

※重要なネタバレがあります

映画『ランボー ラスト・ブラッド』
2019年 アメリカ作品

©2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

 

おじさんゴメン…

ベトナム戦争以降も数々の戦いを経験したジョン・ランボーは戦場を離れ故郷のアリゾナに戻っていました。父が残した牧場で働いていた古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラとは家族のように過ごしてきました。大学入学をまじかに控えるガブリエラは、自分を捨てた父親に愛にメキシコに行きたいと言い始めます。マリアもランボーもとめますがこっそりメキシコへ行ってしまうガブリエラ。そしてガブリエラはメキシコの人身売買カルテルに誘拐されてしまうのでした。娘同然のガブリエラを救うため、ランボーは単身でメキシコへガブリエラを探しに乗り込むのですが…。

映画 ランボー ラスト・ブラッド 見どころと感想

映画 ランボー ラスト・ブラッド 見どころ

※重要なネタバレがあります

ランボー ラスト・ブラッド 見どころ① 徹底的な悪

悪い奴が徹底的に悪いです。でも『ランボー』というシリーズはいつもそうですが、その時代の特定の地での現実の問題を描いています。現実を背景にフィクションであるアクションヒーロー、ランボーが戦う。それがこのシリーズをアクションヒーローの代名詞にし続けた理由でもあると思っています。今作『ランボー ラスト・ブラッド』の人身売買カルテルも徹底的に酷いですが、これは世界中で起きていることですよね。きっと現実はもっとひどい。まずはそこから、この作品の重要な怒りのキーポイントでしょう。

ランボー ラスト・ブラッド 見どころ② シビアな脚本

ネタバレになりますが、ストーリーはお姫様救出のハッピーエンド物語ではありません。前作『ランボー 最後の戦場』では監督も兼任したシルヴェスター・スタローン。実はシリーズ1作目から脚本にはたずさわっていました。2作目『ランボー怒りの脱出』ではジェームズ・キャメロンとの共作でしたね。その『ランボー怒りの脱出』でジェームズ・キャメロンが登場させた女戦士コー・バオ。スタローンのリライトにより彼女は劇中で命を落とすことになります。キャメロンは強い女性を出すのが好きですがスタローンの劇作、とくにランボーにおいてはシビアで彼女が死ぬ物語に書き直してしまいました。『ランボー最後の戦場』も戦場で起きていることの描き方が尋常ではありませんでしたね。そのシビアさが今回も垣間見えました。これがランボーの深みを増しています。

ランボー ラスト・ブラッド 見どころ③ ジョン・ランボーという男の人生

エンドクレジットで第1作目からのランボーの様子がハイライトで流れます。ベトナム帰還兵として戻ってきたランボーが田舎町で酷い扱いを受けて警官たちと戦うはめになり、刑を軽くしてくれると言われベトナム戦争時の捕虜調査に出向いて、そこでの裏切り。アフガンでの戦い。ミャンマーでのボランティアチームの救出。ずっと戦場で助けられなかった仲間たちのことを悔やみながら戦争の理不尽の中で生きてきたランボー。そんな彼が4作目のラストで父が営むアリゾナの牧場に戻ります

第1作目から使われているテーマ曲『It’s a long road』ひとり行く君にはそれは長い道…新しい街へ来ても君は失望するだけ…心の安らぎなどどこにもない…だから長い道を君は行くしかない…どこかに落ち着く場所があればいい希望を持ちながら…
そんなランボーの人生を思いながら観ると、この作品『ランボー ラストブラッド』のシルヴェスター・スタローンの演技にとてつもない深みが感じられるでしょう。

映画 ランボー ラスト・ブラッド 感想

※重要なネタバレがあります

ランボー ラスト・ブラッドの感想①「1」「4」よりはエンタメ

アクションヒーロー「ランボー」といえばハリウッド映画を代表するエンターテインメントヒーローですよね。基本的には徹底的にエンタメなんです。
ご都合主義、ランボー強すぎ…そう言われるとそうなのかも知れません。
ただそんなシリーズの中でも1作目の『ランボー』と4作目の『ランボー最後の戦場』はジョン・ランボーという人間の心の深い部分に焦点を当てている要素が多い作品でした。
とくに『ランボー最後の戦場』はエンタメアクションという部分にも、色濃く反戦映画のような深みがありました。
世の中で起きている現実を知って欲しいというスタローンの思惑が反映しているんですね。
今作『ランボー ラスト・ブラッド』はそういった深みの部分は丁寧に残しつつ、アクションシーンはエンターテインメント性を増していると思います。
この作品についてよく言われている、「大人のホームアローン」の部分ですね。そしてそこに行き着くまでにランボー(と観客)が抱いている深い悲しみととてつもない怒り。それがあるからクライマックスの大人のホームアローンの部分のカタルシスが生きます。
スタローンらしいスマートなストーリーテリング。
悪いヤツをやっつけるクライマックス。ただスカッとさせるだけではないんですね。怒りや悲しみや恐怖で心臓がバクバクしました。

ランボー ラスト・ブラッドの感想② 穏やかになれたと思ったのに

テーマ曲『It’s a long road』はシリーズを通していろいろなイメージにアレンジされて流れます。ランボーと言えばこの楽曲。でも実は歌詞つきで歌われるのは第1作目のラストだけなんですよね。
さっきも一部その内容を紹介しましたが、『ランボー ラスト・ブラッド』は見事にあの歌のテーマにハマっています。つまり原点回帰。というか、シリーズとおして貫かれているのですが、ここまで具体的にあの歌詞をストーリーに反映させたのは初めてかもしれません。
なにせ『ランボー最後の戦場』で数十年ぶりにアリゾナに戻って以来、十何年か、小さなガブリエラが大人になるまで穏やかに過ごせたのですから。
そしてまた奪われる。書きながら涙出そうw

ランボー ラスト・ブラッドの感想③ 深く人の気持ちがわかるランボー

シルヴェスター・スタローンが生み出した代表的な2大キャラクター。ロッキー・バルボアとジョン・ランボー。思いっきり正反対の2人。陰と陽。
でも、2人とも人の気持ちを繊細に深く理解できるキャラクターですよね。不器用というのも共通しているのかな。
ロッキーは陽気で世話好きです。でもランボーは人と関わること自体に臆病だったりします。どちらも人の気持ちが分かる人物だからこそ。
『ランボー ラスト・ブラッド』ではランボーの繊細さ優しさが家族を持ったジョン・ランボーとしての演技で見事に演じられていました。
ガブリエラと祖母のマリアが口論をするシーン。「もういい」とマリアをとめようするランボー。ガブリエラの父親がひどい親だと知りつつもガブリエラの気持ちも深くわかっちゃう。
マリアをとめようとしてとめられないランボーは素晴らしい演技でした。

映画 ランボー ラスト・ブラッド みんなの評価

コロナ第一波明けでみんなストレスを抱えているころに公開されて久しぶりの劇場体験でスカッとできた人が多かった『ランボー ラスト・ブラッド』
レンタル価格で早くも動画配信が始まっています。どんな評価を得ているのか、Twitterでの反応をほんの一部ですがのぞいてみましょう♪

※重要なネタバレがあります

 

映画 ランボー ラスト・ブラッド ネタバレ感想・評価まとめ

この『ランボー ラスト・ブラッド』単体で観てもそうですが、ジョン・ランボーという男は孤独でも虐げられても、自分が殺人マシーンであることをしりながらも、人の心を持って「生きること」を選択し続ける男です。全てのシリーズに共通するテーマですね。ただのアクションヒーローとして楽しんでスカッとするのもイイですが、ジョン・ランボーは禅のイメージで創造されたキャラクターです。その深みを味わいつつシリーズを見渡すと(どこから観ても全然問題ないのも凄い)何度でも味わえる深い深いロングロードであることがわかりますよ。
今作もキッチリとその原点を押さえてくれました。ありがとう!スタローン!

 

全ての物語のために

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の動画配信は無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました