ネタバレ ドラマ【姉ちゃんの恋人】8話 あらすじ キャスト毎の見どころと感想 次の試練ホントにきた!!

ドラマ
©カンテレ 引用元:https://video.unext.jp/

ネタバレ ドラマ【姉ちゃんの恋人】8話 あらすじ キャスト毎の見どころと感想
次の試練ホントにきた!!

ドラマ『姉ちゃんの恋人』8話。ドキドキマックスでした!

冒頭の真人の元カノのドキドキもあったけど最後のクライマックスも胸がしめつけられちゃった!

では、ドラマ『姉ちゃんの恋人』第8話を振り返ってみましょう♪

ドラマ『姉ちゃんの恋人』はU-NEXTで全話 見放題配信中です。無料で観れる方法もありますよ♪

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 ネタバレあらすじ

ドラマ『姉ちゃんの恋人』
第8話

©カンテレ
引用元:https://www.fujitv-view.jp/

 

もう何もいらない!

桃子(有村架純)と真人(林遣都)はデート中に、真人の元恋人である香里(小林涼子)と遭遇します。突然のことに言葉を失う3人。話をしたいと申し出る香里。真人は戸惑ますが桃子は笑顔で受け入れます。そして真人は自分はいない方がいいのではという桃子に、そばにいてほしいと頼むのでした。謝りたいという香里に真人は自分の幸せへの思いを語ります。
また、悟志(藤木直人)に抱きしめられたことでウキウキの日南子(小池栄子)は、悟志の本心が分からず、困惑している様子。そんななか、桃子から悟志が職場を辞めると聞きあからさまに落ち込みます。
安達家ではクリスマスパーティーの準備が進められみゆきと真人も招待されることに。パーティーの日、プレゼント交換用の品を買って帰る楽し気な真人と桃子が遭遇したのは…

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 キャストと見どころ

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 キャスト

※フツーにネタバレしちゃってます

安達桃子:有村架純

冒頭の真人の元カノと3人のカフェのシーン。セリフなく2人を見守る桃子が凄い!先日『イップ・マン完結』を観たわたしは真人が絡まれた時に「ちょっとぉ」と言ってカンフーでやっつける桃子さん想像して自分のおバカさが恥ずかしくなりました。

吉岡真人:林遣都

全てが彼女に出会うためだったんだと思えている真人。真人を観ていると自分に幸せを許せるって強さだなって思えるようになりますね。そんな真人に早くも次なる試練がやってきますよ。ちゃんと脚本的に真人を試してくる。辛れぇ~!けど、面白れぇ~!

香里:小林涼子

「きれいな人だったな~って」と真人の腕をつねった桃子の気持ちがわかるくらい綺麗な人でしたね。なにそのキラキラな目はって思って観てました…照明さんのお仕事も理解しつつ。でもカワイイだけじゃない。冒頭のクライマックスは小林涼子さんの演技の絶妙さもないと成立しないシーンですもんね。

安達和輝:高橋海人

ニヤニヤふにゃふにゃしているように見えますが、実は家族のことをしっかりとかんがえている強さを秘めた和輝くん。学ばせていただくこと多いです。

安達優輝:日向亘/安達朝輝:南出凌嘉

他の登場人物の出番が多いとお2人の出番が少なくなりますね。でも、大中小としてみんなの心の中にずっといるので存在感はデカい!

浜野みゆき:奈緒

和輝は天使か…。彼女の語りから今の被雇用者さんたちのいろいろな思いが垣間見えるあたり、この作りも奈緒さんの演技もしっかりと役割を果たしている感があって素晴らしいですね。わたしも被雇用者ですからね。人事じゃないんですよね。この1年、会社の状況もガンガン変わりましたからね。今も変わっていますからね~

川上菊雄:光石研

菊雄さん、ナイスフォローかと思いきやですよ。藤吉っつぁんに対してね。素晴らしい察しかたですよね。でもコレばっかりはね~~。相手が女性だと男にはタイミングわからんですね~。アレ?って、そーなの?ってなっちゃいますよね~。

吉岡貴子:和久井映見

いやもう、「何もいらない」なんて言わないで!息子が幸せなだけで自分が胸いっぱいになるのはわかりますよ。涙出るくらい共感できますよ。でも男子として藤吉っつぁんの気持ちもわかるわけですよ!

高田悟志:藤木直人

何すか。社長じゃないんですね。社長を告げってお父さんに言われてるんですかね。だったら納得。善意のドラマですからね基本的に。お父さん…かどうかはわからないけど社長も悟志の良さを認めていて今後のこの会社にはおまえのようなヤツが必要なんだよ…的な感じで自分が退こうとしているのかもなんて妄想しました。日南子さんの3年前からの社長のメール返信の変化の話ってそういうことへの前フリなんじゃないのかなって。

市原日南子:小池栄子

おお~!何気に視聴者からの「幸せになって欲しい!」という応援の視線を集めている日南子さん。冒頭のほわほわ気分から一気に突き落とされたようです。ラスト彼女は幸せから逃げずに受け止められるのか?予告でこれ以上ない幸せな展開を先出しされたからこそ日南子の選択が気になる!

岸本沙織:紺野まひる

お?年末企画の会議には沙織さんも参加していますよ!そりゃあそうですよ。こういうお店の売り場で主婦の意見が取り入れられないのはもったいないですからね。

臼井一:スミマサノリ

山辺くんの気持ちの代弁者になっていましたね。存在が薄いことをいじられて感謝している臼井さんも男性スタッフの中では頼れる先輩なんですね、きっと。

武内省吾:那須雄登

山辺くんもそうですが、武内くんも桃子や真人の考え方から感じることがあったんですね。どんなふうに仕事に活かしているのか?武内くんは観れませんでした。最後少しくらい観れるかな?

山辺新之助:井阪郁巳

よかった!山辺くんの思いが報われる日がきましたね!優しい気持ちにさせてもらえました。変に自己表現するより、人が求めていることを素直にするというのが大事なのかななんてわたしも思いました。

警備員:西川瑞

これ、ラストへの伏線ですね。悟志になんて言ったのよ警備員さん。もう一回観て読唇術トライすっかな。日南子さんのあの反応ってそこへの反応なんじゃないの!?

中野藤吉:やついいちろう

ああ、ギャグに使われた(笑)。オチに使われた!頑張れ藤吉っつぁん!

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話の見どころ

※重要なネタバレがあります

姉ちゃんの恋人 8話の見どころ① 真人の元カノとの遭遇

冒頭からクライマックスでした。真人の元カノの登場。めっちゃカワイイ…じゃなくて!修羅場?と一瞬思った自分の軽薄な頭を恥ずかしく思っちゃいました。乗り越えなければならないのは真人だけじゃありませんね。怖い思いをして、真人を罪人することで自分を守る道を選んでしまった罪。幸せか?と聞かれて「はい幸せです」なんてあっけらかんと言えるわけがないでしょう。それぞれどう乗り越えるのか?素晴らしい会話劇!ホント3人の演技が素晴らしいシーンでした!

姉ちゃんの恋人 8話の見どころ② 貴子と桃子

真人が出かけた後に桃子が貴子と2人きりになるシーン良かったですね。みゆきが言っていました。桃子と貴子の関係は思いを分かち合う関係にならないといけないんじゃないか…みたいなこと。そうですよね。真人を愛するものとして思いを共有し一緒に見守っていく。そういう関係性が築けるのか?その第一歩という感じでした。真人は3兄弟や菊雄おじちゃんとそんなふうになれたらいいね。

姉ちゃんの恋人 8話の見どころ③ 来た!再び試練の時

前回予想した通り!真人の試練の時が来ましたね。幸せな瞬間の連続の中で唐突に訪れる試練。人の悪意や暴力の犠牲になる瞬間。この唐突感にも意味がありましたね。そして何より見どころは真人はどうするのか?この回の本当のクライマックスでした。

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 の感想

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話の感想

※重要なネタバレがあります

姉ちゃんの恋人 8話の感想① 冒頭から演技クライマックス

先週のクリフハンガー。え?ここへ来て真人の元カノと遭遇!?波乱の予感!…ですよ。そこからのスタート。このドラマは最初から確信犯でしたが、この波乱の予感をさせておいて逆の素晴らしい展開を見せてくれる。わかりやすいドロドロや嫉妬や感情的な展開を予想させといて、1ステップ2ステップ精神的に善意の愛のあるスバラシイ展開で魅せてくれるんですよね。嫉妬や妬みのドロドロドラマなんかと比べるとみんなが精神的にかなり高いステージにいる。ココでの真人と元カノ、そして桃子。3人の演技素晴らしかったですね。
「真人、そんなに自分の都合を押し付けたら逆に元カノつらくないか?罪を償わせてもらえないのって辛くないかな?」なんて思いながら、そして桃子がどこで声を出しちゃうんだろうって思いながら観ていたんですが…。3人ともわたしなんかよりずっと強く物事をしっかりと受け止めてグンっと成長した人間性を見せてくれました。元カノも、そして元カノを心の底から信じている真人も、そしてそんな2人を黙って見守れる桃子も本当にスゴイなって思いました。

姉ちゃんの恋人 8話の感想② やっぱり和久井映見さん!

真人役の林遣都さんの演技が抜群に光っているドラマですよね。それは間違いない。林遣都演技ショーといってもいい。でも、この作品の中でわたしが一番泣かされてきたのは間違いなく和久井映見さんです。貴子かあちゃんです。これまでも貴子さんの気持ちに共感してしまって何度も涙流しましたが、今回ほど我慢できずにボロボロ涙こぼれおちたのは初めてでした。やっぱり和久井映見さんも凄いよ!

姉ちゃんの恋人 8話の感想③ 真人の試練の乗り越え方

正直怖かったです。真人の試練。真人と桃子の試練ですかね。いや、やっぱり真人の試練か…。過去に背負った罪。正直ここはキツかったです観るのが。
自分に置き替えちゃったから。過去の暴力事件は確かにやりすぎたのかもしれません。一歩間違えれば殺していたほどまでやりましたから。でも、例えばランボーがこのドラマを見たら「平和ボケの国だ」と思うかもしれません。実際に海外の人から見たら暴力に対して身を縦にするだけで殴らせるというのはありえない国もいっぱいあると思います。「殺しはしないだろう…」その前提があるからできること。でも、暴力や悪意の種類によってはそうは言っていられないときもありますからね。この日本でも悪意ある人による凄惨な事件は起きているわけですから。だから冨岡義勇は「生殺与奪の権を他人に握らせるな」と炭治郎に言ったんでしょ?今回は相手があそこでやめてくれてよかった。相手のうちのひとりが止めに入っていましたが、彼をそう思わせた真人たちももちろんよかった。でもわたしはどんなときもこれが正解だとはいえません。

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 みんなの感想

では、他のみんなの感想をTwitterの反応からほんの一部ですが観てみましょう。

※ネタバレしまくりです♪

 

ドラマ 姉ちゃんの恋人 8話 ネタバレ感想まとめ

基本的に善意のドラマ…。前回のラスト、真人の元恋人登場でどうなるの?からの幸せ展開で、その後も結局幸せな展開じゃんと思っているところへ唐突の試練ですよ。とても繊細に練られて繊細に演じられているドラマ。唐突さそのおものにも意味があるしれんでしたね。それでも幸せになろうとする人たちへのメッセージ。本当にいいドラマですね。次回最終回。みんな幸せになれるかな?日南子さんもちゃんと幸せ受け取ってね!

 

全ての物語のために

ドラマ『姉ちゃんの恋人』はU-NEXTで全話 見放題配信中です。無料で観れる方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました