名言【僕らは奇跡でできている】3話 「やりたくないことばかりなんですね」

ドラマ
©カンテレ

名言【僕らは奇跡でできている】3話 「やりたくないことばかりなんですね」

ドラマ『僕らは奇跡でできている』3話も名言出ましたね~

ホント、自問自答しちゃうセリフが多いです

では、ドラマ『僕らは奇跡でできている』3話で出てきた名言を考察してみましょう♪

ドラマ『僕らは奇跡でできている』は見放題配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

ドラマ 僕らは奇跡でできている 3話 あらすじ

ドラマ『僕らは奇跡でできている』
第3話「少年を動物園に連れサル」

©カンテレ

一輝(高橋一生)は、よく通っている動物園のサル山のボスが変わりそうだとウキウキしています。5年~10年に1回あるかないかの貴重なこと。いつものことながら歯科医の育実(榮倉奈々)の言葉も聞き流してしまいます。そわそわしている一輝から「近々、ボスが交代する」と聞いた同僚の樫野木(要潤)は、学部長の鮫島(小林薫)のことだと誤解をして違う意味でソワソワするのでした…。
そんな中、一輝のことが気になる学生の琴音(矢作穂香)は、一輝がウキウキと動物園に出かける姿を見て後を追います。なんと同じ学生の新庄(西畑大吾)がアルバイトをしている動物園でした。
一輝は同中、歯科クリニックで出会った虹一(川口和空)と会い、一緒に動物園へ連れていくことになります。虹一は「動物たちの謎を見つける!」と虹一は1人で園内を探検し始めるのでした。
その頃、育実のクリニックに、虹一の母・涼子(松本若菜)が飛び込んできていました。虹一の行方が分からず一輝と一緒なのではないかと探しに来たのです。育実が一輝の携帯を呼び出しても出る気配がなく、動物園に通っている話を聞いていたことを思い出して育実が様子を見に行くことに。
動物園では、偶然を装い一輝と合流した琴音が、一輝との時間を楽しんでいました。閉演間際に滑り込みで駆けつけた育実が一輝を責め立てます。「自分がなにをしたのかわかってるんですか!?」と…。「大丈夫です」という一輝に業を煮やし、育実は園内を探し回り…。

ドラマ 僕らは奇跡でできている 3話の名言

名言①「やりたくないことばかりなんですね」

一輝の言葉に育実ねえさんまたもやショック

育実は父から継いだ歯科クリニックの院長をしつつ、週に2回は別の病院での勤務医もしています。毎日忙しく働くバリバリの女医であり経営者。毎日やらなければならないことに追われているんですね。「やらなきゃいけないことが多いんです」という育実に一輝が返した一言が「やりたくないことばかりなんですね」でした。

やりたいこととやらなければならないこと

わたしも「やらなきゃいけないこと」に日々追われています。でも、このドラマを観た翌年に4ヶ月ほど休暇をとって本当にゆっくりと考えました。「やらなきゃいけないこと」ってよくよく考えると「やらなきゃいけないと思い込んでいること」がほとんどでした。もちろん、生活するために最低限のお金は稼がなければなりません。そのための仕事は「やらなきゃいけないこと」です。でもそれでさえ突き付けると、自分がしたい生活レベルを維持するため、家族にさせたい生活レベルを維持するために選んだ仕事。全部、捉え方を変えてみる…視点を変えてみることができます。それをやってみると、意外と選び直すことができることが多かったんですよね。

名言②「思う存分やらせてあげたいと思ったんじゃないかな~」

鮫島教授は一輝をよ~く理解しているのだ!

動物園での騒動の後、鮫島教授が育実を食事に誘っていました。育実が居酒屋へやってくると一輝や樫野木先生たちもいます。一輝を動物園で問い詰めた時に一輝がサル山のサルのハゲが直った話を初めて意味が分からず憤慨したという話を鮫島教授に興奮気味にする育実。状況を聞いた鮫島教授はすぐに一輝の意図を理解したようで育実に言いました。
「本来持ってる“やりたい”と思っていることを、思う存分やらせてあげたいと思ったんじゃないかな~」
育実ねえさんまたもや「?」です。

あなたは自分の「したい」に忠実ですか?

サル山のサルがハゲたのはやることが亡くなったからです。1日2回の決まった時間のエサ。野生のサルにそんな決まりはありません。本能としていつでもエサを探し求めている。その本能を満たされず自分の毛をむしったりすることがあるそうなんですね。そこでエサを小分けにして回数を増やしたやったんだそうです。それが功を奏してハゲが直ってきた。つまり本来やりたいと思っていることに忠実に行動できる状態にしてあげた。
一輝は、虹一くんが動物園を自由に探索することを許しました。育実はそのことを責めたわけです。いきなりサルのハゲが直った話を始めたのは、窮屈そうな虹一くんを察して、思う存分やりたいと思うことをさせてあげたかったから…。鮫島教授が言いたかったのはそういうことですね。

第3話のテーマでもあるのでしょう。「やりたくないことばかりなんですね」と対になっているシーンですよね。

本当のやる気の出し方

わたしは最近は心の状態をできるだけフラットに保つようにしています。例えば休みの日、できるだけ自由でいられるように前日までに「やらなきゃいけないこと」を終わらせておいて、朝起きたら「今日は何しようかな~」と、「やりたいこと」そのときの気分に従えるような状態にしておきます。やりたいことがないとか思い浮かばないときもあせらず、コーヒーだったりココアだったり、おやつだったり…、ちょっとでも「やりたい」と思ったことに自由に反応する。
そうするとどんどん「やりたい」が見つかってきます。結局、生きる活力って本能から湧き出るモノですからね。自分の魂の奥の奥にあるワクワクする声を聴き洩らさないように、「やらなきゃいけない」で塞いでしまわないように、生活を整える。それが結局心を整えることになりますよね。
一見、怠け者とかわがままという風に観られそうですが、本当の「やる気」ってここから出てくるんですよ。

ドラマ 僕らは奇跡でできている 3話 みんなの反応

では、ドラマ『僕らは奇跡でできている』の3話を観て他のみんなはどんなことを思ったのでしょう?Twitterの反応から一部ピックアップしてみますね。

ドラマ 僕らは奇跡でできている 3話 名言まとめ

「やりたくないことばかりなんですね」
「思う存分やらせてあげたいと思ったんじゃないかな~」

やりたいこととやらなければならないこと…。わたしたちは何縛られているんだろう?と考えるきっかけになるいいエピソードでした。

セリフだけではなく、印象的なシーンがいっぱいありました。
一輝の性格によって周囲の価値観が変わっていくというのが基本ですが、じつは一輝は祖父や山田さん、そして鮫島教授に見守られて育つことができたという恵まれた環境にいます。つまり祖父や山田さん、そして鮫島教授からも学ぶことが多いですね。
セリフ以外にも彼らとのシーンはとても印象深いですね。

 

全ての物語のために

ドラマ『僕らは奇跡でできている』は見放題配信中です。無料で観る方法もありますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました