早くも予想越え ドラマ【イチケイのカラス】3話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ
© Fuji Television Network, Inc.

早くも予想越え ドラマ【イチケイのカラス】3話 感想と見どころ※ネタバレ注意

ドラマ『イチケイのカラス』3話を観ました!

今回ひねりがないな…と思っていたら後半予想超えました!

では、ドラマ『イチケイのカラス』3話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ イチケイのカラス 3話 あらすじ

ドラマ『イチケイのカラス』
第3話

© Fuji Television Network, Inc.

入間みちお(竹野内豊)はやってくるなりイチケイの面々に質問します「どうしたらアインシュタインになれるかな?」と。愚問だと言って相手にしない坂間千鶴(黒木華)。みちおはヒントとして「裁判官にも大事なこと」とだけ伝えます。
そんな賑やかな中、駒沢部長(小日向文世)だけが神妙な顔で起訴状を読んでいました。合議制で扱いたい案件があるという駒沢。またもや入間に裁判長を務めて欲しいと言います。
案件は重過失致死及び死体損壊事件。被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)。藤代のガラス工房の教室には野上の14歳になる娘・(渡邉心結)が通っていました。碧の母で、笹原警察署の警察官でもある奈緒(佐津川愛美)に好意を寄せていた藤代は「野上哲司は浮気している」「夫と別れなければ罰を与える」等の非難の手紙を差し出し人不明で送りつけていて、そのことに気づいた野上は、事件当夜、藤代と工房で口論になりつかみ合いになったというのです。藤代は工房にあった自転車で逃げようとして野上と衝突。倒れた野上は、後頭部を強く打ち命を落とし、藤代は、犯行がバレるのを防ぐため野上の遺体を焼却炉で燃やしていた…という内容でした。
入間は駒沢がいつになく難しい顔をしていることを指摘しますが「先入観を持ってほしくないので」と、駒沢はなにも開示しません。
そしてやってきた第1回公判、藤代は入廷してきた駒沢の姿を観て驚いた様子。その様子を入間も千鶴も見逃しませんでした。
実は藤代は、18年前にも犯罪者として駒沢に裁かれていたのでした。千鶴は駒沢が暴走していると感じるのですが…。

ドラマ イチケイのカラス 3話 見どころと感想

※重要なネタバレがあります

ドラマ イチケイのカラス 3話の見どころ

『イチケイのカラス』3話の見どころ① 暴走の?駒沢部長

いつもニコニコしている駒沢部長が訴訟状を観ながら神妙な面持ち。その案件についてその表情のまままた合議性で扱いたいとみんなに言います。これまでのように入間に裁判長を任せて。事前会議の段階から入間に「部長のニコニコが足りない」と指摘される駒沢。しかし、先入観を持ってほしくないからと口を閉ざします。そして迎えた第1回公判。起訴内容を完全に認める被告人に駒沢部長が質問していきます。それを様子を横から見ている千鶴は「部長が暴走している…!」と…。この部長の暴走の件は後にもつながります。「同期のよしみで…」が口癖の主任検察の城島とのやり取りも良かったですねぇ。

『イチケイのカラス』3話の見どころ② 暴走並走の入間みちお

千鶴が「部長が暴走してる…!」と思った瞬間、入間の表情を確認します。入間も部長の暴走に意外そうな反応をしていました…が?あからさまに見て見ぬふり!さらにあろうことか部長の暴走に乗っかっちゃう入間。部長と目で頷き合って…でました「職権を発動します!」
警察・検察の捜査を信用していないのか?と千鶴はじめ検事や警察からも言われますが、「信用してるから」だという入間。ここも見どころです。後半で効いてきます。

『イチケイのカラス』3話の見どころ③ 千鶴もそろそろ?

この案件を合議制にして入間に裁判長を任せたいと部長が言うと、千鶴が「また入間さんですか!?」と苦言を呈します。そう、千鶴も同じ裁判官。裁判長を務めるだけの知識も経験もあります。ドラマ『HERO』との違いの部分でイチバン楽しみにしていたところ。次回予告ではついに千鶴が裁判官を支持されていましたよ!
1話~3話の積み重ねでしょうが、その最後、今回の3話目で千鶴がどこまでコレまでの固く凝り固まった常識を壊せるのか?ほぐせるのか?それも見どころのようです。それが最初い入間が投げかけた質問と繋がっていました。

ドラマ イチケイのカラス 3話の感想

※かなりネタバレのヒントを出しています

『イチケイのカラス』3話の感想① 「浅い」と迂闊な感想

案件が始まった時に迂闊にも「3話目にして話が浅くなったな…」と思ってしまいました。迂闊でした…はい。明らかに被告人の藤代の素直さがおかしいわけです。罪を完全に認める。…となると誰かをかばってるんじゃないか?って思っちゃいますよね。だから早い段階で「今回は先が読めたな。このドラマも3話目にして脚本家の力が抜けて来てるな…」なんて生意気にも思ってしまったわけです。そして…その結果、後半の予想よりもずっと向こうの展開を見せられて後半に入ってから急に「やっべぇ~オレが浅かった~!」と反省していました。

『イチケイのカラス』3話の感想② これまでで1番泣きました

ドラマ『イチケイのカラス』1話も2話も涙を誘われました。でもこの3話はコレまでの中で1番泣きました。2話の前田敦子さんのママの思いも泣いたけど、やっぱりわたしが父親であるせいでしょうか?今回は男親としての涙。人それぞれでしょうが、わたしはやっぱりこういう「父親モノ」に弱いです。

ドラマ イチケイのカラス 3話 みんなの評価

では、ドラマ『イチケイのカラス』3話を他のみんなはどう評価しているのか?Twitterの反応からピックアップしてみましょう♪

ドラマ イチケイのカラス 3話 感想と見どころ まとめ

3話目にして初めて時間延長ではなく通常の時間内に収まるお話でした。それなのに1話~3話の中で最も涙せずにはいられないお話となりました。警察に踏み込んでいき、正論のさらに上の正論をドンとたたきつけ駒沢部長、シビレました。そして、今回はシビレる見せ場こそありませんでしたが、千鶴が自分にも裁判官をやらせろという気持ちを前面に出してきました。それを受けての第4話の予告編。早くも4話で千鶴が裁判長を務めるって…展開早いですね。
じゃあ、5話目以降どうなっちゃうの!?ってことです。話が思わぬ展開になっていくんでしょう。楽しみでしかない!

 

全ての物語のために

ドラマ『イチケイのカラス』は見逃し配信されています。全話無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました