SNSの被害SNSで復讐 ドラマ【アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~】6話 感想と評価

ドラマ
⒞「アノニマス」製作委員会 引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/

SNSの被害SNSで復讐 ドラマ【アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~】6話 感想と評価

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室』6話を観ました!

油断してたら凄い話になっていった!

では、ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室』6話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ アノニマス 6話 あらすじ

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室』
6話

アノニマスは警察内部の人間、しかも指対室の誰かではないか?という噂が警察内部で広がっていました。刑事部長の城ヶ崎(高橋克実)は特に万丞渉(香取慎吾)疑いを向けているようです。そんな指対室にやってきた新たな依頼人は専門学生・末松香(川島鈴遥)。匿名のメールによる中傷で悩んでいました。メールの中身はなぜか自分ではなく恋人・椚総一郎(田中偉登)への中傷ばかり。その相談の最中、総一郎が拉致され監禁された状態での生配信が始まります。覆面をした犯人らしき男は「彼の全てを奪う」という脅しとカウントダウンをはじめ…。

ドラマ アノニマス 6話 キャストと見どころ

ドラマ アノニマス 6話のキャスト

メインキャスト

万丞 渉(ばんじょう わたる):香取慎吾

万丞さん熱い。手に汗握りました。中盤で碓氷に「相棒だからついていく」と言われた時の表情もよかったし、ラストの激情的な感じも凄くよかったです。胸が詰まりました。

碓氷咲良(うすい さくら):関水渚

碓氷ちゃんは相変わらず生意気でちょっと浅はかですけれども、やっぱりカワイイ♪万丞も強引に自分についてくると言った頑固な碓氷を悪くは思ってないようですもんね。

菅沼凛々子(すがぬま りりこ):MEGUMI

今回は結構活動的に外まわってくれますね。みんなが指対の室内で新たな情報を掴んだあとに戻ってきて、みんなについてこれなかったところちょっとかわいかったです。

四宮純一(しのみや じゅんいち):清水尋也

きました!万丞との対立!もうバッチバチでしたね。でもやっぱり若い。まあ年齢には関係なく、自分が正しいと思ったときは言う強さも必要だし、自分が浅はかだったことを認めて謝る強さも必要ですからね。とてもいい対立だったんじゃないでしょうか。

越谷真二郎(こしがや しんじろう):勝村政信

刑事部長にガツンと言ってやったからという本人の言葉は碓氷たちに全く響いてないのは可愛そうでしたね(笑)。本当にしっかりと言っていたのに。碓氷があんな態度をとれるのは越谷さん含め先輩方がのびのび甘えさせてくれるからだぞ~。

羽鳥賢三(はとり けんぞう):山本耕史

今回も、捜査一課としてしっかりと活躍してくれました。次週からの7話~8話で完結するようですからもっともっと万丞の過去とも絡んでくるのでしょう。楽しみですね~。

倉木セナ(くらき せな):シム・ウンギョン

最初はゲスト出演かと思っていたんですが、回が進むごとに重要人物であることがわかってきましたね。個人的には羽鳥がアノニマスか?なんて思っていたのですがここまで出番が増えてくると、ひょっとして倉木が?…なんて妄想しちゃってます。どちらにしても本当にそうだったらビックリですね。

ゲスト

末松香:川島鈴遥

恋人への誹謗中傷が自分に届く…と、指対を訪れた香。今回は、SNSを使った公開監禁の話か…って思っていたら後半のどんでん返しなかなかでしたね。香りに魅せられてしまいました。川島鈴遥さんは子役時代からいろいろなドラマ・映画に出ているようです。

荒井翔太:楽駆

もうね、前回ヒ○ルさんみたいな髪の色のインフルエンサーが登場したかと思ったら、今回は白い覆面にフードかぶってラ○○エルさんか!?みたいな。どちらも好きなのでちょっとザワザワしちゃいましたよ。とは言っても、そもそもよく悪役がつけている覆面を使ってYouTubeに登場したのがラ○○エルさんですからね。どっちが先論は全く意味がないんですけどね。最後、翔太の叫びも個人的にはグッドでした。

椚総一郎:田中偉登

球界のイケメン王子。…にして香の幼馴染で恋人として登場。彼が”全て”を奪われる?…かれの全てとはなんでしょうか?荒井翔太がハンマーを持ってましたね~。恐ろしいですね~。怖いですね~。

城ヶ崎明文:高橋克実

刑事部長さんだそうです。今、高橋克実さんが出てくると一瞬『青のSP』を観ているのかと錯覚しちゃいました。同じように偉い立場の人ですからね。もっとも『青のSP』の方はどえらいことになっていったようですが。

ドラマ アノニマス 6話 の見どころ

※重要なネタバレがあります

ドラマ アノニマス 6話の見どころ① 後半のどんでん返し

前半で丁寧に状況と謎が提示されますね。香が相談に来て出される誹謗中傷、そこに入る香の恋人・椚総一郎の監禁された姿の配信。指対室で待機しながら香は香でTwipperで情報を呼びかけたり、アノニマスによる裏K察への情報をめぐる万丞と西宮のバチバチ。少しずつ見えてくる犯人像…。それらが全部後半のどんでん返しの伏線として機能していましたね~。

ドラマ アノニマス 6話の見どころ② みんなのアンサンブル

物語が伏線を張っている前半からクライマックスにかけてのみんなの演技のアンサンブルもお見事だと思います。演技だけではなくて映像や編集もそうですねきっと。物語はあからさまにグルリとひっくり返るのに、登場人物たちの演技派流れるように観客をクライマックスへいざなったなという感じ。

ドラマ アノニマス 6話 感想と評価

ドラマ アノニマス 6話の感想

※重要なネタバレがあります

ドラマ アノニマス 6話の感想① 油断しました

1話~3話、そして5話はわたしの好みのお話でしたが、4話は好みではありませんでした。完全に個人的な好みの問題ですが「フツーの刑事ドラマみたい…」とちょっとがっかりしちゃった自分もいました。そのせいか6話も拉致監禁の配信が始まった時点で、ああコレもなんか観たことある展開なのかな…なんで油断しちゃいました。つくづく自分が作り手の思惑にひっかかりやすい浅はかな視聴者だな~と思いましたよ今回は。

ドラマ アノニマス 6話の感想② スケールがデカくなった

SNSによる公開監禁事件…かと思いきやその後の展開で一気にSNS問題がスケールアップしたように感じました。SNSの誹謗中傷による犠牲者によるSNSを逆手に取った復讐のみならず、さらに多くの人に強いメッセージを伝えんがための”集客”。
いや、アノニマスを観ながらいつも思うことですが、こんなに拡散する力があるのならそのSNSスキルをもっと多くの人を幸せにするための自分の集客に使えばいいのにと思っちゃいます。
とくに今回のお話は物凄いバズらせ方でしたよね。用意周到にどうすればより多くの人の注目を集められるか?そしてどうすれば効果的にメッセージを伝えられるか?を考えての行動。
これだけの頭とスキルがあれば即刻独立開業できるでしょう。
悪意をまき散らすよりもずっとずっと気持ちいいとおもうんですよね、SNSオンチのオジサンとしては。

ドラマ アノニマスのみんなの評価

では、ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』6話をほかのみんなはどのように評価しているのか?Twitterの反応を垣間見てみましょう♪

※重要なネタバレがあります

ドラマ アノニマス 感想と評価まとめ

最近、ジャッキー・チェンに絡めた中国の記事がYahooニュースで流れました。タイトルはいかにもジャッキー・チェンがコロナに乗じて悪さをしたように勘違いさせるもの。でも句読点を使ったトリックで本文を読んでいくとジャッキー・チェンに関する文章と中国のコロナ関係の文章は全くの無関係。とは言えジャッキーに対する文面にも悪意が感じられる。ホント酷い記事をさらに酷く誤解を促す見出しで引き付けようとしている記事。
テレビのニュースも結構信頼性に欠けるのにネットニュースなんて週刊誌レベルかそれ以下ですね。でも、明らかにジャッキー・チェンという個人とその周囲の人たちは傷つきますよ。
こんな時代にアノニマスは警笛を鳴らす本当に良い題材だなと思います。

 

全ての物語のために

ドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました