映画

『あの花』を10年経っても好きな大人へおススメの映画

©ANOHANA PROJECT ©1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会 © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『あの花』を10年経っても好きな大人へおススメの映画

2021年はアニメ『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』の10周年ですね

『あの花』ファンに贈るま~ったく別ジャンルだけども同じ要素を持つおススメ映画を紹介します!

あえて、アニメではなく全く違うジャンルの洋画と邦画から♪

アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」はU-NEXTで見放題配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

『あの花』を今すぐ無料で観る

『あの花』を10年経っても好きな大人へおススメの映画

あなたは『あの花』の何が好きでしたか?

©ANOHANA PROJECT

あなたは『あの花』の何が好きでしたか?

アニメ『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』は自分たちを「超平和バスターズ」と呼んでいた少年少女たちが数年後、高校生になって再会し当時亡くなった同級生“めんま”をめぐって抱えていたモノをさらけ出し再生していく物語でしたね。

成長した姿で主人公の“じんたん”の前に現れた“めんま”の無垢さと彼女のことを大好きだったみんなの純粋な思いが胸を打って、大人が観ていても涙なしでは見られない傑作でした。

わたしは自分がこのアニメのどこが好きなのか考えてみました。
観たキッカケは反抗期で口もきいてくれなくなった息子が彼の中でのベストアニメの一つだとわたしの弟に話していたことでした。
息子のことを少しでも知りたいと観いてみた作品の一つ。息子に知られると気持ち悪がられるかもしれませんね。

観始めたら1話目からすぐに引き込まれました。
小学生の頃に亡くなった幼馴染み“めんま”。彼女は“じんたん”だけではなく「超平和バスターズ」全員の中で傷になっていました。そして描かれていく少年時代の記憶と高校生の彼ら彼女らの今。「超平和バスターズ」の秘密基地がその中心にあって…
死んだはずの“めんま”の幽霊はいつもそこにいて…
不思議で楽しくもあって、でもとても切ない。少年期の夏、青春期の夏。そしてそれは彼ら友情を確かめるための心の冒険でもあって…

物語の良いところがいっぱい詰まった感動作でしたね。エンタメ好きのわたしにもたまらない題材でした。

『あの花』を10年経っても好きな大人へおススメの映画

『あの花』とは全く違うジャンルなのに同じモノを感じられる洋画と邦画

で、実は『あの花』と同じような感動を味わえる作品てアニメだけではなくて実写の映画にもあるな…といろいろ候補作を思い描いていました。

今回は、そんな作品の中から2つ、一見ま~ったく違うジャンルの作品を紹介します。あえて『あの花』的な雰囲気からは全く遠いジャンルのものを選んでいます。それでも相通じるものがあるわけです。映画の種類もアニメではなく洋画と邦画。正確には洋画は前後編のシリーズなので3本の紹介になります。ぜひとも相通じる感覚をあなたなりに探して感じてみてください。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

2017年の話題作。まだ記憶に新しいですね。

「超平和バスターズ」ならぬ「ルーザーズ(負け犬)・クラブ」がこの物語の主人公の少年少女たちの呼び名です。アメリカの片田舎の小さな町を舞台に繰り広げられるジュブナイルファンタジーホラー。
少年少女たちにはそれぞれに抱えている問題があり、心のスキにつけいるように入り込んでくる恐怖の存在…ペニー・ワイズ。
負け犬チーム「ルーザーズ・クラブ」の勇気と恐怖大冒険が始まります!

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

© 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
引用元:http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編、2019年の作品。まだまだ新作と言ってもいいですね。

『あの花』では少年少女たちは数年後の青春期に幽霊の幼馴染みを通じて自らの過去と決着をつけて自分の成長の糧にできたようです。それはあの青春期からさらに10年後のみんなの様子からもうかがえますね。みんなステキな大人になったようです。

引用元:https://10th.anohana.jp/

「ルーザーズ・クラブ」のかつての少年少女たちは27年かかったようです。あの、ペニーワイズとの恐怖の出来事から27年後。もう立派な大人になった「ルーザーズ・クラブ」の面々が自らの過去と向き合う超大冒険ホラー映画。
さすがハリウッド!って言いたくなる迫力満点の体験ができるはず。もちろん彼らの友情を確かめながら。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を無料で観る

※『IT/イット』シリーズはポイントレンタル作品です。無料で観る方法は記事ラストへ

鉄道員(ぽっぽや)

©1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

こちらは打って変わって、静かな邦画の感動ドラマです。この映画が公開されたのは1999年。わたしの大学卒業の年でしたが、わたしがこの作品を観れたのは公開から20年以上経ってからでした。ごく最近です。この作品を観て真っ先に思い出したのがアニメ『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』でした。
もし、あなたが大人なら、今までこの手の作品を好んで観ていなくても感じられるものがあるのではないかと思います。
わたしは1999年に就職し映像業界にはいり、それ以降いろいろな人たちにこの映画を勧められてきましたが、その中で誰一人としてネタバレした人がいなかったので、始めてみたときの感動は『あの花』を観たときの感動に近いものを感じられたんだと思います。だから、ここではあえてネタバレしません。

ただし、逆にあえて重ねて伝えますが、『あの花』的な雰囲気の映画ではありません。全然違います。静かな邦画です。でもあなたのコンディションが悪くなければ退屈はしませんよ。

物語は鉄道員一筋で生きてきた定年間近の頑固なおじいさんの、田舎の駅での年越しの一晩のお話です。でも『あの花』に詰まっていたモノと同じものが詰まっています。

©1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

©1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

きっと大人のあなただからこそわかるのではないかと思います。

『鉄道員(ぽっぽや)』を無料で観る

『あの花』を10年経っても好きな大人へおススメの映画 まとめ

正直言って、『あの花』を思い浮かべていた人たちには「え?それ?」というタイトルだったかもしれません。

アニメは好きだけど映画は観ない、日本のドラマや映画はみるけど洋画はみない、ドラマも洋画も観たことあるけど、こんな怖いのは観ない、こんな古いのは観ない…という人もいるかもしれませんね。そういう人には余計に「???」かもしれません。

わたしはアニメもドラマも邦画も洋画も全部好きなので色々観るのですが、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を観ても『鉄道員(ぽっぽや)』を観ても『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』を連想しちゃうんですよね。

全く違うジャンルの映画。でも描かれているものは共通している。そう思うとこの相いれなさが逆に面白く思えます。

全部無料で観れます。

U-NEXTでは『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』はテレビシリーズも劇場版も見放題で配信中です。『鉄道員(ぽっぽや)』も見放題配信。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』シリーズはポイントレンタル(有料)作品ですが1作品¥199。U-NEXTの31間無料お試しキャンペーンに申し込むと¥600分のポイントがもらえるので結局無料で観れます。
期間中で解約するもよし、それでも31日間でたくさんの見放題作品が楽しめるでしょう。

『あの花』『IT/イット』『鉄道員(ぽっぽや)』を全部無料で観るのはコチラ

全ての物語のために

 

タイトルとURLをコピーしました