ラストは皮肉?違うでしょ! 映画【すばらしき世界】あらすじと感想・評価※ネタバレ注意

映画
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

ラストは皮肉?違うでしょ! 映画【すばらしき世界】あらすじと感想・評価※ネタバレ注意

映画『すばらしき世界』を観ました

応援して呆れて応援して…無情…でも感動

では、映画『すばらしき世界』を振り返ってみましょう♪

映画『すばらしき世界』はU-NEXTで独占特別配信中。お得に観る方法もあります♪

映画 すばらしき世界 あらすじ ※ネタバレ注意

映画『すばらしき世界』
2020年 日本

13年ぶりに出所した三上(役所広司)。収監されていた罪状は殺人。刑務官たちの別れの挨拶から三上が短気な気性のようです。

三上の手紙と刑務所での記録がしたためられた膨大な身分帳を入手していたテレビ局のプロデューサー吉澤遥(長澤まさみ)は殺人犯が景気を満了し上手く社会復帰できるのか?番組で取り上げようとしているようで、会社を辞めてフリーの作家になっていた元テレビマン津乃田(仲野太賀)に三上の取材を依頼します。
三上は手紙でテレビ局へ母親探しを依頼していたのでした。

2度と刑務所には戻りたくない三上は、身元引受人となってくれた弁護士の庄司(橋爪功)とその妻・敦子(梶芽衣子)や津乃田、そしてよく行くスーパーの店長・松本(六角精児)などの助けを借り現代社会で堅気の生活に馴染もうとします。
しかし、正義感は強くまた短気な彼は町で素行の悪い輩が人に迷惑をかけていると黙っていられずすぐに声をかけます。しかも小学生のころから生きてきたのは極道の世界か刑務所。息をするように暴力をふるい、気に入らないことがあるとお世話になっている人に対してまで怒鳴ってしまいます。しかも体は高血圧で医者からは安静を勧められている状態。

三上の社会復帰や母親探しに寄り添う津乃田は…

映画 すばらしき世界 キャストと見どころ

映画 すばらしき世界のキャスト

三上正夫:役所広司

福岡県の筑紫野市出身。4歳で母親とわかれ施設で育つも早くからヤクザの世界に入り少年院~刑務所を出たり入ったり。最後は結婚を決めていた女性宅に押し入った別の組の組員を殺してしまい殺人罪で13年の刑に服していました。ただただ、この三上正夫という男の人生に見入ってしまいました。

津乃田龍太郎:仲野太賀

太賀時代も活躍されていましたが、仲野太賀に芸名を改名してからさらに大活躍じゃないでしょうか?身分帳から三上という男に興味を持ち、ひとりの人間として本気で彼のことを心配する津乃田が最後いたたまれませんでした。

松本良介:六角精児

三上を万引き犯だと決めつけて捕まえてしまったことから始まる三上との交流。面倒観が良く、津乃田同様に真剣に三上と向き合います。この人の三上と向き合う姿勢がカッコイイ!

井口久俊:北村有起哉

お役所の人です。この人も自分にできる範囲で本当に一生懸命やってくれる。三上さん、かなり周囲の人に恵まれていますね。

下稲葉明雄:白竜

北九州の組の親分。人情には厚いようです。

下稲葉マス子:キムラ緑子

明雄同様に本気で三上の人生を思える人。

吉澤遥:長澤まさみ

エグイTVギョーカイ人…ではありますが、津乃田が逃げた時に彼女が架ける言葉は、本当にその通りだなと目を覚まされるような感じでした。

西尾久美子:安田成美

いい、ステキな電話です。

庄司敦子:梶芽衣子

カッとなったら、わたしたちの顔を思い出して…。コレ、効いたようですね。

庄司勉:橋爪功

まずはこの人がいてくれたから、堅気の世界へ戻る準備ができたんです。こういう人たちが実際にたくさんいるんでしょうね。尊敬します。

映画 すばらしき世界 感想と評価

映画 すばらしき世界 感想

※クライマックスについてネタバレレベルの情報で記述しています

すばらしき世界の感想① 腰を据えてじっくり観れてよかった

公開間もない作品をU-NEXTが早々に配信してくれることがあります。ちょっと高いんですけどね。¥1100、劇場のレイトショーより少し安いくらい。わたしはポイントがたまっていたので無料で観れました。¥1100でも全然高いとは思いませんでした。公開当時からずっと観たかった作品でしたから。パソコン画面でしたがしっかりと作品世界に入るために外の音も遮断してヘッドホンをつけてじっくり観ました。

役所広司さん仲野太賀さんはじめ、よく観る俳優さんたちですが、リアルでドキドキして、本当によくできていました。三上という男は九州の出ですね。
わたしも車で30分ほど走れば(道がすいていれば)いけるくらいの街の出の人でした。九州にはこういう感じの人多いので、三上の歯がゆさみたいなのもよく分かって何とも言えない感じになりました。あえて感情を表す言葉を選ぶと哀しかった…かな。

すばらしき世界の感想② 深呼吸して大切な人の顔を思い浮かべる

三上という男は正義感が強くて曲がったことは嫌いというタイプ。だから弱い者いじめなんかは大嫌い。でも、ずっとヤクザの世界にいた人。津乃田に犯罪をやっているという罪の意識はなかったか?と聞かれて「ないね~」と答える。三上は自分を否定せず受け入れてくれる人たちの役に立てているという思いがある。ただそれだけなんですね。出所してからも何度か周囲の人ともめ事を起こします。映画の中でも表現として使われましたが瞬間湯沸かし器です。直情的、脊髄反射で怒りが噴出。でも、そのまんまじゃ本当に社会生活を軌道に乗せる前に刑務所に逆戻りです。身元引受人になってくれた弁護士夫婦の奥さんが言ってくれました。問題を起こしそうになったら「わたしたちの顔を思い出して」と。三上が生活を壊すとわたしたちも悲しいんだよということを伝えてくれるんですね。
コレは、本当に大事なことです。怒りだけに反応して衝突ばかりしていて社会生活は出来ません。穏やかな気持ちで暮らしていくこともどんどんできなくなっていきます。「カッ!」となったらいったん深呼吸をして大切な人たちの顔を思い浮かべる。短気な人もそうでない人も、衝動的な行動を起こさないようにコレは身に着けておきましょう。

「アンタみたいな人には世間は生き辛らかろぅ?」と、元婚約者の久美子が電話の向こうで優しく言います。それが胸にしみるんですよね。その前に三上さん頑張ってるから。

すばらしき世界の感想③ 自分を客観的に観ること

三上が、深呼吸して自分の感情を受け流すことができたのは、もうひとつ大切なポイントがありますよね。自分を客観的に観る視点を持てたこと。もともと持ってなかったわけでもないですが、怒りが湧いたときにもその視点を持てたのが大切なんですよね。

すばらしき世界の感想④ とはいえこのラストは切ない

レビューサイトを先に観てしまっていたんです。「すばらしき世界」というタイトルは皮肉だなという感想が多かったです。たしかにこのラストを観てしまうとその気分はよ~くわかります。当然、最後に三上がとった行動が「正しいかどうか」は議論が尽きなくなると思います。でも、頑張ったのは確かです。

あれだけ直情的だった三上の最初の一歩としては出来過ぎなくらいなので、三上の成長のステップの1段目としては正解だったと言っていいのでしょう。だからこそその後の結末が皮肉と言いたくなる。

この作品は「身分帳」という小説の映像化作品です。映画用のタイトルなんですね。尚更なぜこのタイトルにしたのか?は自然と考えちゃいます。タイトルをつけた人の意図はわかりませんが、わたしはそれでもやっぱり自分の在り方によって、すばらしき世界にしていかなきゃならないんだよなと思いました。

映画 すばらしき世界 みんなの評価

では、映画『すばらしき世界』を他のみんなはどのように評価しているのでしょうか?Twitterの反応からピックアップしてみましょう♪

映画 すばらしき世界 感想まとめ

新しすぎてまだTwitterやってる人たちが目にしてないんでしょうか?配信やBlu-ray、DVD派が多いんですかね。なかなか個人の感想がTwitterでは見当たらない。レビューサイトではたくさんいるのに!かくいうわたしも配信でみて、劇場言ってないしな!

わたしはコレ、観れてよかったです。ホンっとに良かったです!自分の健康状態を整えて、ちゃんと「観るぞ!」と構えて作品に挑むことができたからよかったというのもあるかもしれません。
本当にこの作品観れてよかったなと思いながら観ていました。元になっている『身分帳』という小説はモデルとなった実在の人物がいたそうです。文庫版にはその人との対話やその人の死後のことも収められているらしいですね。映画は、時代を「今=令和」にしていますが、小説は平成なのかな…
いずれにせよ、この人の人生が元になってこういう映画ができて、観た人がいろいろ思う。そういう作品になっているということは、やっぱり感じ入るものがあるしなによりこの人の出所後の出会いはこの人にとっていいものだっただろうなと思えますね。
あの出所後に出会ったメンバーを思い浮かべただけでもやっぱり、本音で「すばらしき世界」だったんじゃないかな。

 

全ての物語のために

映画『すばらしき世界』はU-NEXTで独占特別配信中。お得に観る方法もあります♪

 

タイトルとURLをコピーしました